ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」・「ブリジット」との暮らしを中心とした徒然日記

丹念に丹念に… 

 

時は遡って、土曜日の朝。
IMG_20170408_094257.jpg
まだサクラは5分咲き程度。

この朝もブリは出て来ず、レイチェルとサシの散歩。
IMG_20170408_094306.jpg
たまたま雨はあがっていたが、天気悪し。

IMG_20170408_094327.jpg
うわっ!芝はびしょびしょなんすけど…

IMG_20170408_094336.jpg
丹念に…、
IMG_20170408_094342.jpg
左に…、
IMG_20170408_094345.jpg
IMG_20170408_094349.jpg
右に…、
IMG_20170408_094351.jpg
丹念に…、
IMG_20170408_094404.jpg

首がビショビショです。ハイ。。。
スポンサーサイト

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

い~ 

 

「い~」

IMG_1448_201703110851509de.jpg

「い~」

IMG_1449_201703110851511d2.jpg

レイチェルの首周りの「ツボ」をかいてやると、気持ち良さそうに口角を上げて、

IMG_1450_20170311085153762.jpg

「い~」

って顔をする(笑)

そして、気持ちいいんで、顔をベロベロ。

IMG_1443_20170311090056488.jpg

レイチェルもベロベロ舐めたりするんですよね。


「ぶりしゃんも」
IMG_1452_20170311085154f70.jpg

ん?

ブリはそれほどでも「い~」はしないでしょ?

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

ちぇたこ、カンレキ! 

 

レイチェル、人間でいうところの還暦になったらしい。

60.jpg
(なったのは数日前であるが)

動きなんかはとても「60歳」には思えないのではあるが(あたりまえか)。


で、家では相変わらず、嫁にオヤツを要求する、アルファなレイチェル。

IMG_1366_0.jpg

撮影する嫁のスマフォを叩き、

IMG_1366_1.jpg

「オヤツをくれるのだ~!」と喚き、

IMG_1366_2.jpg

IMG_1366_3.jpg

ブリにも加勢せよ、と促し、

IMG_1366_4.jpg

「ブリからもお願いします」

IMG_1366_5.jpg

別にブリは嫌々やっている訳ではない。
オヤツがもらえるから、必死なのねw




ブリがレイチェルのクレートで寝ていると、

IMG_1359_0.jpg

「ど~け」と、片前足でほりほりすると、

IMG_1359_1.jpg

ちゃんとブリはどける。

IMG_1359_2.jpg

盤石な上下関係。

IMG_1359_3.jpg

満足そうなレイチェル。

IMG_1359_4.jpg



普段外では大人しいと思われている、外面のいいレイチェルでありますが、

家ではアルファちゃんなレイチェルなのであります。

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

レイチェル、ちょいと子供返り。 

 

そう言えば、お一人様だった先週のレイチェル。テンションが高かった、ような気がする。

俺が会社から帰ってくると、
PB101230.jpg
お友達のカモちゃんを、ぐぁぐぁぁ鳴らしながら出迎えるレイチェル。

光速でシッポを振り、
PB101240.jpg
喜びを表現しているようだ。

テンションの上がりがそうでもない時は、お出迎えはブリにお任せ。
自分はクレートの中で俺が来るのを待ち、俺が来たら「シッポの先」だけをピロピロ振って、「お帰り」と言う一応のお出迎え。
もっとテンションの低い時は、「ピロピロ」も無かったりする(汗)

さて、ニンゲンが夕飯を食べた後。
PB101222.jpg
おもむろに「撫でれ」。

皮が余った首の辺りをガリガリ掻いてやると、
PB101236.jpg
喜んでベロベロ舐めてくる。

そして再び、体をニンゲンにもたれかかり、「撫でれ」
IMG_20161109_194620.jpg
と、ひとしきり「撫でさせた」後に、

PB101243.jpg
「さぁ早く、オヤツを出すのよ。」
IMG_20161109_194651.jpg
オヤツをおねだりするのである。

まぁ、ブリが居る時もするにはするのだが、お一人様の時はヤリタイ放題ねだっていたように感じる。
なんか、お一人様になって、レイチェルが幼くなった感じがしてね。

そして嫁にはこんな感じでオヤツをおねだりする。

ブリが居る時も、こんなふうにおねだりはするんだけどね。
するんだけど、なんか一人を満喫して調子に乗ってやっていたように思えるなぁ。

お陰さまで? レイチェルはちょっと太ってきたような気がする。

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

手のかかる子じゃ 

 

本日は、レイチェルがご飯を食べません。
P6220407_20160905231821043.jpg
オヤツも食べません。

との嫁の話。

昨日の夜御飯も3分の1程しか食べてないが、本日は殆ど何も食べてない…らしい。
もちろん、水も飲んでいない。
普段あまり水を飲まないチェルブリの御飯は、スープ飯のようにかなり水を加えてあるのだが、それをひっくり返すことまでしたらしい。

どうも拗ねている。

ちなみに、「アタシに反抗しているのよ」と嫁も拗ね気味。

ご飯の内容が気に入らないのか?

朝、目薬の後に俺があげたオヤツは食べたんだけどね。

目薬をさした後にオヤツをあげるのが、レイチェルのルーティンになっているわけで。
ルーティンを尊重するレイチェルは、きっとこの状況においても目薬をさせば食べるであろう、とタカをくくっていた。

夜の目薬をさして「おりこうさん!」と言うと、喜んでオヤツを口に加え、テーブルの下へダッシュ。

「やっぱり食ってるやん。ったく手のかかる…あれっ?食べてない?」

テーブルの下に持っていたものの、食わずに置いてある。

結局、レイチェルはテーブルの下を後にすると、
P7150533.jpg
テーブルの前で待ち構えていた、吸引力の変わらないただひとつのウィペット「ブリソン」がやってきて、全部吸引していった。
(※上はイメージ図)
ブリソンはこの日、レイチェルの口を付けなかったものをすべて吸引しているのだが、まだまだ吸引力は落ちていないようだ。

今日は、夕方嫁がチェルブリを散歩に連れてったのだが、もう一度夜散歩へ連れてく。
ちなみに、ブリソンは「行きましぇん」と微動だにしなかった。

レイチェルのテンションは中の下ぐらい。道端のニオイを嗅ぎながらいつもの公園へ。
IMG_20160905_220011.jpg
誰も居ないのでちょいと自由にさせてみる。

公園に入って、まずは普通に用をたす。

そして芝生に入りニオイを嗅ぎまくって普通にマーキング。

動きは普通。いたって普通。。。

P7290005.jpg

まったくもって普通。。。

P7290007.jpg

丹念に。念入りに。3mぐらいクネクネと前進。

その後何度か繰り返す。。。

せっかく昨日シャンプーをしたのに「もじょもじょ」しやがって。。。

ん?シャンプーされたのが嫌だったんか?
確かにシャンプーは大嫌いなレイチェルなんだが。昨日は念入りに洗ったのが気に入らなかったのか。。。

でもそんなで拗ねるん?
もしかして、昨日遊び足りんかったんか?
いやいや、今日からつまらない平日の日々がスタートしたからなのか?

とかとか、色々な事を考えながら家に帰る。喋ってくれればわかるんだがね。

帰って、もう一度、今度は目の周りを拭いてやる。大人しく拭かれていたので「おりこうさん!」とテンションを上げさすと、喜んでオヤツをもらう態勢に。念には念を入れ今度は、オヤツ(ドライ馬ハツ)を小さめにちぎる。
(大きめのオヤツをあげて食べなかったけど、それを小さくちぎったら食べたという実績が多々あるため。。。)

おすわりさせて、オヤツを置いて待てをさせ、ヨシ!と言ったら食べた!
IMG_0731_20160905231822a1f.jpg
ほほぅ。もう一度やってみると、やっぱり嬉しそうに食べる。もっとくれ!という感じだ。

今度は大きめのオヤツを同様にあげると、パクっと咥えてテーブルの下へ。
IMG_20160905_222047.jpg
おおぅ。ぼりぼり食いよるわ。(字幕はもぐもぐだけどw)

今度は嫁のほうに行かせたら、あらあらやっぱりぼりぼりとオヤツを食べてやがる。調子に乗って。。。


まぁ、存分にもじょもじょして気分転換になったんか、ようわからんわ。
全く手のかかる子じゃ。。。

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

神秘麗湖・避難中 

 



ムシ特にアブが嫌です。



テーブルの下に避難中のレイチェル。



水に入れて涼ませた後なので、



ドロドロ。

新たなブリンドル模様が出来ておる(笑)
(この写真じゃイマイチわからんな…)

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

レイチェル、ウチに来て丸9年。 

 

さて、毎年毎年書いているのだが、9/1はレイチェルに会ってウチに連れて来た日。
本日で丸9年であります。連れて帰ろうと抱きかかえた途端にそれまでの元気な様子が一変、地蔵のように固まってしまわれたのが懐かしい思い出だ。
ま、正確に言えば、家に着いたのは9/2に日付が変わってしまった後だったが。(その時の話はコチラ。

P4011955.jpg

あっちゅうまの9年だったような、長かったような。。。

P4011957.jpg
おっと、失礼失礼。

毎度毎度のことながら、この日は昔の写真を見ながら懐かしんでいる。デジイチを持ってなかったし、レイチェルが1歳になるまでブログもやって無かったせいか写真が少ない。
IMG_1258_201609012207395e5.jpg
2007/10/13 紅葉台の外乗会に初めて連れて行ったときの写真。Mix犬に服を破かれ、がっかりのレイチェル。

まぁ顔の色も濃いわけだ。
dsc08717.jpg
2007/11/4 ドッグフィールド合衆国にてイタグレさんと遊ぶレイチェル。まだ6ヶ月で小さい、7kg台だったはず。

2008/2/11 松戸のドッグランにて。レイチェルはいつも頭を前に突出して写真に写っていたような気がする。
IMG_1559.jpg
左から、アレン、レイチェル、マーキス、キューレット、ステファン。皆2007年生まれ。貴重な写真だな。

2008/2/16 牛と挨拶するレイチェル。
IMG_1562_2016090122125972d.jpg
これは一体何処なんか??全く記憶が無いぞ。

本日の「9歳4ヶ月3日、生まれて3414日目、ヒトなら57歳くらい」になったレイチェル。
IMG_20160901_214529.jpg
レイチェルはあまりやらなそうな印象だと思うが、結構こういう無防備な格好でも寝る。

IMG_20160901_214517.jpg

あらっ、失礼失礼・・・

10年目もよろしくね(笑)

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

みみそうじ 

 

リオデジャネイロオリンピックが始まった。
世間はこれから五輪一色になるんだろね。
いかんせん時差が半日あるから、朝方に決勝があったりする。
開会式は今終わったっぽいのだが、今ブラジルは夜中だよなぁ…(笑)

毎回開会式を見ていると、世界にはいろんな国があるもんだと感じさせられる。
独立していない地域(自治領みたいな)でも、IOCが承認すれば出場することができるようだ。
今回は史上初の難民選手団が結成されている。是非頑張ってほしいものだね。


ところで、チェルブリ朝から病院へ。

いつもの耳掃除、爪切り、肛門腺絞りである。
IMG_20160806_094029.jpg
レイチェルの大っっっっっっ嫌いな耳掃除。ここんとこ2週連続で泳いだから、やっぱり汚れている。

「キィーッ」とものすごい超音波声を出し、脱出しようとするレイチェル。
IMG_20160806_094042.jpg
次、逆の耳。やはり汚れていた。
IMG_20160806_094157.jpg
ブリは、少々ドキドキするものの全然平気。というか、レイチェルがビビるんで少々胸騒ぎするぐらい。
ちなみにブリの耳はキレイであった…(笑)

そんなブリを診察台に上げている頃、一刻も早くレイチェルを戻さなければ心臓が口から飛び出てしまう(笑)
IMG_20160806_094307.jpg
一直線に出口に向かい、この表情。開放感たっぷり(笑)

この後、ホームセンターで買い物をしーの。
IMG_20160806_103101.jpg

お昼は、弁当でも買って家で食べよう。三島、35℃だって…、暑すぎる。

IMG_20160806_110653.jpg
近所にできた、テイクアウトのお店「くぼぢ食堂」である。

IMG_20160806_110641.jpg
料理絵本作家のくぼぢさんが営むお店。
IMG_20160806_110557.jpg
11時ピッタリに行ったので、まだ品数が少なかった。ちなみに、夏はかき氷を始めたそうで、イートインスペースもある。

嫁はキーマカレーBENTO、
IMG_20160806_111438.jpg
俺はハンバーグBENTO。
IMG_20160806_111601.jpg

男性やSTな嫁なんかは量がちょいと少なめなのだが、美味しゅうございました♪

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

Eyes 

 

江戸時代、植田内膳が苦心のすえつくった灌漑水路「内膳堀」。
IMG_20160402_090601.jpg
土曜日朝のピラティスの前に、チェルブリを軽く散歩させてると発見。
下の写真の手前に見えているのは井戸の水を汲みあげるポンプらしい。まだ使えるのか、水受けも設置されていた。
IMG_20160402_090616.jpg
昨日の飲み会明けで、へろった体をピラティスでいじめてだ…、

レイチェルの「おめめ」の検査をすべく病院へ。
ブドウ膜炎のことがあったので定期的に診てもらっているのだが、最近はすこぶる調子が良い。
(ちなみに、この一月から6年ブリに再び保険に入ったのだが、ブドウ膜炎を持ってるのでリスクの高い緑内障と白内障は免責)
また、網膜はく離に関してもリスクが高いとのことで、眼底検査をしたほうが良いと先生に言われた(これまでは、散瞳させることによって水晶体の亜脱臼の状態が悪くなる可能性もあるということで検査しなかった)ので、今回初めて診てもらうことにしたのだ。で、結果は問題なしである。良かった良かった。

昼は、我入道の"Cafe de ヴィゾン"へ。
IMG_20160124_120425.jpg
俺はカツレツを♪
IMG_20160402_133538.jpg
嫁はハンバーグランチしょうゆ風味。
IMG_20160402_133604.jpg
チェルブリの目線が痛い。。。
IMG_20160402_134001.jpg

この後久々に"Mission Bay"へ行き(こちらは犬NG)、軽くダッチベイビーパンケーキを食べる。
IMG05660.jpg

眼底検査の為散瞳薬の点眼で瞳孔を広げたレイチェル。3時間程度で元に戻るでしょうという話だったのだが、なかなか瞳孔が縮まらない。ということで、今日は昼間遊ばせるのはヤメ。
どこかに寄るたんびに、期待してギャンギャン吠えていたレイチェル。結局どこにも降ろして遊ばせてもらえず、レイチェルは超不満そうであったw

しょうがない、夜のロング散歩に行くかね。レイチェル。
IMG_20160402_213504.jpg
夜桜と、目からビームを放つ未確認生物。
IMG_20160402_213434.jpg

この後、レイチェルは家から離れる方角へずんずん進み、帰る方向に誘導すると途端に歩みが遅くなる。そしてある地点まで来たら歩道橋を上り、久々の「清々」へ猛ダッシュ!!
ちょうど店の前ではるちゃんとお店の御主人が戻って来られた所を発見!レイチェルの歓喜の舞をご披露。
IMG_20160402_220928.jpg
お店に来ていた2歳の女の子。犬が大好き(シュナウザーを飼っているとのこと)で全く怯まず、はるちゃんとチェルブリにガンガンオヤツをあげていた。
蛇でも馬でも平気らしいが、セミは怖がるそうである(笑)。
そして、そのお母様の懐から出てきたのが…
IMG_20160402_221045.jpg
モモンガ!!

でっかくて真っ黒なおめめがかわいい!!

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

丸8年経ったので書いてみる 

 

毎年毎年書いているが、
9/1はじゃんけんに勝ってレイチェルを連れて帰った日ちなみに家に着いたのは日が変わって9/2の早朝である。

昔の写真も出しつくしたんだが、レイチェル7ヶ月頃。伊豆のわんわんパラダイスに会社の後輩でもあるイングリッシュコッカーのアイラ家とお泊まりして記念撮影した時のもの。
DSC_9857.jpg
顔が全然違う。顔の色、濃ゆかったなぁ・・・シミも全然ない。白いところはあくまで真っ白。

今では随分顔の色も薄くなり、シミだらけになってきた。
P7170559.jpg
チェルブリ、各々いつものポーズ。



ほめろぐのルールとして、

しつけのこと
犬の食事のこと
ケガ・病気のこと(人前で怪我したときは除く。経過観察の報告)

は書かないように決めていた。

が、ウチに来て8周年のシニア犬、年も取って来て病気やケガも増えてくる御年頃。
そろそろ、自分に対する備忘録の為に記しておこうと思う。


一昨年の終わり頃、冬の足柄運動会頃から、右目が充血・しょぼしょぼしていたので病院へ行くと(2013/12/30)、眼圧測定他幾つかの検査の結果、水晶体の亜脱臼により硝子体液が漏れ出ており、その刺激によるブドウ膜炎とのこと。また、右目だけでなく左目も同じように硝子体液が漏れ出ており、ブドウ膜炎と診断された。
両眼のブドウ膜炎の場合、内臓の炎症等も疑われるが、レイチェルの場合は内臓疾患の症状が無いことと硝子体液の漏れという明らかな原因があったので、そちらの可能性は無いだろうとのことだった。
基本的には三種類の目薬(レイチェルには「おめめくすり」と呼んでいる)を処方される。その後、目薬は一種に減ったが、漏れ出た硝子体液が消失することはない為、ブドウ膜炎は慢性的なものであり完治は無く、継続的な検査、点眼が必要になった。

今年の春(4/3)、レイチェルの右眼球の外側に何となく違和感があったが、5日には黒目部分の三分の一程が白く曇っているのを発見(そのせいかどうか、5日のコーシングは直線であったにもかかわらずレイチェルは大きく右にそれてルアー回収マシンにぶつかりそうになった)。
血管新生しており、上強膜炎との診断。結構進んでいるとのこと。自己免疫からくる上強膜炎とのことで免疫抑制を目的としたものと抗生剤の目薬二種(ブドウ膜炎の物と合わせて三種)、進行している事もあって内服薬(ステロイド)も処方される。
1週間後に再び診てもらうと、投薬の効果が出てかなり良くなっているとのこと。

ただ、ステロイドの副作用でレイチェルの筋肉量が落ちてきた(通常、このくらいの量と期間では筋肉量の低下という副作用は見られないようだ)。
再び診てもらい(4/15)ステロイドを1/2に減らしてもらう。多飲(多尿ではないが)傾向は18日ぐらいから出てきた。

結局、レイチェルの場合、ステロイドの副作用は、肝臓の数値上昇、筋肉量低下による体重低下。

あとは、さらに毛深くなってきたような気がするが…気のせいか(笑)

P6260412.jpg
個人的にはこの時期に毛が増えたような気がするんだが。

4/25、9.35kgと体重が激減。ステロイドは1/4に減らしてもらう。目は血管は少し残っているものの快方という診断。
ステロイドの飲み始めからすぐに筋肉量の低下(特に肩周りかな)が顕著。そのせいなのか、その頃のコーシングのタイムはガタ落ちで、こりゃ今年のファイナルはダメだなと思っておった。
というか、このまま年を取って筋肉は戻らず、レイチェル婆さんになるんかいなと悲嘆に暮れていたのだが(笑)

DSC_0477.jpg


その後5/9にステロイドは終了した。その後、7月には目薬は三種類から二種類になった。この投薬で上強膜炎は良くなったのだが、上強膜炎自体が再発しやすいことと自己免疫による発症だったこともあってこの目薬二種(一つはブドウ膜炎のため)は死ぬまで継続という状況。
ステロイドをやめたおかげで、肝臓の数値は元に戻り(7月末の血液検査)、筋肉も戻ってきて、NPAファイナルには何とか間に合ったって感じ。レイチェルを気にしすぎたあまりか、本番ではブリの方が走らなかったってオチはあったが(笑)

しかし、ブドウ膜炎やってからレイチェルの涙が増えたのだのだが、何となく周期はあるようで。もしかしたら花粉関係のアレルギーなんじゃね?とかも思ったりする。自己免疫性の上強膜炎の場合、アレルギー等から発症することもあるらしい。他に自己免疫疾患的な症状が見られないこともあって、アレルギーが原因となって引き起こされた可能性もあるとのこと。

また、気を付けているのだが、やっぱ右目は涙焼けが出来てしまう。う~ん…

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top