ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」・「ブリジット」との暮らしを中心とした徒然日記

チェルブリ北陸最終日、輪島朝市~金沢~東尋坊。 

 

翌日、ハトヤを出た我々は輪島の朝市へ向かう。
IMG03260.jpg
昨晩から降り続いている雪のせいなのか、三連休最終日なのだが人出は少なめ。
IMG03261.jpg
能登の焼き牡蠣やら、中田英寿もお取り寄せしたとかいう「えがらまんじゅう」やらを、チェルブリの羨望の眼差しを受けながら食す。
IMG03263.jpg
えがらまんじゅうの名は、その姿が栗のイガに似ていることから、なまってえがらとなった、とのこと。
IMG03264.jpg
練ったモチ粉でこし餡を包み、くちなしの黄色で染めたモチ米をまぶして蒸しあげたもの。美味しかった♪

酒屋の前で、甘酒を飲んで暖まっていたら、こんなものが。
IMG03258.jpg
ラベルにマジンガーZかよ(笑)。そして、少し先には…
IMG03265.jpg
永井豪記念館とな。輪島の英雄といえば、輪島大士と永井豪ってとこか。。
嫁は、普段使い用の漆器の合鹿椀や片口の鉢をセール価格で買って嬉しそうだった。本当は輪島塗が欲しかったらしいが、予算の都合上諦めたらしい。キャンプでも使うのにさすがに輪島塗はさー、等と自分を納得させていた。

そして輪島を後にし、金沢へ向かうのだが、前日と打って変わり雪・雪・雪…。
DSC_0050.jpg
金沢で思いつくランチと言えばここしかレパートリーが無く、電話したら11時半ならOKとのこと。ぎりぎりでお店に到着。
IMG03267.jpg
麩料理、宮田・鈴庵。ここも何年振りだろうか。一時期、嫁がここの生麩フライにはまってよくお取り寄せをしていたものだが。
IMG03266.jpg
加賀麸司・宮田が展開している麩料理屋。
IMG03273.jpg
雪が降り積もる庭園を見ながら、麸の懐石料理を。ここ2日間海鮮づくしだったので、胃が落ち付くのね。
fufu.jpg
ちなみに、ここ、御飯お代わり自由である。当然、俺はお代わりした。

お次は西茶屋街に行く。雪の降りしきる中レイチェルがどうしても散歩したいというので。
IMG03283.jpg
かわむらの甘納豆を買いに行くのだが、チェルブリはここまで。
IMG03285.jpg
嫁は店に入り、俺はチェルブリを連れて、「落雁諸江屋」の前で写真を撮り、車に戻る。
fu.jpg
その「落雁諸江屋」に併設している菓寮「味和以」へ。前述のとおり俺はぜんざいをば。上の写真は、嫁が食べた栗入り白胡麻しるこ、栗の渋皮煮が2個ゴロリと入っていたのがお得感満載で大層美味しかったそうだ♪

金沢を後にして福井県に入り、向かったのは東尋坊。
IMG03293.jpg
バリバリのザッツ観光地、それなりに人出があったのだが、
IMG03294.jpg
いかんせん風が強かった!
IMG03295.jpg
すっかり雪はやんでいたのだが、こりゃぁたまらんばい。。。
IMG03297.jpg
せっかくだし、飼い主も腹ごなしということで辺りの遊歩道を散策。散策路は風が穏やかだったのね。
IMG03302.jpg
散策路からの戻り道、渋い、いや、朽ち果てかけた看板が。
IMG03303.jpg
そして東尋坊タワー。寂れた感じがまたよろし。
IMG03304.jpg
そして土産物街へ。とある土産物屋、犬を買ってるとのことで、店内にチェルブリを入れてくれたのね。
IMG03307.jpg
福井はここに立ち寄っただけなのだが、結構ここで福井土産買っちまったなぁ(笑)
IMG03311.jpg
ということで帰路に。今回は、車中泊が少なかったので、非常に楽チンな旅だったな。

お約束のレイチェル帝国の版図を、
20130211r_20130215225433.jpg
ブリブリ朝の版図も。
20130211b_20130215225434.jpg
レイチェル帝国の未踏地は、残すところ沖縄だけ。車で行けないのがツライ。
とは言うものの、日本全国まだ行ってない地域は、まだまだあるんだよなぁ。。
スポンサーサイト

category: 2013冬・北陸

tb: 0   cm: 0

△top

チェルブリ奥能登を往く、珠洲~輪島「ペンションハトヤ」。 

 

「ふらっと」を出た我々、さらに北上し珠洲市内にある見附島へ。
IMG03215.jpg
別名「軍艦島」。能登で軍艦島と言えばここのこと。軍艦巻みたいだね。
IMG03214.jpg
ここから約3km南の恋路海岸までを「えんむすび~ち」と呼ぶ…らしい。あの鐘を鳴らしたら、レイチェルを驚かせてしまい、嫁に怒られた俺…。
IMG_2817_20130214222932.jpg
この後見附島へ続く岩場を歩いたのだが、足場が悪く前に進めないレイチェルが、「ぴーぴー」言うので途中で引き返す。ちなみに、ブリは結構平気で嫁に付いて歩いていた。浜に引き返してからも得意気にレイチェルに向かって行くブリなのだった。
IMG_2827.jpg
レイチェル「足場の良い砂浜が一番よ」

さて、この辺りは塩が名産とのこと。道の駅「すず塩田村」へ。
IMG03217.jpg
塩の資料館も併設とな。
IMG03220.jpg
ん?ここは何と何と!犬が入館OKなのである!しかもタダ。
IMG03222_20130214231011.jpg
「しお!しお!」…まぁ、犬が入って楽しい場所ではないが、ニンゲンが入る場所に入れるのは嬉しいチェルブリなのである。
IMG03224.jpg
館内には至る所に、デカイ塩の塊が!
IMG03231.jpg
そして塩田や塩の作り方を説明したジオラマが!

そして実際の塩田にも入れるのだが…、
IMG03227.jpg
今の時期は作ってないのね。しかも海からの風が強くて…寒っ!!
IMG03228.jpg
釜屋の前で写真でも撮っとくか。釜屋とは、塩田で濃くした塩水を煮つめて塩を取り出す場所。釜屋の中の釜で煮詰めるのね。

その後西へずんずん、輪島市に入る。国の名勝であり世界農業遺産であるという、「白米千枚田」へ。
IMG03233.jpg
国道と日本海との僅かな崖地に作られている棚田。こんな場所に田んぼを作ろうって普通は考えないよなぁ。日本人の米作りへの執念を感じる。
IMG03234.jpg
0.2平米程しかない小さな田んぼもあるそうだ。
IMG03236.jpg
冬限定で「あぜのきらめき」というイルミネーションが催されていた。千枚田に20000個のLEDが設けられ、夜になるとライトアップするというもの。我々も見に行こうと、宿にチェックインした後再び千枚田に向かったのだが、物凄い渋滞で一歩も動けなくなり断念。。。

ということで、今宵のお宿はロビーに80年代歌謡曲が流れる「漁師のペンションハトヤ」。
IMG03239.jpg
カニコースプランで♪ こちらのズワイは加能ガニというらしい。ただどうも我々は、茹でカニを食べるのが下手くそで…。殻剥いて身を出してくれるおばちゃんのお店あったっけな?そこで食べたい!(そちらの宿は福井は越前ガニのコースで有名な犬連れOKのお宿なのだが、今回は予算の関係上断念したのだった)
IMG03241.jpg
で、ぷりぷりのカニ刺しが絶品!!もちろん他の刺身も美味いのだが!
IMG03247.jpg
そして焼きガニ。カニ味噌~!!
IMG03244.jpg
わっ!ステーキまで出てきた!
IMG03249.jpg
アワビのステーキ!
IMG03252.jpg
カニ汁と、カニ飯で〆。このカニ飯がまた旨かった。
IMG03251.jpg
そしてケンシロウ…??
IMG03250.jpg
You are shock!!

明日で〆ます。

category: 2013冬・北陸

tb: 0   cm: 8

△top

チェルブリ能登半島を巡る…、穴水~能登「ふらっと」 

 

翌朝、つるやを出て能登町へ向かう途中、穴水町のとある公園の駐車場にて。雪のおかげで足元もいいし、誰も入って来ないし、こりゃいいや、と降ろしてみたところ走る走る。
IMG_2653_20130213232257.jpg
チェルブリ抗争中。
IMG_2656_20130213232256.jpg
IMG_2661_20130213232256.jpg
対峙するチェルブリ。
IMG_2664.jpg
IMG_2666_20130213232255.jpg
「おっ!」
IMG_2672_20130213232255.jpg
ちょっとした障害物。ここは跳ぶのは避けるべし…、
IMG_2673_20130213233419.jpg
と、慎重なレイチェルであるw
IMG_2674_20130213233419.jpg
IMG_2681.jpg
IMG_2685_20130213233418.jpg
IMG_2740.jpg
ブリは、しばし休憩…
IMG_2760_20130213233418.jpg
という訳にはいかん!
IMG_2764_20130213233830.jpg
IMG_2765_20130213233830.jpg
と、再び追い廻そうとするレイチェルである。
IMG_2771.jpg
IMG_2774.jpg
ということで、この日の午前中もがっつり走ったチェルブリ。

ランチまで微妙に時間が開いていたので、お次は能登町の遠島山公園へ。
IMG_2802_20130213234631.jpg
誰も居ない公園…、吊り橋があるので歩いてみると…、
IMG_2792.jpg
「!?」なんだ??鳥にでも反応してるのか??
IMG_2794_20130213234632.jpg
高所が苦手なレイチェルは決してしない行動。
IMG_2795_20130213234631.jpg
しかし…首長いな、ブリwwこの時は、下を覗いてみると雪の上にまだ新しい動物の足跡らしきものがあった。それを気にしていたのだろうか。
IMG_2800_20130213234631.jpg
散歩してても、何か気になってしょうがない様子。
IMG_2807_20130213234918.jpg
あ、レイチェルも??
IMG_2809.jpg
この時は、融けた雪が木の枝から落ちる音を気にしていたようだね。
IMG_2812_20130213234917.jpg
一応、記念写真。。

そして、前述の「ふらっと」へ。
IMG03212.jpg
ここは元々御主人の奥様の実家、民宿「さんなみ」のあった場所。
IMG03198.jpg
奥様の御両親が、昨年「さんなみ」を閉店し、これまで海沿いの道路脇にあった「ふらっと」がこの高台に移ったのである。以前より静かになり、日本海を遠景に臨む景色を眺めながらのランチである。
IMG03200.jpg
P2101465.jpg
「ふらっと」は犬飼う前に、何度か宿泊したことがあるのだが。犬を飼い始めてからは足が遠のいてしまった。
IMG03201.jpg
地元の酒蔵大江山の酒粕と自家製いしるのスープ。濃厚なエビ味噌のスープのようだった。アクセントに柚子みそが。器は輪島塗。
「さんなみ」は、あのマンガの「美味しんぼ」にも登場した程の名店。「さんなみ」には泊れぬまま閉店してしまったのが心残りだ。
IMG03204.jpg
サザエのガーリックオイル焼きと自家製の焼き立てパン。お替わり付き。
奥能登の郷土料理にこだわったもてなしの心は、「ふらっと」に受け継がれて行くことだろう。
IMG03206.jpg
ヒラメとブリのカルパッチョ。この後、当日の記事に掲載の毛ガニのクリームパスタ、メインのタラのソテー、赤ワインのソルベとエスプレッソと続く。
食事の後も、奥さん、料理を終えた御主人とお話をして楽しい時間を過ごさせて頂いた。また食べに来よう、と心に誓い、店を後にしたのであった。。。

眠いので今日はここまで。つづく~

category: 2013冬・北陸

tb: 0   cm: 2

△top

チェルブリ初の北陸へ、氷見でブリ三昧~七尾「つるや」。 

 

ということで、三連休は北陸へ。飼い主達は、2007年春以来約6年振り。その年の秋にレイチェルを飼い始め、以来北陸3県には足を踏み入れていない。ということで、チェルブリ初めての北陸なのである。
いつもの如く金曜日の晩に出発。東海北陸道瓢ヶ岳PAまで走って車中泊。翌朝、ずんずん北上、標高が上がると共に、
IMG03176.jpg
あっという間に周りは雪景色に。高速なのに片側一車線、路面も微妙な感じなのだが、トンネルを抜け富山県に入ると、意外にも空が明るくなってきたぞ~
IMG03179.jpg
その後も快調に北上、氷見に到着~。店が開くまで時間があるので、海沿いに行ってみると、
IMG_2506.jpg
おぉ~、サーファーがたくさんいる~。結構波が高かったのだが、絶好のコンディションなのか!?

そして、雪が積もる砂浜へ行くと、レイチェルのテンションが↑↑↑。すっかり雪を見ると興奮するレイチェルである。
IMG_2458.jpg
たまらず走りだすブリ。
IMG_2470.jpg
そして並走。
IMG_2497.jpg
平日運動してないから、溜まっておるようだ。
IMG_2499.jpg
さすがに走りにくそうなんで脱がす。
IMG_2543.jpg
まぁ、予想通りなんだが、雪でびしょびしょだな…。
IMG_2547_20130212214610.jpg
ということで、前述の「ひみ浜」で昼御飯である。
P2091427.jpg
ランチは予約無しでも入れるのだが、行列必至とのこと。11時開店の15分前ぐらいに並んで(この日は開店時に3組程の並び、いつもより少なめとのこと)入店。
himihama_20130212220239.jpg
お店の人はブリしゃぶの体験版と言っていた、「寒ブリ三昧コース」をいただく。前述のブリ刺し、ブリ大根、ブリしゃぶ、の他に、最初に小鉢、ブリの塩焼き、最後に氷見うどんと盛りだくさん。ブリの一切れ一切れがデカくて、しかも脂が乗って旨い!!お店の人曰く、ここのブリはなかなか口にできない10キロ以上の天然ブリ(普通は氷見の寒ブリと言っても5~6kgらしい)とのことだ。
隣のテーブルの御夫妻は、予約オンリーのブリしゃぶコースを食していたのだが、ブリ三昧コース以上にボリュームたっぷり。ブリのカマが付いたり、ブリ大根やブリしゃぶも量が多いのだ。とても食べきれないらしく、「如何ですか?」と、ブリカマやブリ大根等々、色々頂いたのだ。ブリしゃぶも数切れ頂いたのだが、お店の人曰くブリ三昧コースとブリしゃぶコースでは、使う部位が違うとな。マグロで言う所の赤身と大トロ、とのこと。実際食べ比べてみたら…確かに違う。旨い!
それにしても我々はいろんなところで(国内外問わず)隣の席の方から「どうぞ」とお裾分け頂くことが多い。余程ひもじそうにみえるのだろうかw
この時のお隣の旦那さんは九州出身ってことで、これもなんかの縁ですな。御馳走様でした!

食後は、千里浜なぎさドライブウェイへ行ったのだが…
IMG_2557_20130212215210.jpg
この日は車通行不可とな。残念。。。
IMG_2558_20130212215210.jpg
砂浜をハイエースで走りたかったのだが。(写真は前回行った時。懐かしいプラド、友人夫妻と、真ん中でカッコつけてポーズをとる俺…)
IMG_0585_20130212222845.jpg
ということで、誰も居ない砂浜を…
IMG_2562_20130212222032.jpg
かっ飛ばすチェルブリ。
IMG_2569.jpg
鼻の穴をおっぴろげ(特にレイチェル)。
IMG_2577_20130212222031.jpg
はしゃぐチェルブリの後ろ。結構な量のゴミが打ち上げられていた。
IMG_2583_20130212222030.jpg
その中には、ハングル文字も。朝鮮半島から流れ着いたものだろう。。
IMG_2584_20130212222030.jpg

この後、七尾方面に向かい、能登島(といっても写真中央の島では無いぞ。能登島から富山湾を眺める写真ね。)に渡ると…
IMG_2587.jpg
またもや、誰も居ない砂浜が。
IMG_2586.jpg
雪、砂浜、レイチェルのテンションはMAX!
IMG_2603_20130212223519.jpg
IMG_2605.jpg
IMG_2608_20130212223518.jpg
IMG_2619_20130212223518.jpg
この日はよく走ったな。。。

そしてこの日のお宿、「民宿つるや」に到着。去年ポバド家とルクレイ家が泊った宿である。
tsuruya.jpg
夕食は刺身やカキフライや煮付けや…とにかく盛りだくさん、昼間のブリ三昧の消化がおっつかないのもあって全部食べきれなかった…。美味しゅうございました!しかも、犬連れで食事OKなのが嬉しい。
P2091446.jpg
って、ブリ、やめなさい!

それから部屋に戻って、テレビをみて寛ぐレイチェル。どこに行ってもテレビ好きだなぁ。
P2091463.jpg
掃除の行き届いた清潔な和室で、のん~びり寛ぐことができた。しかもブリが寝てるのは宿が用意してくれた犬用ベッド。遊び疲れて爆睡のチェルブリである。
P2091429.jpg

つづく~

category: 2013冬・北陸

tb: 0   cm: 2

△top

金沢、西茶屋街「落雁諸江屋」 

 

レイチェルが、どーしても雪のなか町歩きしたいっつうからねぇ。

チェルブリを車中に戻して、

思いの他、餅が焼けるのが速い!ぜんざい本隊が来るまで避難だ!

そして、ぜんざいに入れて…

美味しゅうございました。

category: 2013冬・北陸

tb: 0   cm: 0

△top

能登、「ふらっと」でイタリアン。 

 

犬飼う前は何度か泊まったことがある、民宿ふらっと。

景色の良い高台に移転してからは初めて。

今回はランチを堪能。

オーストラリア人の、ご主人が作る能登の幸でイタリアン♪

category: 2013冬・北陸

tb: 0   cm: 2

△top

氷見、ばんや料理「ひみ浜」 

 

ブリ刺、ブリしゃぶ、ブリ大根。




そして、


ブリしゃん。。。

category: 2013冬・北陸

tb: 0   cm: 4

△top