fc2ブログ

ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」「ブリジット」「フィリッパ」「ハリエット」との暮らしを中心とした徒然日記

レイチェルの白内障の話。 

 

2ヵ月程に1回、眼科検診に行っているレイチェル。
DSC_3570_20240315233839030.jpg

3/5に検診に行ってきたのだが、
眼圧検査では緑内障の右目が30台とそんなに眼圧は上がって無く、見えている左目は20弱と問題なかった。

IMG_2456_20240315233932848.jpg

ただ、眼底検査で、左目は白内障の影響で網膜が前回よりは見えづらくなっているとのこと。


白内障、進んできましたか…


IMG_2511_20240315233935eca.jpg

犬の白内障の治療は、基本、内科的治療・・・目薬を使用して白内障の進行を遅らせることが目的だが、これによって白内障が治るわけではないのである。(外科治療(白濁した水晶体を取り除き人工の眼内レンズを挿入)をやってる所もあるらしいのだが、体力を考えると手術はありえない。)

IMG_8758_2024031523393421f.jpg

ということで、白内障の目薬を今回からさすことに。
ちなみに、この目薬は
「人間でも動物でも目薬での治療が有効というエビデンスは何もないけれど、何かやりたいというのなら…」
と先生に言われたものですが。

DSC_3762.jpg

今回から使うのは、向かって右から二番目の「ライトクリーン」ってやつです。これで4種類の点眼ね。
一番左のトルソプトは右目の眼圧を下げる目薬。
左から二番目のジクロフェナクナトリウムは、両目用、非ステロイド性抗炎症薬。
一番右はヒアルロン酸点眼薬。

寝てる写真ばっかなんで(笑)、さっき行った散歩の写真を。
DSC_3764.jpg

1日4回の散歩は欠かさない。随分時間は短くなったがね。
一日のラストの22時の散歩は、レイチェルの御所望により週1、2はロングな散歩に行くのである。

今週は1時間近いロングな散歩を2回。勇ましく歩き、トイレしてスッキリしたら走り出すのであった。

DSC_3763.jpg

ニオイを嗅ぎまくるレイチェル。いろんなニオイを嗅ぐのが御趣味であります。犬だしな。

この先目が悪くなると、鼻が頼りだからな。

その上向いた鼻で、ガンガンニオイを嗅ぎまくってマーキングしてくれ(笑)
スポンサーサイト



category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

16歳10ヶ月のレイチェル。 

 

3連休の最終日は寒かったねぇ。
富士山周辺は雪だったので、雪遊びにでも行くかと水ヶ塚まで行こうとしたが、スタッドレスでも途中で滑っちゃって断念。
標高が高く坂の上りもきついので、雪道最弱のFRハイエースは厳しかったわ。チェーン付けてもどうだろう…。
(2WDはもともと滑りやすいうえ、ハイエースは駆動輪(後輪)に荷重が少ないので滑りやすい)
ということで、チェーンを付けてでも登る気もせず(チェーンを付けられる平坦な場所まで移動するぐらいなら別の場所に行くわ)、ゆーっくりヒヤヒヤしながらバックで戻り、Uターンできる場所で回転して富士山遊歩道へ向かった。

この辺までは問題なく登れるのであるが、
DSC_3555.jpg
しかし、湿雪だったなぁ。

DSC_3547_20240228213646041.jpg
一面真っ白なんだが、雪のツブがでかい。

DSC_3539.jpg
楽しそうに走っていたピパハリ。楽しくなったピパはお得意の回転をグルグルと連発していた。

DSC_3545_202402282136463eb.jpg
レイチェルは「雪、ベチャベチャやん。しょーがねーなぁ」と心の中で呟きながら歩いておりました(笑)。
一足ごとにぐしゃっとした雪で足元が濡れて冷えそうだったので、わざわざ来たものの早々に帰路につきましたわ。

そんなこんなで、レイチェルは本日2/29で16歳10ヶ月。
DSC_3570.jpg
ただいま。

昨日は、いつもより早い21時半頃に散歩に行きたいと玄関の方へ向かうので、レイチェルだけ外へ連れ出した。
多分ロングな散歩に行きたいのだろうと、いつもと逆の方向に向くと、楽しそうにスタスタ歩き、あちこちでニオイを嗅ぎ、
楽しくなって途中で走り出し、飼い主の方がぜぇぜぇである。結局1時間コースだったな。
MOV_3568 - frame at 0m7s

普段の散歩はすぐ近所の公園までが中心で、家の周りでトイレしてとっとと帰るということも多くなっているのだが、週一はロングな散歩に行きたがるレイチェルなのである。
ちなみにレイチェルの散歩の時間は5時半、12時、19時そして22時。
あ、ピパは22時の散歩には行きません。その時間帯には、ハリも爆睡していることが多くて抱っこして連れてかないと最近は行かないな(笑)まぁ、ピパハリは家でトイレができるので無理やり連れて行く必要も無いのだが。

昨日は元気に歩いたとはいえ、16歳後半で随分衰えてきたレイチェル。
後肢の動き(特に右)が悪いので、アスファルトを歩くと爪を擦る音が気になる。爪も擦れて短い。

DSC_8458.jpg
後肢の衰えは顕著。踏ん張りが効かなくて後肢が随分開くようになったのよ。滑る床だと顕著で、ツーっと滑って持っていかれる。

起き上がりやすいからか固めの場所で寝ることが多くなったが、
DSC_3564_20240229205820408.jpg
右脚を伸ばしたカッコで寝ちゃうことが多いよね。

後脚のマッサージ、
DSC_3556.jpg
膝を覆うように持って、股関節を内側にゆっくりやさしく回転させ、

DSC_3558.jpg
股関節を解します。あとは、肉球をマッサージ。特に右脚。

DSC_3561.jpg
「むむぅ~」って神妙な顔つきに。


終わったら、おやつを欲しがるレイチェルである。
DSC_3563_2024022921015455f.jpg

ごはんは残すくせに…

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

レイチェル16.75歳、元旦の発作後は元気にしてます。 

 

今日1月29日で、レイチェルは16歳9ヶ月に。分数で書くと16と3/4歳、小数で書くと16.75歳。
この歳になるとひと月ひと月で、どんどん歳を取っていくなぁ。

本日も、ごはんは残したのにおやつをくれと、無言の圧力が。
IMG_2505_20240129213504ecb.jpg
横になってたら足に顔を乗せてくる(笑)

IMG_7584_202401292135020e7.jpg
あ、ちなみに一昨年も同じことやってた写真を発見(笑)

新年早々、こちらの記事で簡単に記したが、
元旦に倒れたレイチェル。その後は至って元気であります。

外で遊んでいる時で、時間は15時前。地震が起きる1時間ほど前。
我々がピパハリを見ていたタイミングで倒れたので、その瞬間は見ていなかったのだが、
ロミオエルモ家の御主人の傍にいて、ふらっと御主人にもたれ掛かったと思ったら、前につんのめって倒れ痙攣が始まった。
いわゆる全身に力が入りビーンとなって痙攣する強直発作が2~3分続き、いったん収まったのだが、続いて四肢がバタバタ大きく動き始める間代発作が。
俺は、嫁のバックに常備しているハリエット用のミダゾラム(点鼻の鎮静剤)を車へ取りに行っていたので、発作全部を見ていないのだが、こんな感じで時間にして発作開始からトータル5分ぐらいだったそうだ。
で、ミダゾラムを点鼻したのだが、ハリの体重11~12キロに対する量から更に多めに処方されているので、現在9キロ弱のレイチェルには量が多過ぎたようで、その後のふらつきが長く続いてしまった。その後、落ち着かなかったレイチェルはナルッちと一緒に徘徊していたのだが、当日の夜には落ち着いて休んでくれてました。

ちなみに、倒れた時に顔面からまともに突っ込んだらしく、その衝撃で上の前歯2本が抜けました。
発作が起きたのが芝生広場で不幸中の幸い。
歯は、元から少しぐらついていたのもあってか、きれいに抜け落ち、出血も早々に止まり、歯茎の腫れなども無く今に至る。

その後病院に行って相談したところ、可能性としては脳自体に原因があるものか、脳以外の原因(肝臓や腎臓などの内臓からくるもの・・・等々)によって脳に機能障害が生じるものがあるが、まずは後者の確認をすべく血液検査を勧められた。また、もし抗てんかん薬を投薬することになったとしても、血液検査の状況によっては使えない薬もあるので、確認しておいた方がよいでしょうとのこと。

で、血液検査ではこれまでと特に変化はなく、急速にどこかが悪くなっているような結果は見られなかった。
なので、次は脳を疑うのであるが、今は一度発作が起こっただけであるし、年齢からMRI等の全身麻酔が必要な検査は行えず、また仮に検査したところで積極的な根本治療をできるわけでもないので様子見の状況。
何らかの原因はあったとしても、発作が一度きりという例もあるし、もし、発作が頻発したらてんかん症候群の診断となり、抗てんかん薬の投薬で対症療法をやっていくことになる(目安としては1ヶ月以内での再発)。
まずは発作が次にいつ起こるかがポイントで、そうなった時は再び診てもらうことにした。

で、今日で4週間経つが発作の発生は無く、その他の兆候も見られない状況である。

ただ、今回の発作後、レイチェルの動きがかなり悪くなったのね。
痙攣で全身の筋肉が強直したことで、急激な疲労もあってか、数日はホント動かないし、刺激に対する反応も薄くてどうなる事かと思った(ニンゲンでも、全身強直の発作後は酷い筋肉痛になるらしい)。

これは1週間もすると動き自体は何となく戻って来た。
Animotica_29_1_21_13_54 - frame at 0m9s
先週のレイチェルだが、元のように興にのって散歩で走り出したりもしている。

動画も記録として載せとく。

動きは戻ってきたが、後肢の動きは発作前には戻ってないな。ちょっと引きずるというか、アスファルト歩くときに爪を擦る音が以前より目立つし。昨日マッサージをやってもらって、動きが良くなってんでホッとしているんだけどね。


以下は今回の発作とは関係ないが、
ここ数ヶ月で、ガタっと歳を取った感があるレイチェル。
IMG_2170_2024012923055451b.jpg
寝るとき、右後肢を曲げないでこんな感じで休んでることが多い。

また、抱き枕のように、こんな感じで抱えて寝ることが増えてきている。
IMG_2169_20240129230552d5b.jpg
あと、尻を下げるのがとてもユックリ、あちこち痛い年寄りがゆっくり屈むような感じ。

そして、休むときはやわらかいところを好まなくなってきている。起き上がりづらいんで。
IMG_2463.jpg
薄いマットか、カーペットに直で寝てたりする。しかもヒーターの近くに居たりする。昔は近寄りもしなかったのに。温めたいのか?

あと3ヶ月で17歳なんだけど、この先発作が起きず、穏やかに過ごして欲しいものであります。

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

レイチェル16歳8ヶ月、2023年を振り返る。 

 

本日は大晦日。早いもんです。
おとといの29日に、レイチェル16歳8ヶ月になりました!
この歳なんで、一ヶ月ずつ歳を重ねていくのが目標なのでありますよ。

IMG_9402_20231231071638f7e.jpg

今年のコーシングは、こちらのNPAの記事に載せた通りなのであるが、
ここのところタイムが落ちてエイジシュートのエリアから外れてしまった。
レイチェル20231210_ageshoot

今年のタイム計測はこんな感じ。何も書いていないのは100mのタイムである。
レイチェル2023
霧ヶ峰は走りやすいコースだったのもあるかもしれないが、それ以降のタイムがガクッと落ちている。
やっぱ、今年の後半にかけて、普段の動きを見ていてもガクッと遅くなった。
歳を取ると言うのはこういうことなのかなぁと理解。

特に今年のルアーコーシングはやりたい放題だったレイチェル。
3月のCLCCでは、楽しいあまりかゴール手前50m付近でおもむろにしゃがんで脱糞…そして、スッキリした顔でゴール。
IMG_0166_20230313233911341.jpg
(さすがに脱糞の写真はありません(爆))

4月のNPA”Top of JAPAN Whippet 1st”は、 完走した後脱走未遂、ネットにダイブし、その後スタートまで逆走。
IMG_9284_Moment.jpg
IMG_9284_Moment(2).jpg

5月のぎゃろっぷでは、減速しゴール地点にいるリン子さんの方を向き…御挨拶。
IMG_1901_20230530202339fd1.jpg

7月のNPAファイナルでは、ゴール後ついに脱走成功。
IMG_0430_Moment(5).jpg
ゴールラインを通り過ぎてから、何故か加速しジャンプ!

そして倒立!!
IMG_0430_Moment(7).jpg
静止画で見ると、着地が急角度になって倒立の格好になっておった💦

8月の秋田でも、脱走しようとしたけど…
IMG_0868_Moment.jpg
未遂に終わる…

とにかく今年はやりたい放題だったレイチェルであるが、夏以降は鳴りを潜めている。
脱走に成功して気が済んだのか??(笑)


レイチェルも16歳も後半に入り、随分衰えてきた。
まぁそんな歳だししょうがないのだが、この数カ月でカクンと落ちたような気がする。

普段の散歩では元気に歩くし、走ったりもする。
朝晩の散歩は外に出たら、いつもトイレをする場所まで50mぐらいダーッと走っていくのが、最近のルーティン。
ただ、散歩の距離はさすがに前よりは短くなったな。
そして6000日の記事でも書いたが、階段の上り下りがゆっくりになった。
下りは、右目が見えない影響が大きいと思う。傾斜がある階段は距離を取るように前脚を出してゆっくり降りる。
DSC_2577.jpg

一年前は、西伊豆・雲見の烏帽子山浅間神社の急階段も登っていたのだが、
IMG_8115 (2)
さすがにこれはもう無理だよな。


さすがに老犬特有の立ち姿になってきていて、後肢が外に開いた立ち方になっている。
滑りやすい床の場合は立っていて後ろ脚が流れちゃう。踏ん張り切れなくてね。特に右後脚が顕著。

立っている時も右足が半歩前に出た立ち方になったり、
寝るときの格好も、右足だけを前に出た寝方になったり。
IMG_2170_2023123108230244e.jpg

オスワリもこんな感じ。
IMG_2271_2023123108230574b.jpg
右後脚を曲げたくないらしい・。

ニンゲンでも同じなのだが、関節を曲げるのが痛いから(軋んだような痛さ)、屈んだり寝たりする動作がすごくゆっくりになる。屈むときのレイチェルもそんな感じ。「よっこいしょ」ってね。

そして、丸◎クッションの淵などに尻を置いて寝る態勢が多くなった。尻をなるべく落とさずに、高いところに置いた方が姿勢が楽なのだろう。
IMG_2169_202312310822593c1.jpg
また、こういう感じで抱き枕的に、毛布を抱えて寝ることも多くなった。

ふとお尻を見ると、左後の毛がなくなりハゲの部分が。甲状腺機能低下症の影響か???
IMG_2214_20231231082303a87.jpg
尻尾のハゲは2年前のこの記事で書いてるが、
チラージンのインド製ジェネリックで毛が生えてきたのだが、現在はすっかり毛も禿げてラットテイルになっている。他に重篤な症状も無いので様子見。


ということで、色々カラダにガタが出てきましたが、この歳なので当たり前ですね。
それなりに元気にしているレイチェル、この調子で年も越せそうです。来年も元気で穏やかに過ごしてほしいものです。

今年のブログ更新はこれまで。
よいお年をお迎えください。

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

レイチェル、生まれて6000日目! 

 

本日2023年10月1日は、

6000日

レイチェルが生まれて6000日であります!

6000日は、年齢で言うとほぼ16歳5ヶ月みたいね。

DSC_0795_20231001233831df3.jpg

おねだり中のレイチェル。鼻の穴に吸い込まれそうだよ!(カルアミルク家にて。2023/9/3)

先日書いたが、緑内障の右眼が赤く、左目も光の加減で緑に見える。


最近のレイチェルは、随分散歩の距離が短くなったような気がする。トイレしたらさっさと帰るパターンが多い。たまに、ロングな散歩に繰り出す時もあるのだが、普段は家の周りのニオイを嗅ぎまくって終了。
暑いからってのはあると思う。涼しくなってくるとまた変ってくるかもしれないけどね。

階段の登り、お客さんが来ている時とか、ノリノリの時はサクサク上がるんだけど、

普段の朝散歩の時などは、階段を登るのがゆっくりになったね。家に帰りたくないってのもあるかもしれんけど。

MOV_1630 - frame at 0m3s
ゆっくりの時は、必ず右後肢を先に上げて階段を登ります。左右のバランスに気を付けねば。


本日はCLCC。飼い主と一緒にU字コース約200mを1走駆けました。
まぁ、途中歩いたところもあったけどね、特に直線からカーブにかけては。
でも、最後の直線は嫁より全然速かったわ(笑)

DSC_1669_20231001232802a08.jpg

ということで、帰ってきてお寛ぎ中であります。
明日の6001日目から、元気に頑張っていきましょう~

何とか日が変わる前にアップ出来たな。(´▽`) ホッ

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

レイチェルがウチに来て16年経ちました。 

 

早いもんです。

毎年恒例だが、本日9月1日は、レイチェルが16年前初めて我が家にやってきた日なのである。
IMG_1154_.jpg
家に辿り着いたのは、9月2日でしたが。
その時の経緯はこちらで。

一年前の記事に、レイチェルの顔の色の変遷はのっけましたが、

数少ない写真を紐解くと、
IMG_1167_2023090120292000b.jpg
顔の色はまだ濃ゆく、ブリンドルであることがお解りいただけるだろう。

ホント、昔のガラケー時代は写真を撮る習慣が無くて、パピーのレイチェル写真が少ない。今ならバンバン撮って動画まで残すのにね。
IMG_1307_2023090120292199a.jpg
この写真は初めて載せたかな。コテンと眠っとる。(2007/11/4)

こちらが今のレイチェル。
DSC_0713_20230901203409e0a.jpg
この夏も元気に過ごすことができています。
まぁ、老犬らしく随分動きはとろくなって、寝起きも悪く、朝散歩なんか相当ゆっくりなのですがね。
ただ、最近調子が良くて、食欲が旺盛なのですよ。嬉しいことに。

で、レイチェルの右目の話。前回ブログに書いたのは1月末でしたが、その後は目薬で眼圧コントロールしながら、1ヶ月ごと、4月以降は2ヶ月に1度で検診に通っている。眼圧は正常値までは下がらないものの、痛みが無い程度で落ち着いている。が、それでも少しずつ右目が出っ張ってきて、先月ぐらいからは眼球の奥が赤くなってきた。
DSC_0714_20230901204705be6.jpg
カラコン入れてるわけじゃないよ(あたりまえだ)。

8月27日に検診。
眼圧は右眼42、左眼14。右眼の40台という数値は最近変わらずの値。左目は正常。

出血の原因として考えられるのは、特に痛がる様子が無いことから、水晶体脱臼のせいで中で毛細血管が切れてるのか、緑内障の最終形態か、ということらしい。最終形態なら、今後、数ヶ月で眼圧は下がり、眼球の萎縮が始まるとのことである。
ちなみに、痛みがあるのであれば、白内障からの炎症による出血ということが考えられるらしい。既に視力は失っているのに、病気そのものはなくならないのが厄介だ。
眼球が委縮してしまえば、これらのリスクは無くなるらしい。
DSC_0667_202309012047021e2.jpg
この角度で見ると目が赤いのがよくわかるね(俺の脚に顔を乗せ、オヤツをおねだり中w)。

また、湖で泳いでいる話をしたら、泳ぐ事自体の制限はなし。ただ淡水には雑菌もいるので、泳ぎのあとは雑菌対策としてヒアルロン酸目薬しとくのがいいですよ、とアドバイスを受けた。ヒアルロン酸の目薬は毎日さしているので、四尾連湖のあとにもさすことにしよう。

今年は扇風機の前に佇むレイチェルの姿をよく見かけるが、涼んでるんだろな。(当然エアコンも付けてるよん。)
IMG_0845_20230901204707038.jpg
まだまだ暑さが続きますが、元気で乗り切って欲しいものだね。

17年目もよろしくね~

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

レイチェル16歳になりました! 

 

ということで、めでたく16歳を迎えたレイチェルであります。
20230429175027648.jpg


祝ってもらってますよ。
この一年で、すっかり歳取ったなぁ~

今でこそマッタリしているが、若い頃のはっちゃけていたレイチェルをご紹介。

IMG_1267_20230429082948df3.jpg
初めてのドッグラン。2007/10/14@朝霧フィールドドッグガーデン。
いろんな子と走り回っていた記憶が。この頃は写真が無くてさ。今だったら撮りまくるのだが。

昔はよくドッグランに連れて行ってたわ。
IMG_1577_20230429083540de0.jpg
IMG_1610_202304290835425bd.jpg
2008/5/18@DogField合衆国

IMG_4237_202304290847353ca.jpg
2009/3/29@足柄coco

IMG_2141.jpg
2008/6/1@B-WOOD

IMG_5388_202304290850487df.jpg
2008/10/12@乗馬クラブ

2歳でブリが来ると、ブリと遊ぶことが多くなったのだが、
おひとりさま時代は、色んな犬と遊んでいたのが懐かしい。

ディスク咥えて走り回っていたこともあったし、
IMG_1625_2023042908523625b.jpg
2008/5/18@DogField合衆国

穴をホリホリすることもあったのよ(笑)
IMG_2699_202304290852386c0.jpg
2008/7/13@朝霧フィールドドッグガーデン。

そしてもじょもじょ。よくやってたわ。最後にやったのいつだっけな。。




昔は顔の色も濃かったし、ちゃんとブリンドルが入ってたのよ。
IMG_1669_202304290857292a2.jpg

そして目つきが悪かったwww
IMG_1739_.jpg

そしてオマタの間に入って休むのが好きだったよね。
IMG_4875_20230429085733c5d.jpg

さて、昨日腰を伸ばしていたら、背中に何かが…
IMG_9716 (2)
レイチェルがおやつを求めて、俺に圧をかけていた(笑)

腰伸ばしが終わり座っていると、さらににじり寄ってくるレイチェル。
IMG_9719 (2)
腕にあごを乗せ、「オヤツくれ」のアピール。
そしてしっかりカメラ目線である(笑)

16歳の一年も、元気でいて欲しいものです!




にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

category: レイチェル

tb: 0   cm: 2

△top

レイチェルの緑内障の話2。眼圧は正常値に戻りました。 

 

点眼の甲斐あって、レイチェルの右目の眼圧は正常値に戻りました。
(とは言え、視力は戻りません)

IMG_8564_202301302239517db.jpg
(レイチェル、どアップ。)

若干眼球が出ているような気がしたので、眼圧が下がってないのではないかと気になって、
28日の夕方に病院へ(元々翌週に予約していたのですが、1週間繰り上げました。)
右目の眼圧は19に低下。

右目の角膜が山のような形で肥厚しているそうで、その影響で目が若干出っ張って見えるそうで、問題はないとのこと。

とりあえず、ホッとしましたわ。
IMG_8087_2023013022394975f.jpg
ホッとして爆睡するレイチェル。(んなわけない)

そして、俺の背中に圧をかけるレイチェル。
IMG_8611 (2)
「くだしゃい。」

絶好調ではないか(笑)

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

レイチェルの緑内障の話。 

 

結論を言うと、レイチェルの右目の視力は無くなっています。

でも、至って元気なんですけどね。
DSC_7628.jpg
俺がパソコン机にいると、「オヤツをくだしゃい」って、机の間から顔を出して要求する。
ここから顔を出すのが、彼女のルーチンらしい(笑)



11月下旬頃からかな、散歩の時のレイチェルの動きが何となく鈍くなっている感触はあった。
散歩から帰って来る時、特にマンションに入ってからの動きか遅いのは、帰りたくないこともあるのだが、それにしても階段ののぼりとか遅くなったと感じた。12月に入ってからか?階段の下りで特に一歩目の踏み出しが慎重になってきた。

見えづらいのか?

で、12月の上旬、散歩中に顔の右側を壁で擦って、目の下をちょっと切った。
(右側が見えづらいことが影響していたか?)

レイチェルは両眼のブドウ膜炎と水晶体の亜脱臼を持っているので、白内障、緑内障のリスクが高い。
半年に1度くらいで眼科医に診せるようにしていたのが、ここ2年ほどは特に異変も感じられず、また特にこの1年はハリのことでバタバタしていたのでついつい後回しになっていたのだった。

この後、12月中旬ぐらいか、右目の下からいつもの歯髄炎からの膿傷が出てきた。
(これは目を切ったこととは関係ない。)
目の下が腫れてきたので、クリスマスの日に病院へ。
但し、この件でのかかりつけ医の予約が取れず、ハリ坊のてんかんのかかりつけの病院へ行く。
こちらには歯科の獣医師が居ないので、抗生物質を塗布するにあたり、ここでは初めてだったせいか要領を得なかった。
抗生物質の内服薬をもらう。その後腫れは引いたが、しこりのようなポツッとした膨らみは残ったまま。

この間、レイチェルの右目の状態が気にはなっていた。
で、右眼球内で出血しているようにも見えたので、予約のとれた1月2日に眼科のかかりつけ医へ。

ここで、右目の緑内障と診断。見えてないそうだ。
眼圧が左目15に対し、右目が55。
眼圧が40を越えた状態が2~3日続くと視力は元に戻らないそうだ。
この時、すでに右眼球は左目より膨らんで大きくなっており、異常が出たのはここ数日の話ではないだろう、とのことだった。
緑内障の場合、眼圧が急激に上がっていく急性期にひどい痛みを伴うのだが、
レイチェルの場合、食欲も有って痛みもなさそうなので、徐々に徐々に少しずつ眼圧が上がっていったのではと推測。

年齢的に腫瘍等による眼圧の上昇も考えられるので、エコーで診断した結果は問題なし。
IMG_8473 (2)

とにかく眼圧を下げる必要があるのだが、
スタンダードで使う眼圧を下げる薬は副作用がブドウ膜炎のためレイチェルには使えない。緩やかに眼圧を下げる薬を処方された。(トルソプト点眼液1%)
また、水晶体は完全に脱臼してる。後方に脱臼しているので痛みはない。
また、炎症予防のジクロフェナクNA点眼、トルソプト点眼共に、眼球表面が荒れ易くなるので、保湿の為ヒアルロン酸との併用が必要とのこと。

ちなみに、目の下の腫れがまた出てきたので、1月4日にかかりつけ医の予約が取れて通院。
抗生物質を歯と歯茎の境目全体にぐるりと塗布。少しずつ沁み込んでいくらしい。1週間は歯のお手入れはNG。抗生剤(セファクリア300)、整腸剤2種、腎臓に負担の少ない鎮痛剤を服用。
今は腫れはひいて、ほぼ問題ない状態に戻っている。



ちなみに、片目だと距離の感覚がつかみづらいが、眼科の先生曰く、犬は元々人間ほど立体感は感じていないので、慣れるのは早い、とのコメント。
まだまだ階段を下りは慎重に降りているレイチェル。特に暗い時だね。
ただ、随分慣れてきたのかもしれない。もうこの歳だから、そんなに早く動かないし。性格的にも慎重だから、ゆっくり降りる分は問題ないと思いますな。
DSC_7603.jpg
なんてったって、一日4回の散歩は欠かさない。
今日も10年に一度レベルの寒波なのだが、元気に散歩しておった。
ピパは鼻っから行く気が無いし。ハリ坊は、「行く!」と元気よく来るのだが、一歩外に出たら「寒い!」って固まって動かなかったし。若いくせに何やってんだか(笑)

車で出かけても、住宅街に入ると「お友達の家?」という期待感で、動いてる車の中で勇ましく立ち上がるし。
MOV_6189_Moment.jpg
いよいよ目的地が近づくとキャンキャン吠えるし(写真は吠えているイメージ図)。

年末年始の頃は、なんだかぐぐっと老けてきてしまったなぁ…と心配になるような様子だったが、ここんとこは、食い意地も張っており、絶好調なのであります。
IMG_8363 (2)

というか、オヤツくれ、が、しつこいぞ(笑)

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

年甲斐もなくはしゃぐレイチェル、イェイイェイイェイ♪ 

 

10日・四尾連湖の翌日は、夕方、ちょっとスルガ平に行ったぐらいで、マッタリしていた日曜日であった。

吊り橋で笑みを浮かべるレイチェル。
DSC_5908.jpg
怖かった吊り橋も歳を経る毎に慣れてきたからな。

DSC_5910.jpg
奥に行くと涼しいね。

DSC_5912.jpg
水場でもこの表情。御機嫌なのね♪

この日も前の週に引き続き、三島の「貝出汁らぁ麺 燈や」へ♪
DSC_5913.jpg
前回醤油だった私は塩と、水餃子♪

1664586807389.jpg
嫁は混ぜそばと焼き餃子♪ 餃子はシェアしたけどね。


翌週から3連休が続いたのだが、17日の朝。
DSC_5915_202210011020026be.jpg
この後、台風が来て天気が崩れるから、遊ぶなら今のうちだぞ。

ジャマなピパハリは確保して、レイチェルだけでレディーゴー!!
IMG_7306_Moment_20221001102003b33.jpg

年甲斐もなくはしゃいで走り回るレイチェル師匠♪



涼しくなってからレイチェルの動きが良いんだよね♪

そしてピパハリを解放、一緒に走り回った後、ガウガウ開始!
IMG_7309_Moment_20221001102004655.jpg

レイチェル「やってるやってるぅ♪」


雨続きの3連休の話は、次回。

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top