ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」・「ブリジット」との暮らしを中心とした徒然日記

ブリ、抜糸完了。これまでの備忘録。 

 

ブリジット、右後肢前十字靱帯断裂についての備忘録。

本日抜糸が終了。最初の診断時から抜糸までの経緯を書き留めておく。
IMG_2588_2017062422193635b.jpg

以後、詳細は長文の為、興味のない方はスルーをしていただければ。

あ、スルーの前に下のバナーをぽちっと押してからね。
にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへにほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
↑バナーをポチっとお願いします↑ 御訪問ありがとうございました~



6月5日(月)
日大動物病院にて診察、予想通り右後肢前十字靱帯完全断裂との診断。
この時点で怪我から既に1週間。この間は地元の病院で痛み止めを処方される。
IMG_2324_20170605200405f55.jpg

診察前の予約の電話では、骨折等、他の症状である事も考慮に入れて、安静を言い渡される。
ただ、我が家にはトイレと寝床を置けるようなケージは無い。また平日は、室内で殆ど寝ており、嫁が家にいる事もあって、なるべく自分では歩かせないようにし、完全にクレート内での安静は車で移動中と就寝時のみとした。
(車内でクレートに入れているお陰で、車内での飲食は落ち着けるね(笑))

IMG_2571_2017062422193506b.jpg

診察にて、前十字靱帯の完全断裂ということで、前回と同じく無理のない範囲でなるべく歩かせるようにして、右後肢も着地させることで手術前に筋肉が落ちていくのを少しでも軽減させることをアドバイスされる。
手術日は先生のスケジュールの都合上、診察から18日後の23日(金)、怪我からの日数だと前回よりも遅い手術日となった。
日大動物病院の場合、原則的に診察日は月、木。手術日は火、金となる。特にスタッフ人数が必要となる手術は金曜に限定されるようだ。
手術日までの間に関節の肥厚が進行しないかと気がかりだったが、怪我から1ヶ月以内の手術であれば1年後の経過は変わらないとの話だった。



6月8日(木)
夕方4時頃、出張先に嫁から電話。仕事中で取れなかったところ、ラインで連絡があった。
「明日の手術にキャンセルが出たので、今晩入院で明日手術が出来る」
その後、嫁と何度かやり取り、嫁は日大の方とも何度かやり取りし、今晩22時半くらいまでなら入院受入可能ということになる。当日朝の入院という事も麻酔リスクは高くなるものの不可能ではない、ということでとりあえず手術の予定は押さえた。
出張先から急いで帰宅、本日中の入院に間に合った。
IMG_2383_2017062422492649f.jpg

怪我して運動しなくなると、随分筋肉が落ちるものだ。



6月9日(金)
前日言われたとおりに、嫁は13時頃に病院に到着。しばらくしてブリが連れて来られ、手術前の面会。が、ここで前のTPLO手術がおしていると聞かされたらしい。
ブリと一緒に1時間程過ごすも、この間ずっとブリは出口に向かいたがって仕方がなく、この状況はかえってストレスなのではないかということで、一旦、ケージに戻して落ち着かせてもらう。
15時半頃に手術直前の面会ということで、再びブリは連れて来られ、そのまま手術室の方へ。
IMG_2391_20170624225132230.jpg

その後、仕事を終えた俺がレイチェルを連れて合流。
19時半頃に7~8人のスタッフと一緒に手術台が出てきたが、上に寝ているのがブリかどうかはっきりとはわからず。
その後、診察室に呼ばれ、今回術前検査でも特に問題なく手術は無事成功、前の手術が4時間遅れだった為に遅くなった旨が告げられた。ブリの手術自体は1時間半ほどと前回より短時間で終わったようだ(後日の請求書によると、術前検査等を含めた麻酔時間は269分)。今回も地元の先生が手術にも立ち会ったとのこと。

IMG_2412.jpg
IMG_2411_20170624225357489.jpg

ただし、今回は半月板が完全に引っくり返っており、全く残す事が出来なかったとのこと。今後の関節炎リスクが高くなる。
退院は先生と俺のスケジュールの都合により、前回の術後より二日間繰り上げて14日(水)の夜20時頃となった。

診察室から出てしばらくすると、前回より麻酔の覚めない様子のブリが派手な星条旗柄の毛布に包まれて出てきた。
IMG_2413_20170609225410cf5.jpg

前回は興味のなさそうなレイチェルだったが、今回は興味津々で手術台の上のブリを見上げたりにおいを嗅いだりしていた。ブリはまだ体温が上がりきってないようで震えていた。



6月12日(月)
水曜に退院なのに、この日程で面会に行くのもどうなんだろう?と思わなくもなかったが、日大では入院中の面会(平日15時~17時)を積極的に推奨しているようなので、手術日を早めてもらった経緯もあり、とりあえず嫁一人で電車で面会に向かうことになった。(前回は、俺も休暇の最中だったので一緒に行けたのだが。)
IMG_2418_20170624225918666.jpg

前回の面会では、待合室にブリが連れて来られたのだったが、今回は入院室のケージの中のブリとご対面だったらしい。
ブリは初めのうちこそ喜んでいたものの、いつまで経ってもケージから出されない事に怒り始め、嫁とは目を合わせないようになってきたらしい。

IMG_2423.jpg

なので、嫁も手持無沙汰、ブリも嫁がいる限り伏せて休みそうになく体重を支える左脚がブルブルしてきたため、術前術後の血液検査のコピーだけもらって15分ほどで帰ることにしたらしい。
嫁の帰る気配を察したブリは、ケージに前肢をかけて後肢で立ち上がったりしていたらしい。。。

研修医の先生の話によると、昼間は大体寝ているようだが、夜は吠えたりもしているらしい。
食欲は全く落ちず、ケージ内でのトイレも順調との事だった。食欲とトイレに関しては、ブリはかなり優秀なので安心だ。
これがレイチェルなら、だいぶ皆様のお手を煩わせる事になると思われる。
ケージに貼ってあった紙によると、ブリの入院時の体重は13.7kg、この日の体重は13.2kgということだったらしい。



6月14日(水)
ブリ退院。前回とフードを変えてみたものの、やはり、今回もまただいぶ痩せていた。
前回、冷めた様子だったレイチェルが、ブリに会って大変喜んで遊ぼうのポーズをしていた。
IMG_2556_2017062423054518f.jpg

これまでの経過でプレートのずれやネジの緩みも無く順調。
抗生剤と痛み止めを処方、抗生剤は抜糸まで、痛み止めは1ヶ月間。1週間後の抜糸までは散歩は無し、外のトイレの場合も抱いて行って、トイレが終われば抱いて帰るという安静生活。
前回は、その時点で残っていた右後肢の前十字が、切断した骨の癒合前に断裂する事を警戒されたのか1ヶ月間は安静生活だったのだが、今回は抜糸後すぐに5分からの散歩という指示だった。1週間ごとに5分ずつ時間延長していくのは前回と同じ。
診察室を出る時に、嫁が出ようとすると置いて行かれると思ったのか、俺に抱っこされたままジタバタして前足で嫁の背中の肉を掴んでいた。

IMG_2565_20170614232826388.jpg

しっかり巻かれていたバンテージは外されていて、ガーゼとフィルムシートのようなもので傷は覆われていた。ブリはエリカラをあまり気にしないタイプなのだが、レイチェルにぶつけたりすると嫌なのでWiItaさんにお願いしてこの季節でも着られるようなつなぎを術後衣としてつくってもらったので、早速、着換えさせた。

IMG_2568.jpg

前回もそうだったが、帰宅後すぐに水をがぶ飲み。
前回同様、嫁がチェルブリ部屋で寝ることにしたが、この日の晩は3回も夜中に水をがぶ飲みし、トイレに行き、と熟睡できなかったらしく、翌朝ブツブツ愚痴っていた。



6月15日(木)
体重12.8kg。水をがぶ飲み。
入院前にトイレトレーは縁の低いシリコンタイプのものを注文しておいた。ブリはトイレシーツさえ敷けば場所やトレーの有無など気にしないが、レイチェルは家の中では決まった場所で慣れ親しんだプラスチック製のものでないとダメ。
薬も、ブリはごはんに放り込んでいれば大丈夫。喉の奥に突っ込むときでも、抵抗なく飲み込んでくれる。レイチェルだとあの手この手、喉の奥に突っ込んでも素直に飲みこまないので、全くブリはありがたい。まぁ、その辺りは嫁の担当なのだが。



6月16日(金)
嫁がつなぎの膝のあたりに染みがあるのに気づいて、傷口をみるとショウ液が浸み出てフィルムやガーゼが剥がれていたらしい。地元の病院に行ったものの、その時点ではさして浸み出ていなかったので特に処置無く帰宅。
IMG_2591.jpg

ショウ液は出さないと腫れも引かないので仕方ないらしいが、夜になってブリの寝ていた場所あちこちに薄い血の混じった染みがあって、やっぱり気になるので翌日また診てもらうことにした。



6月17日(土)
やっぱり結構ショウ液が浸み出してくるので、地元の病院で処置してもらう。
IMG_2592_20170624231256fb2.jpg
あまり水をがぶ飲みしなくなった。



6月18日(日)
結局、緩めに巻いてもらったバンテージが落ちてきたので、消毒して抗生剤の軟膏を塗ってガーゼとテープで処置した上から服を着せる。まだまだショウ液は浸み出してくる。寝る前にもう一度、今度はガーゼ2枚を当てる。ブリは傷口やバンテージなどもあまり気にしないので楽だ。



6月19日(月)
見た感じ、もうショウ液は浸み出していないようなので、当初の予定通りガーゼは剥がして直接服を着せる。
気になるのは、この時点でまだ右ひざ周辺が熱を持っているということ。左の時はどうだったか、思い出せない。もっと違う事(切断
部分の骨折など)に気を取られていたように思う。



6月22日(木)
13.3kg体重の戻りは前回より早い。ジウィピーク効果か?
服の上から傷をなめるようになったので、再度ガーゼを貼った。エリザベスカラーを着けていても首が長いので届いてしまうのだ。まだ右ひざ周辺は熱い。傷の状態から言って土曜の抜糸は厳しいのじゃないかと思う。時期的なものか?



6月23日(金)
右ひざ周辺の体温がだいぶ下がってきた。
夜、マッサージしてもらいに行った。前回同様、肩甲骨後あたりの筋肉が凝っていたらしい。
レイチェルは特に問題無し、というか、ブリの怪我以降、運動不足でむちむちブリが加速している。



6月24日(土)
地元の病院にて抜糸。神妙な顔のブリ。
IMG_20170624_095108.jpg
全部の抜糸は難しいんじゃないかと思っていたが、傷はくっついているようで、抜糸完了である。
IMG_2774_20170624231911daf.jpg

前回よりも傷の具合は良くないので、追加で1週間分の抗生剤が出た。まめに消毒、抗生剤の軟膏塗布(傷口が常に湿っているようにすること)、服の下にガーゼで保護。
この傷がきれいになるまでは、舐め防止で嫁がチェルブリ部屋で就寝継続。

抜糸で何となく一段落終えた感じがするな。
IMG_2589_201706242219375dc.jpg

明日から5分からの散歩開始であります。
スポンサーサイト

category: ブリ・前十字靱帯断裂

tb: 0   cm: 0

△top

マーニー家での午後のひと時 

 

本日、急遽、嫁がマーニー家に御招待された…らしい。

IMG_2632_2017062223034652b.jpg
IMG_2634_20170622230347348.jpg
IMG_2636.jpg
IMG_2637.jpg

佐川急便が来た!!

IMG_2639_20170622230350baf.jpg

ここでようやく3ショット完成。



にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへにほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
↑バナーをポチっとお願いします↑ 御訪問ありがとうございました~

category: 平日

tb: 0   cm: 0

△top

ハッピーバースデイ? 

 

6月18日。午後から雨予報なので、午前中に遊ばせましょう。

IMG_2605_20170621224200921.jpg
しとしとぴっちゃってます。

ベロゼッタとレイチェルは砂浜で。
IMG_2607_20170621224201e3a.jpg
ブリは待機。我慢しておくんなせぃ。
IMG_2606_2017062123545019e.jpg

下田の浜を思い出したかベロゼッタ。
IMG_2611_201706212242043fa.jpg
果敢に波の中に入ってく。

IMG_2618_20170621224205b18.jpg
紫陽花が綺麗だったので。

スクールのヨットを眺めたりしながら、海辺の公園をお散歩するのでありました。

帰り際に遭遇した黒柴さん。

IMG_2627_20170621224822319.jpg
レイチェルがテンションアゲアゲで向かって行ったが、やっぱり和犬の若いオス、レイチェルのツボ3拍子揃っていた(笑)。
オバちゃんが若者を遊びに誘っておった。

IMG_2624.jpg
ベロゼも仲良くご挨拶。

IMG_2626_20170621224820e8e.jpg
黒柴さんは乗りたかったわけではないが、このようなセリフをつけてみた。
ブリ的には、カートもレイチェルもベロゼもブリのだからね!という表情。

昼は、我入道の"Cafe de ヴィゾン"へ。
IMG_20160124_120425.jpg
(写真は使い回し。この日は今にも泣き出しそうな空模様。)

俺は初めてここの鴨南蛮を食べてみた。自家製ダシが旨い♪
vison.jpg
嫁のチーズケーキはハンバーグセットのデザートなんで量が少ないのね。

ベロゼッタレイチェルが川の字で仲良く。
IMG_20170618_110711.jpg
隣り同士、お互い向きが違うのが笑える。
IMG_20170618_111915.jpg
レイチェルのむちむちオケツに頭をのっけるロゼッタでありました。

ここでベロゼッタ家は帰路へ。ありがとうね~


そして夕方、ロン家が来訪。
そもそも、ブリの入院前壮行会的な予定だったのだが、手術が早まって既に退院してしまったのでお見舞い的な位置付けに。

ベロゼッタ家が帰ってテンションが下がっていたチェルブリ。
このまま休日は終了、と思っていたら、想定外のお友達の来訪で狂喜乱舞。

まずはブリは俺が抱っこして確保。その横を、喜び勇んで家の中を駆けずり回り、吠えまくり、何事か起ったかのような奇声を発するレイチェル。
それを見て、陸に上がった魚のように俺の腕の中で暴れ回るブリ。何とかしてくれw
ひとしきり暴れた後。ようやく収まってきたのでブリを地上へ降ろす。
IMG_20170618_180242.jpg
ブリの立ち上がり防止のため、屈んで対応するロン家御夫妻。かたじけないっ。
この時、本当に珍しい事に、ブリばっかり構ってないでよ!とレイチェルが「キュゥ~」とヤキモチを焼いた声を上げた。いや、本当に珍しい、というか、初めてかも。ブリはしょっちゅう出してる声だけど(笑)

IMG_20170618_180325.jpg
で、一運動したレイチェルはこの表情。

IMG_20170618_181449.jpg
はいはい、落ち着いたな。

IMG_20170618_181454.jpg
大好きなピンクちゃんにレイチェルがいて入れなかったので、ガッカリ気味のロンタンであります。

ということで、ブリのお見舞いの犬用ケーキを頂いた。あざ~っす!
IMG_20170618_181100.jpg
ん?はっぴーばーすでい!?
IMG_20170618_181112.jpg
しかも、ローソクには「PUPPY(パピー)」の文字が(笑)

(ロンママの名誉のために)お店の人が間違えただけなのね。

0618.jpg
ということで乾杯~嫁のサラダも、ロンママの差し入れもタコ。

IMG_20170618_203539.jpg
IMG_20170618_203545.jpg

遊び疲れた訳ではなく、興奮疲れでぐったりなシニアウィペッツでありました。



にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへにほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
↑バナーをポチっとお願いします↑ 御訪問ありがとうございました~

category: お友達

tb: 0   cm: 0

△top

ベローチェ全開! 

 

6月17日の夕方、ベロゼッタ家が遊びに来てくれた。

IMG_20170617_162726.jpg

みんなでオヤツでも食っときますか。

IMG_20170617_171916.jpg

カラフルなカッコのブリ。右脚は今週末抜糸予定。


夜は「なんくる」のテラスで飲もうと思っていたが、何故かテラス席にだけ予約が入っていてNG...

ということで、カフェLOTUSへ!事前に電話をして、4人犬連れでと言ったら、テーブルと椅子を用意してくれていた!

IMG_20170617_180306.jpg

店内で、ポージングぅ~、しているように見えるTechito氏。下田帰りの赤く焼けている肌が、ピンクのTシャツと一体化している(ように見えないか…)。

IMG_20170617_181104.jpg

ビールとハイリキで乾杯!

IMG_20170617_180440.jpg

この後はボトルワイン×2で。

IMG_20170617_181609.jpg
パンに良く合う、イカのトマト煮とポテト。
IMG_20170617_182027.jpg
牛すね肉とビーツの煮込み。
IMG_20170617_182812.jpg

IMG_20170617_191300.jpg
IMG_20170617_184426.jpg
IMG_20170617_184419.jpg

IMG_20170617_185448.jpg
ムール貝とえびとルッコラのコンキリエ&サーモンのクリームパスタで〆。
IMG_20170617_191711.jpg
美味しゅうございました!!

帰ってもう一飲み。疲れの見えた男性陣は、意外と早くZzz・・・


これは翌朝の写真かな。

IMG_20170618_080016.jpg
四頭仲良く、布団の上で寛いでおる。

ん?
IMG_20170618_080041.jpg

ベローチェ王子。無防備すぎますよ。。

category: お友達

tb: 0   cm: 0

△top

夕暮れの中疾走するちぇたこ 

 

6月14日。ブリを迎えに行く道すがら。

IMG_2433_201706160023206f0.jpg
お山の公園に寄ったら、走る走る。(撮影;i phone)

chetaco.gif
足が渦巻きのように描かれる、昔のギャグ漫画のようだ。

IMG_2476_20170616002322110.jpg

午後7時、日も長くなった。

IMG_2478_20170616002323561.jpg

大満足な、ちぇたこなのであった。

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top