ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」・「ブリジット」との暮らしを中心とした徒然日記

Kadapam(カダパン)で巡る小豆島、2017秋瀬戸内旅行備忘録8。 

 

11/3。朝から、高松市内へ。

早朝空いているうどん屋を探したらヒットした、「うどんバカ一代」
IMG_20171103_080943.jpg
「うっ。。なんだこの行列。。。」

IMG_20171103_082837.jpg
釜バターうどんという、生タマゴと出汁を入れ、バターと胡椒がかかっている、和風カルボナーラっぽいうどんが人気なお店である。

なのだが、やはり普通のを食べたいので、
IMG_20171103_083320.jpg
肉うどんを頂きました。

ということで、既報の通り小豆島に渡ります。

IMG_20171103_093748.jpg
IMG_4396_201711162312596c8.jpg
60分程で到着。

手始めに、小豆島オリーブ公園へ。
IMG_4402.jpg
IMG_4400_20171116235303bfa.jpg
IMG_4405_2017111623530355e.jpg
IMG_20171103_105403.jpg
あちこちにオリーブが落ちていた。もったいない(笑)

IMG_4398_20171116235300ccd.jpg
ギリシャ風車の所に行くと、なんだかホウキを持った人たちがウロウロ。

ホウキを貸している方々がいたので、話を聞いて見ると、香川大学の学生の方々であった。
香川大学工学部の八重樫研究室の方々が、観光ガイドブック生成システムkadapam(カダパン)”を開発し、
ちょうど11/3から1ヶ月間、小豆島で利用することができるとのこと。

やり方は、
道の駅小豆島オリーブ公園でパンフレット(岬コース・山コース・海辺コース)をもらい、観光しながら掲載されている写真の場所を見つける。
⇒見つけたらkadapamのサイトをひらき、写真を撮る。
⇒観光が終わったら、道の駅小豆島ふるさと村で、「自分が入った写真」のガイドブックを印刷することができる。
というもの。(説明は小豆島ふるさと村HPより)

面白そうなので、「海辺コース」のパンフレットをもらい、
まずはホウキを借りてギリシャ風車の横で撮ってみよう。
IMG_4406_201711170005381a9.jpg
ホウキに乗りたいって? わかったわかったブリ。無理だから。

風車の左側にいるのが我々。ホウキを跨いで飛んでおります。
IMG_4407_201711170005395a8.jpg
嫁はチェルブリを持っていたので、うまく飛べず。

もらったパンフレットの写真と同じ構図で撮ると、アプリ上で自動認識されるのだが、なかなかうまくいかなかった。
写真の枠内に人がたくさん居る場合、景色がうまく認識できないのでは?と思ったのだが。どうだろう。
この写真の時は、人がさっと引けたせいか、一発で認識できたからなぁ。

この後、小豆島オリーブ園でお土産を物色し、
「こまめ食堂」でランチを、と思ったら、スゴイ人、1時間半待ちなのでヤメ…。
「井上誠耕園」にいったのだが、この日は色々とパンやピザのお店が出ていて、人がワンサカ…。
IMG_20171103_125356.jpg
3連休だからなぁ…

パンもピザも、できるまでかなり待った。。。
IMG_4408_20171117002723a2d.jpg
とりあえず、夜のために昼飯は軽く済ませておこう。
IMG_20171103_131349.jpg

さて、パンフレットの場所に行ってみよう。

まずは、土渕海峡だ。
IMG_4410_20171117002725a1d.jpg
これは川じゃないんですよ。世界一狭い海峡!ギネスブック公認!
チェルブリがいるほうが前島、向う側が小豆島。その間の土渕海峡を隔てて2つの島がございます。

お次は、迷路のまち。
IMG_20171103_135121.jpg
小豆島八十八ヶ所霊場五十八番札所「西光寺」。

IMG_4414_201711170036213fa.jpg
この周辺の複雑なそして懐かしい街並みが、いつのころからか「迷路のまち」と呼ばれているそうな。

そしてエンジェルロードだ。
IMG_4415_20171117003621ede.jpg
あら、ハートが。

IMG_20171103_141652.jpg
一日二回、引き潮のときだけに砂の道が現れる。

IMG_4420_201711170041327dc.jpg
ここも人が多くて。全然認識してくれんかった。

IMG_20171103_142311.jpg
逆光ぽいんで逆向きからも。
相当枚数何度もステイで撮影されることにチェルブリがだんだん不機嫌になってテンション下がってきたので、結局、ここは諦めた。

さて、ゴールのふるさと村は明日撮ることにして、ちょいと時間があったので、

樹齢千年のオリーヴ大樹へ。
IMG_4423_201711170041326c5.jpg
スペインからはるばる日本にやって来て、小豆島に居を構えています。

その近くにある海岸沿いにあるお寺、江洞窟へ。小豆島八十八ケ所第六十番霊場。
IMG_4427_201711170041348a7.jpg
洞窟の中に本殿がある霊場。岩壁には梵字が。
IMG_4428_20171117004137247.jpg
さっきの西光寺といい、どうも朱色を基調してるなぁと思ったら、小豆島の八十八か所霊場は全部弘法大師が開いたという。密教なのね。
この後、90歳を越えた庵主よりお茶を頂き、お話を聞かせて頂いた。元々商社で働いてらっしゃったらしいのだが、80代で高野山大学大学院の通信教育課程で密教を学び、縁あってこちらの庵主となったそうだ。
お客さんと別れる時は必ず力いっぱいハイタッチするとのことで、我々もハイタッチさせて頂き、お寺を後にしたのであった。

さて、この後ルチアちゃんのところへ。
IMG_4439_201711170041387d8.jpg
お久し振り~

つづく~




にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへにほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
↑バナーをポチっとお願いします↑ 御訪問ありがとうございました~
スポンサーサイト

category: 2017秋・瀬戸内など

tb: 0   cm: 0

△top

続・チェルブリしまなみ海道を渡る、2017秋瀬戸内旅行備忘録7。 

 

11/2のお昼前。

多々羅大橋を渡り愛媛県に入る。
IMG_20171102_110440.jpg

今治市の大三島。
IMG_20171102_112321.jpg
伯方の塩、大三島工場へ。

この鐘を鳴らすと、お馴染みのメロディーが流れてくる。
IMG_20171102_114539.jpg
「は・か・た・の・しお!」


工場見学できるのだが、撮影不可。
IMG_20171102_113834.jpg
見学の後、お土産コーナーでお土産を物色。

IMG_20171102_114119.jpg
お約束のTシャツも。

工場の東側には、伯方の塩が誕生するきっかけとなった「流下式枝条架併用塩田」があるのだが、
IMG_20171102_115306.jpg
工場増設の為、ちょうど先月から見学ができなくなったらしい。残念。。

お次に向かったのは、「大三島リモーネ
IMG_20171102_121403.jpg
集落の中にまぎれて。こんな所にお店があるの?って感じ。

車が集落の中に入っていくに連れ、
「目的地がもうすぐ!?お宅訪問!!」
と、変な期待をして興奮して喚いていたレイチェル。

残念。車でお留守番ね。
IMG_20171102_121413.jpg
「むむぅ~」って感じでこちらを見つめていたチェルブリ。

無農薬の柑橘栽培から作られるリキュール、ジュース、ジャム等を中心に、
IMG_20171102_121347.jpg
雑貨なども置いてある、おしゃれな雰囲気のお店であります。

お土産等買い物をしたら、オーナーさんからみかんを頂きました。
IMG_20171102_122500.jpg
道中、美味しく頂きました。

さて、橋を渡り大島へ。
「みやくぼしまのダイニング」のテラスでランチの予定だったが。ご飯が無くなったとのこと…。むぅぅ…

ということで、
IMG_20171102_133205.jpg
食堂 みつばち」へ。

海を望む場所にあるこのお店。写真じゃわからんが、周囲には何もない場所なんですよね、これが。
IMG_20171102_130732.jpg
文字が写ってるのは、窓越しに撮ってるから。

靴を脱いでスリッパに履き替えて店内へ。
IMG_20171102_133017.jpg
落ち着いたおしゃれな雰囲気。
IMG_4394_20171115235147913.jpg
週末にはヨガ教室もやっているらしい。

こちらがメニュー。
IMG_20171102_133157.jpg

嫁は、みかんピラフのデミグラスソース・オムライス。
IMG_4395_2017111523514840c.jpg
みかんごはんってのは愛媛ではお馴染みらしい。

俺はお魚ランチ。
IMG_20171102_131955.jpg
鯛のムニエル(バター醤油ソース)、旨い♪

再び浜に行って、
IMG_20171102_135831.jpg
IMG_3949.jpg
の~んびりと歩く。

ということで、しまなみ海道を渡り切って、四国本土へ。
あとはだらっと、東へ向かう。

夜は徳島ラーメンが食べたくなったので、
既報の「カラオケ愛の炎」を通り過ぎて…

以前行った事がある「東大」へ。
IMG_20171102_183711.jpg
但しイオンモールにある支店。

やっぱり生卵はいくつでも無料。
IMG_20171102_184755.jpg
ご飯も頼んで、最後はタマゴ掛けご飯にしました。
IMG_20171102_184800.jpg
この濃い味がいいですね♪

この日は、道の駅みろくまで走って車中泊。

翌日は、小豆島に渡ります。つづく。


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへにほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
↑バナーをポチっとお願いします↑ 御訪問ありがとうございました~

category: 2017秋・瀬戸内など

tb: 0   cm: 0

△top

チェルブリしまなみ海道を渡る、2017秋瀬戸内旅行備忘録6。 

 

11/2。大浜PA。

IMG_20171102_082137.jpg
瀬戸内海と因島の町並み。

ここ大浜PAから因島大橋までの遊歩道がありまして、
IMG_20171102_074828.jpg
朝一、レイチェルと橋まで散歩しようとしたのですが、あっさり拒否られ(笑)

一人で行くか…
20171102_084939556.jpg
因島大橋へ。

一旦、一般道と合流後、歩行者、原付と自転車が通れる道となる。
IMG_20171102_083803.jpg
原付・軽車両は50円。人と自転車はタダ。お金は黄色い料金場に入れたんだっけな。

地元のおじさんらしき原チャリが通り過ぎて行った。30km制限ね。
IMG_20171102_084005.jpg
この上は自動車がガンガン通っている。

横を見ると、
IMG_20171102_084205.jpg
景色いいのだが、鉄骨が邪魔やね。

前2日間で久々にガシガシ歩いたので、ちょいとブリがお疲れ気味。
歩く予定を変更し、さて何処に行こうかと調べていたら、嫁が向島に行ってみたいお店があるとのこと。
尾道方面に戻ってみよう。

インターを降りて、狭い道を上っていくと…
IMG_20171102_093726.jpg
なんだか昔の学校っぽい建物が。

郷土文化保存伝習施設兼管理センター、と書いてあるが…
IMG_20171102_093746.jpg
中に入っていくと…

IMG_20171102_093814.jpg
”USHIO CHOCOLATL (ウシオチョコラトル)”

2階に上がると。
IMG_20171102_094514.jpg
こんな感じのおしゃれな店内が!?
IMG_20171102_094530.jpg

産地を限定したカカオと砂糖のみ使ったチョコレート、試食させてくれる♪
IMG_20171102_094000.jpg
右から、ガーナ、トリニダートトバゴ、ハイチ、ベトナム、グアテマラ、そして珈琲ブレンド。

カフェもございまして、
IMG_4391_20171115005734252.jpg
私はホットチョコレート、嫁はカカオソーダ。

1階に下りると、
IMG_20171102_101126.jpg
入場無料の資料室が…

なんだかすごい古そうなものが色々と…
IMG_20171102_101136.jpg
昔の向島の様子や文化がわかるような資料がたくさん。
IMG_20171102_101149.jpg
興味深い。

さて、海の方に下りたのだが、

ここでランチを食べたかったのだが、時間が合わないので写真だけ。
IMG_4392_201711150106285e6.jpg
立花食堂。

目の前に浜がある。ちょっと放牧すっか。
IMG_3930_2017111501112973c.jpg

ようやくチェルブリ登場。
IMG_3938_201711150111316f1.jpg

気持ちいい、
IMG_3941_201711150111317eb.jpg
IMG_3943.jpg

気持ち良過ぎて、あくびかよ(笑)

広島を後にして、愛媛に入ります。つづく。



にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへにほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
↑バナーをポチっとお願いします↑ 御訪問ありがとうございました~

category: 2017秋・瀬戸内など

tb: 0   cm: 0

△top

続・チェルブリ直島へ、2017秋瀬戸内旅行備忘録5。 

 

さて、ランチにしませう。

IMG_4352_20171113231947744.jpg
”APRON CAFE”

テラスは犬OK。腹減っていたので、11時ピッタリに入店(笑)。

中はこんな感じ。おしゃれですね~。
IMG_4343_20171113231947f74.jpg
管理栄養士の資格を持った女性シェフが、地元食材を使い季節に合わせたランチを提供してくれる。
IMG_4342.jpg
また、毎朝、数種類のスコーンを焼いており、人気メニューだそうだ。当然、買って帰りましたわ。

こちらがメニュー。当然季節のスペシャルランチを注文。
IMG_20171101_110259.jpg
俺は瀬戸内産サワラのフライ、
IMG_4345_201711132319523c6.jpg
嫁はチキンの甘酒焼き、
IMG_4344_20171113231950a9b.jpg
お味噌汁も具だくさん。
IMG_4349_201711132319536b9.jpg
大変美味しゅうございました♪

カフェを出て歩いていると、地元のおばあちゃん二人に話しかけられた。
ウィペットが珍しいらしく、何度も「賢そうじゃのぉ」と繰り返しておった。
おばあちゃん達も犬が大好きらしく、若いころからずーっと飼っているとのこと。今も4頭だっけ、小型犬を飼っているそうだ。
IMG_4353.jpg
おばあちゃんに可愛がってもらったチェルブリ。
レイチェル、思いっきり尻尾が入っておるぞ(笑)

さて、路地のつきあたりから続く階段を上っていくと、護王神社に辿り着いた。
IMG_4354_20171113234144aec.jpg
江戸時代から祀られている護王神社の改築に合わせ、杉本博司氏が設計したという。
IMG_4355_201711132341458fe.jpg
石室と本殿とはガラスの階段で結ばれていて、地下と地上とが一つの世界を形成しているそうだ。

再び海沿いの道に下りて、古い平屋のパン屋へ。
IMG_4356_2017111323414577f.jpg
”pan tocori(パントコリ)”
中は撮影不可なので外観だけ。パンは美味しゅうございました♪

再び、浜へ下り、
IMG_4358_20171113234147374.jpg
ちょっと休憩&放牧。

この後再び宮浦エリアへ歩いて戻り、ちょっとお茶しませう。
IMG_4370_201711132359271f8.jpg
”SPARKY'S Coffee”

IMG_4371_201711132359282c3.jpg
テラスは犬OK。レイチェルは、いつもの?場所でさっさと寛いでいた。

IMG_4373_20171113235928e84.jpg
歩き疲れたんで、甘いものが欲しくなるのだ。
IMG_4374_20171113235930370.jpg
前日がハロウィンだったので、やたらと飾り付けがハロウィンしていたなぁ。
IMG_4375_2017111323593134b.jpg

さて、嫁が土産を買ってる間に、かぼちゃの所に行こう。

IMG_4384_2017111400051864e.jpg
平日とはいえ、かぼちゃの周りには多くの観光客がいたので、なかなか撮影のチャンスが巡ってこなかった。

そしてやっぱり、日本人よりも欧米人の方が多い。
IMG_4382.jpg
逆立ちしてポージングしていたのも、ガイジンの女性ですよ(笑)。

直島に別れを告げ、フェリーに乗り込む。
IMG_4388_20171114000519152.jpg
チェルブリも歩き疲れたね。

宇野に戻り、再び車で移動。西進し尾道へ。ラーメン食うぞ!!
IMG_20171101_185136.jpg
「尾道ラーメン たに」

見た目背脂があってこってりしてそうだが、スッキリした醤油味のスープに細麺ストレート。俺はこの麺は大好き♪
IMG_20171101_184310.jpg
駅前の20分まで無料の駐車場に車を止めていたのだが、ラーメン食い終わって戻ってみると、

「¥0」でした(笑)

さて、この日は、しまなみ海道大浜PAまで走って車中泊。

翌日はしまなみ海道から四国であります。つづく。

category: 2017秋・瀬戸内など

tb: 0   cm: 0

△top

チェルブリ直島へ、2017秋瀬戸内旅行備忘録4。 

 

11/1。この日も快晴。

20171101_055450775.jpg
えらく早く目が覚めたので、東の空を見てみるとキレイな朝焼けが。

さて、既報の通り、直島に渡るべく宇野港へ。
IMG_20171101_083504.jpg
アートな感じの駅舎。

こちらはレンタサイクルとして利用できる「乗れるアート」である。
IMG_20171101_074431.jpg
瀬戸内国際芸術祭が行われ、宇野港周辺もアートな感じになっているようだ。

車を駅横のパーキングに置いて、徒歩でフェリーへ。外デッキでは犬OK。
ちなみに屋上デッキはこんな感じ。晴れていて寒くもなく、くつろげる空間に。
IMG_20171101_092041.jpg
しかし、欧米人が多かったなぁ。

IMG_20171101_092646.jpg
船に乗る事20分。

IMG_20171101_093850.jpg
直島の「南瓜」が見えてきた。

瀬戸内国際芸術祭の主会場だった直島。
元々、ベネッセコーポレーションが「直島文化村」として美術館等のアート活動を行っていたが、直島島内の海岸や古民家や路地なども舞台とするようになり、規模が大きくなってきたので、島内のアート活動の総称を「ベネッセアートサイト直島」としたそうだ。

なので、バスもアートな感じ。
IMG_20171101_094648.jpg
バスには乗れないので、宮浦エリアから本村エリアまで25分程歩く。

本村エリアの入り口付近にある「はいしゃ」
IMG_4274_2017111322095779e.jpg
現代の芸術家が、古民家を改装し家の空間そのものを作品化した「家プロジェクト」の一つである。中に入るのは有料ね。

さて、路地に入ってみよう。
IMG_4275_20171113220956499.jpg
IMG_4367_20171113223308cbc.jpg
IMG_4277_20171113220958762.jpg
猫カフェは休業中だったな。

こちらは空き缶でアート。
IMG_20171101_102455.jpg
あらかわいい。

電気のメーターもなんだか可愛い色に。
IMG_20171101_102112.jpg
直島バーガーも食べてみたかったな。

こちらは建築家・三分一博志氏の設計により、2015年11月に直島・本村地区に竣工した、直島ホール。
IMG_4368_20171113224248154.jpg
雑誌・Wallpaperが主催する”Design Awards 2017”のBest new public building部門にて最高賞を受賞。国内の公共建築では初の受賞だって。
IMG_4369.jpg
そんなことも知らずにトイレをお借りしたのだが、これまたキレイなトイレで♪
(トイレの写真は撮らなかったけど)

海岸の方に行くと、巨大なオブジェが。
IMG_20171101_102702.jpg
中には自転車が。自転車置き場にしてはデカイぞ。

海沿いを歩いていると、だ~れもいない浜を発見。
IMG_4295_20171113225701ccc.jpg
手術以来、フリーになってもそんなに走らなくなっているブリ。でも楽しそうにいろんなニオイを嗅いでいた。
IMG_4307_2017111322570182e.jpg
レイチェルはというと、ブリが走らないのが不満そうである。
IMG_4312_201711132257024e4.jpg
「走んなさいよ!!」

IMG_4281_20171113225659dd2.jpg
キレイな景色を見ながら、物思いに耽る俺。

IMG_4282_20171113225700dec.jpg
青い空と蒼い海、心が洗われるぜっ。

ん?どうしても、ここでポージングするのかい、チェルブリ。。
IMG_4340_2017111322570495e.jpg
NTTの看板が、ジャマだ…(笑)

腹減ったな。ランチに行くか。

つづく。

category: 2017秋・瀬戸内など

tb: 0   cm: 0

△top