ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」・「ブリジット」との暮らしを中心とした徒然日記

ブリ抜糸終了、あれから一年経ちました。 

 

昨日の晩、右後肢のプレートを抜去した縫合跡の抜糸に日大病院へ。

とりあえず抜糸の前に、後ろ姿をパシャリ。
IMG_4056_201710182349327b9.jpg
夏は泳がせて筋肉つけていたんだが、すっかり右の筋肉が落ちたなぁ。さわり心地もぷよぷよです。

抜糸前の傷。今回は金属の糸で縫合しているためこんな感じ。
IMG_4057_20171018234934fcc.jpg
傷跡はかなりキレイ。ショウ液が出ることもほぼなく、傷は塞がっている。

ブリを預けて、待合室で待機。

この日もテンションが高いレイチェル。
IMG_4058_20171018234935ea4.jpg
ブリを預けた後、執刀医の先生が出てきた。喜んじゃったレイチェルは、立ちあがって先生に御挨拶するもんだからさ。
IMG_4060_20171018234936103.jpg
「ブリの抜糸をよろしく!」とでも言っていたのであろうか(笑)
IMG_4061_20171018234937e27.jpg
「背中を触るのだ!」と、鼻の穴全開でこの表情であるw

そんな中、ブリが二度ほど部屋の出入りで廊下を往ったり来たりするのが見えて、その方を見つめていたレイチェル。
IMG_4064_20171018234938b98.jpg
「ブリ、まだかなぁ…」とでも思っているのだろうかね。

再度、診察室に呼ばれて、興奮するブリ、ブリと鼻を付き合わせて喜ぶレイチェル。

抜糸後はこんな感じ。
IMG_4065_20171018234940a42.jpg

手術で採取した組織検査の結果は、アレルギーではなく感染によるものだったとのこと。腫瘤、瘻管から採取した組織からは菌は出なかったのだが、プレートの方から菌が検出された。今回の手術で、徹底的に洗浄、プレート自体も抜去したので、もう菌は残ってないはず…だが、抜糸痕からの感染を警戒してか、抗生剤を更に1ヶ月服用。検出された菌自体は特殊なものではないので、今回の事態はブリの免疫力や抵抗力の低下もあったのかもしれない。

このまま2週間ほど様子を見て、何事もなければ、それから少しずつフリーにしていくことになった。

思えば、左肢の前十字靱帯が切れてからもう1年か。
左肢が良くなって右肢を傷めるまでの2ヶ月弱を除いて、この1年は殆ど走っていないブリ。
自由に走れるようになるまであともう少し!!
9歳になる前にはコーシング復帰も叶うのでは。
年が明ければ雪遊びも。
楽しみにしながら、もう少しの辛抱だ、ブリしゃん!!



にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへにほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
↑バナーをポチっとお願いします↑ 御訪問ありがとうございました~
スポンサーサイト

category: ブリ・前十字靱帯断裂

tb: 0   cm: 0

△top

ブリ退院、右後肢のプレート抜去。 

 

本日は中秋の名月。
1507125532365.jpg
(嫁のアイフォンにて撮影)

そんな月明かりが明るい中、、ブリを迎えに行く。

時間外につきインターホンで呼び出し、研修医の先生が別の入り口から出てきた。
レイチェルはその先生に喜んで跳びつこうとし、いつもと違う別の入り口へ猛ダッシュ。

IMG_3934_2017100423091417c.jpg
今日は、いつもに増してテンションが高い。

IMG_3937.jpg
嫁曰く、ブリを迎えに行くと言ったら、スタスタと車の方へ歩いて行った…らしい。

IMG_3938_20171004230917c3a.jpg
テンションが高いのは、ブリが帰って来るからなのか、自分がここでは何にもされないとわかっているからなのか…

ブリ登場。
IMG_3947_20171004230926c76.jpg
舐めないように、やたら長いエリザベスカラーを装着。蓄音器のスピーカーみたいだ。

IMG_3946_2017100423092589e.jpg
わかったわかった、エリカラが邪魔(笑)


縫合糸のアレルギーだと思っていたが、
結局のところ開いて見たら、皮膚の下から直径約2mm程のトンネルがプレートの裏側を通って、太腿の裏の方まで続いていたそうだ。
縫合糸のアレルギーであれば、そのように深部の方に影響することは無いので、縫合糸のアレルギーとは考えられなくなってきた。感染の可能性もあり、現時点では感染かアレルギーか判断できないので、組織を病理検査に出しているそうだ。

とりあえず、現時点でできることとして異物である金属プレートを抜去し、内部を人間用の人工関節が感染した時に使用する特殊な洗浄液で洗浄。
内部の縫合は最低限にとどめ、これまでの2回の手術では使用していないものを使用。皮膚表面の縫合は特殊な金属ワイヤの糸を使った。
随分と物々しくバンテージが巻かれているが、これは傷口を舐めるのを防止するためのもので、やはり患部だけではすぐにずり落ちてくるので全体を覆ってある。
舐めることで感染するかもしれない可能性を排除するためだ。今回は、このバンテージを抜糸まで着けたままにする。また、抗生物質も抜糸まで服用。

骨はくっついていて感染もなく、非常に良好な状態。
IMG_3940_20171004230919e6c.jpg

ヒモみたいに映っているのが金属ワイヤでの縫合跡。
IMG_3942_20171004230922a59.jpg
数か所の黒い点が、プレートを止めるネジ穴(直径3mm)である。
ネジ穴が埋まるまでの1~2ヶ月、安静かどうか訊いたところ、この穴の大きさでは必要ないとの事だった。

帰宅直後、お気に入りのピンクちゃんに入ってなお不安そうなブリ。
IMG_3948_20171004230928db9.jpg

この後、オヤツを食べたら元気が出たようだ。
今回の2泊3日の入院手術でもだいぶまた痩せてしまったブリ。明日からご飯とオヤツをモリモリ食べて早く元気になろう。

category: ブリ・前十字靱帯断裂

tb: 0   cm: 0

△top

ブリジット・右後肢手術後検診、1泊2日入院になりました。 

 

端的に言うと、
手術した右肢の骨の状態はすこぶる順調。左肢の時よりも良好で、関節炎の兆候も無し。

しかし、手術跡の皮膚の状態がこの2ヶ月半ほど平行線なので、1泊2日入院して皮膚の一部を切除後再縫合となりました。



ということで、
6/9に右肢のTPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)法での手術をしてから、約四ヶ月弱。
時系列順に、備忘録的に記す。

7月末、ブリの右肢の縫合跡の内部から、赤く膨れてきた。
20170730.jpg

その後、ぶよぶよした膨らみが破れて、中から液体やゼリー状のものが出てきて、ぐじゅぐじゅしてきた。
当初は消毒と抗生物質軟膏(ゲンタマイシン)で湿潤状態を保つように防水加工のパットを貼っていたのだが、どうも傷の治りが良くない。
色々と試行錯誤のすえ、消毒後、ゲンタマイシン、皮膚潰瘍治療剤(動物用イサロパン)を塗って、
白十字のFCワンタッチパットを貼るのが剥がれにくく通気性もあり、それで処置する方が傷の治りが良いので、
1日2~3回はそうした処置を続けていた。

それで一旦、傷は塞がるのだが、塞がっても中からまた液体が溜まって膨らんできて、また破れる。
もしくは、塞がった場所と別の場所から膨らんできて破れる。

1ヶ月後。
IMG_3680.jpg
元の場所は一旦塞がっていたのだが、その上の場所から出てきた。(写真は、傷の状態がわりあい良くなってからのもの)

8月31日、3ヶ月目の検診。
日大病院でレントゲン(8月31日の写真)。
IMG_3675_20171002222109699.jpg
左肢の時よりも骨の形成状態は順調。(上が右肢、術後3ヶ月。下が左肢、術後10ヶ月)
IMG_3676_20171002222110607.jpg
横から見た右肢、
IMG_3679_201710022221115b2.jpg
骨の継ぎ目が癒合し、骨形成が進んでいる。

縫合跡の傷に関しては、
地元の先生に見せた時にも言われたように、内部の溶ける縫合糸のアレルギーでは?とのこと。
前回の左の手術時にも同じ糸が使われており、全く問題は無かったのだが、ハチに刺された時のように2回目だからこそアレルギー反応がおこるということがあり得るらしい。
この部分の皮膚を切除して異物を取り除く手術をやったほうが良いとの事。
溶けきるのに術後60日から90日ということなのでこの時点ではまだ糸が残っている可能性があり、1年間の間に3度目の手術はなるべく避けたく、次回検診までは様子見とすることとした。


終わった後は、公園でガス抜き。
IMG_3706_20171002222111f82.jpg
レイチェルは絶好調。ブリジットはおどけた表情。
IMG_3736_20171002222113180.jpg



そして本日。4ヶ月検診。
IMG_3861_20171002224334d13.jpg
新しいソフトクレートが気に入ったチェルブリ。ブリが入ってきても、珍しくどかないレイチェル。

IMG_3863_20171002224336a08.jpg
何度目かの傷もようやく治りかけたところで、中からまた何かが溜まって膨らんできている。

日大病院に向かう。
IMG_3865.jpg
ここでは何も嫌な事をされた事が無いレイチェル。
便をしていないのでしてほしかったのだが、踏ん張ったら肛門嚢炎の傷が痛いのか(初めの傷はふさがったのだが、中身が出切っていなかったらしく、新たにもう一つ傷ができてしまっている)やりたがらない。
そんなことは良いからと、一刻も早く病院に入りたがっていた。

本日のレントゲン。
IMG_3866_201710022248418d2.jpg
術後4ヶ月の右肢。問題なく順調。
IMG_3868_2017100222484332e.jpg
レントゲンで見る限りはプレート周辺には問題ない。
あの皮膚の状態の原因が、プレートのアレルギーにある可能性は少ないのでは、という先生の見解であった。

IMG_3870_20171002224843162.jpg
こちらは術後11ヶ月の左肢。特に関節炎もなく問題ないとのこと。
IMG_3871_2017100222484506b.jpg

歩様も問題なく、この状態であればフリーにするのもOK。
なのだが、皮膚の傷が治らないので、まずはアレルギーが出ている皮膚の部分を切除し、中を特殊な洗浄液で洗浄した後に再縫合する事を勧められた。また、縫合糸はアレルギーの出ない特殊な金属のものを使うとのこと。

やはり、なるべくなら手術は避けたいという思いがあり、ステロイドは?と聞いてみたが、ステロイドの飲み薬は骨の形成等に悪影響なので使わない方が良い、とのこと。ステロイドの塗り薬は大きな副作用の心配はあまりないが、一旦それで治まったとしても、やめれば再発する可能性が高い、ということだった。

一瞬悩んだのだが、前回の検診からのこの一ヶ月間も状況が変わっておらず、このままにしていても治まることはなさそうなので、勧められた再縫合をお願いした。本日預けて翌日施術、その日に退院できるし、2週間ほどで抜糸できるとのこと。

ということで、ブリは入院、レイチェルだけ連れて帰ります。
IMG_3907_20171002234433d26.jpg
お尻の件でイマイチテンションが上がらないレイチェル。お山の公園で遊ばせると、気分転換になったようでテンションが上がってくれました(笑)。

IMG_2380.jpg

ということで、ブリしゃんもう少し頑張って下さい。
骨の具合は良好なので、もうすぐフリーで遊べますよ。

category: ブリ・前十字靱帯断裂

tb: 0   cm: 0

△top

ブリジット・右後肢手術後1ヶ月検診。  

 

6/9に右肢のTPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)法での手術をしてから約一ヶ月。
7/6、レントゲンを撮りに日大病院へ。

この日も、日大病院に着くとテンションがアゲアゲだったレイチェル。

ひとしきり興奮したら、落ち着いたようだ。
IMG_2954.jpg
「まだかい、ブリは」

意外と早く診察は終了。
IMG_2956_20170714222215ad0.jpg
今回の右肢のレントゲン写真。
IMG_2957_201707142235149f7.jpg
矢印の部分、骨はまだまだくっ付いていないが、関節炎の進行も無く順調との事。

こちらは、前回手術した左肢の写真。手術後8ヶ月である。
IMG_2958.jpg
IMG_2959_20170714222218d79.jpg
こちらも問題ナシ。

ところで、日大病院内にリハビリ用のプールが導入されるという話は以前から聞いており、
診察の後に、ブリジット&運動不足のレイチェルを、泳がせてみようとお願いしたのだが、
どうやらプールはまだのようだった。。。
しか~し、ちょうどこの日、セラピストの方が来ているということで、マッサージをしてもらえることとなったのである。

IMG_2962_201707142253549cc.jpg

オーストラリアで理学療法やドッグマッサージを学んで、こちらの"Labulls"というお店でマッサージをしているとの事。
プールが設置された暁には、このLabullsのハイドロセラピストさんがハイドロセラピーを担当してくれるそうである。で、偶然にも、彼女は、ブリがこれまでお世話になった「わんわんフィットネス」の立ち上げスタッフだったそうだ。
ただし、日大のリハビリ施設は本格始動しても、今のところ水、木のみということでなかなか気軽には利用できないのであるが。

IMG_2969_201707142253564dc.jpg

あらら、レイチェルがあられもない姿に(笑)。

IMG_2970.jpg

もう一丁。前肢を伸ばされて、その可動域が拡がったことだろう。

IMG_2972_20170714225358e34.jpg

ぷいぷいも大人しくオーストラリアンマッサージを受けておったようだ。

IMG_2973_201707142254004ea.jpg

この夏、リハビリ頑張りましょう~

category: ブリ・前十字靱帯断裂

tb: 0   cm: 0

△top

ブリ、抜糸完了。これまでの備忘録。 

 

ブリジット、右後肢前十字靱帯断裂についての備忘録。

本日抜糸が終了。最初の診断時から抜糸までの経緯を書き留めておく。
IMG_2588_2017062422193635b.jpg

以後、詳細は長文の為、興味のない方はスルーをしていただければ。

あ、スルーの前に下のバナーをぽちっと押してからね。
にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへにほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
↑バナーをポチっとお願いします↑ 御訪問ありがとうございました~



6月5日(月)
日大動物病院にて診察、予想通り右後肢前十字靱帯完全断裂との診断。
この時点で怪我から既に1週間。この間は地元の病院で痛み止めを処方される。
IMG_2324_20170605200405f55.jpg

診察前の予約の電話では、骨折等、他の症状である事も考慮に入れて、安静を言い渡される。
ただ、我が家にはトイレと寝床を置けるようなケージは無い。また平日は、室内で殆ど寝ており、嫁が家にいる事もあって、なるべく自分では歩かせないようにし、完全にクレート内での安静は車で移動中と就寝時のみとした。
(車内でクレートに入れているお陰で、車内での飲食は落ち着けるね(笑))

IMG_2571_2017062422193506b.jpg

診察にて、前十字靱帯の完全断裂ということで、前回と同じく無理のない範囲でなるべく歩かせるようにして、右後肢も着地させることで手術前に筋肉が落ちていくのを少しでも軽減させることをアドバイスされる。
手術日は先生のスケジュールの都合上、診察から18日後の23日(金)、怪我からの日数だと前回よりも遅い手術日となった。
日大動物病院の場合、原則的に診察日は月、木。手術日は火、金となる。特にスタッフ人数が必要となる手術は金曜に限定されるようだ。
手術日までの間に関節の肥厚が進行しないかと気がかりだったが、怪我から1ヶ月以内の手術であれば1年後の経過は変わらないとの話だった。



6月8日(木)
夕方4時頃、出張先に嫁から電話。仕事中で取れなかったところ、ラインで連絡があった。
「明日の手術にキャンセルが出たので、今晩入院で明日手術が出来る」
その後、嫁と何度かやり取り、嫁は日大の方とも何度かやり取りし、今晩22時半くらいまでなら入院受入可能ということになる。当日朝の入院という事も麻酔リスクは高くなるものの不可能ではない、ということでとりあえず手術の予定は押さえた。
出張先から急いで帰宅、本日中の入院に間に合った。
IMG_2383_2017062422492649f.jpg

怪我して運動しなくなると、随分筋肉が落ちるものだ。



6月9日(金)
前日言われたとおりに、嫁は13時頃に病院に到着。しばらくしてブリが連れて来られ、手術前の面会。が、ここで前のTPLO手術がおしていると聞かされたらしい。
ブリと一緒に1時間程過ごすも、この間ずっとブリは出口に向かいたがって仕方がなく、この状況はかえってストレスなのではないかということで、一旦、ケージに戻して落ち着かせてもらう。
15時半頃に手術直前の面会ということで、再びブリは連れて来られ、そのまま手術室の方へ。
IMG_2391_20170624225132230.jpg

その後、仕事を終えた俺がレイチェルを連れて合流。
19時半頃に7~8人のスタッフと一緒に手術台が出てきたが、上に寝ているのがブリかどうかはっきりとはわからず。
その後、診察室に呼ばれ、今回術前検査でも特に問題なく手術は無事成功、前の手術が4時間遅れだった為に遅くなった旨が告げられた。ブリの手術自体は1時間半ほどと前回より短時間で終わったようだ(後日の請求書によると、術前検査等を含めた麻酔時間は269分)。今回も地元の先生が手術にも立ち会ったとのこと。

IMG_2412.jpg
IMG_2411_20170624225357489.jpg

ただし、今回は半月板が完全に引っくり返っており、全く残す事が出来なかったとのこと。今後の関節炎リスクが高くなる。
退院は先生と俺のスケジュールの都合により、前回の術後より二日間繰り上げて14日(水)の夜20時頃となった。

診察室から出てしばらくすると、前回より麻酔の覚めない様子のブリが派手な星条旗柄の毛布に包まれて出てきた。
IMG_2413_20170609225410cf5.jpg

前回は興味のなさそうなレイチェルだったが、今回は興味津々で手術台の上のブリを見上げたりにおいを嗅いだりしていた。ブリはまだ体温が上がりきってないようで震えていた。



6月12日(月)
水曜に退院なのに、この日程で面会に行くのもどうなんだろう?と思わなくもなかったが、日大では入院中の面会(平日15時~17時)を積極的に推奨しているようなので、手術日を早めてもらった経緯もあり、とりあえず嫁一人で電車で面会に向かうことになった。(前回は、俺も休暇の最中だったので一緒に行けたのだが。)
IMG_2418_20170624225918666.jpg

前回の面会では、待合室にブリが連れて来られたのだったが、今回は入院室のケージの中のブリとご対面だったらしい。
ブリは初めのうちこそ喜んでいたものの、いつまで経ってもケージから出されない事に怒り始め、嫁とは目を合わせないようになってきたらしい。

IMG_2423.jpg

なので、嫁も手持無沙汰、ブリも嫁がいる限り伏せて休みそうになく体重を支える左脚がブルブルしてきたため、術前術後の血液検査のコピーだけもらって15分ほどで帰ることにしたらしい。
嫁の帰る気配を察したブリは、ケージに前肢をかけて後肢で立ち上がったりしていたらしい。。。

研修医の先生の話によると、昼間は大体寝ているようだが、夜は吠えたりもしているらしい。
食欲は全く落ちず、ケージ内でのトイレも順調との事だった。食欲とトイレに関しては、ブリはかなり優秀なので安心だ。
これがレイチェルなら、だいぶ皆様のお手を煩わせる事になると思われる。
ケージに貼ってあった紙によると、ブリの入院時の体重は13.7kg、この日の体重は13.2kgということだったらしい。



6月14日(水)
ブリ退院。前回とフードを変えてみたものの、やはり、今回もまただいぶ痩せていた。
前回、冷めた様子だったレイチェルが、ブリに会って大変喜んで遊ぼうのポーズをしていた。
IMG_2556_2017062423054518f.jpg

これまでの経過でプレートのずれやネジの緩みも無く順調。
抗生剤と痛み止めを処方、抗生剤は抜糸まで、痛み止めは1ヶ月間。1週間後の抜糸までは散歩は無し、外のトイレの場合も抱いて行って、トイレが終われば抱いて帰るという安静生活。
前回は、その時点で残っていた右後肢の前十字が、切断した骨の癒合前に断裂する事を警戒されたのか1ヶ月間は安静生活だったのだが、今回は抜糸後すぐに5分からの散歩という指示だった。1週間ごとに5分ずつ時間延長していくのは前回と同じ。
診察室を出る時に、嫁が出ようとすると置いて行かれると思ったのか、俺に抱っこされたままジタバタして前足で嫁の背中の肉を掴んでいた。

IMG_2565_20170614232826388.jpg

しっかり巻かれていたバンテージは外されていて、ガーゼとフィルムシートのようなもので傷は覆われていた。ブリはエリカラをあまり気にしないタイプなのだが、レイチェルにぶつけたりすると嫌なのでWiItaさんにお願いしてこの季節でも着られるようなつなぎを術後衣としてつくってもらったので、早速、着換えさせた。

IMG_2568.jpg

前回もそうだったが、帰宅後すぐに水をがぶ飲み。
前回同様、嫁がチェルブリ部屋で寝ることにしたが、この日の晩は3回も夜中に水をがぶ飲みし、トイレに行き、と熟睡できなかったらしく、翌朝ブツブツ愚痴っていた。



6月15日(木)
体重12.8kg。水をがぶ飲み。
入院前にトイレトレーは縁の低いシリコンタイプのものを注文しておいた。ブリはトイレシーツさえ敷けば場所やトレーの有無など気にしないが、レイチェルは家の中では決まった場所で慣れ親しんだプラスチック製のものでないとダメ。
薬も、ブリはごはんに放り込んでいれば大丈夫。喉の奥に突っ込むときでも、抵抗なく飲み込んでくれる。レイチェルだとあの手この手、喉の奥に突っ込んでも素直に飲みこまないので、全くブリはありがたい。まぁ、その辺りは嫁の担当なのだが。



6月16日(金)
嫁がつなぎの膝のあたりに染みがあるのに気づいて、傷口をみるとショウ液が浸み出てフィルムやガーゼが剥がれていたらしい。地元の病院に行ったものの、その時点ではさして浸み出ていなかったので特に処置無く帰宅。
IMG_2591.jpg

ショウ液は出さないと腫れも引かないので仕方ないらしいが、夜になってブリの寝ていた場所あちこちに薄い血の混じった染みがあって、やっぱり気になるので翌日また診てもらうことにした。



6月17日(土)
やっぱり結構ショウ液が浸み出してくるので、地元の病院で処置してもらう。
IMG_2592_20170624231256fb2.jpg
あまり水をがぶ飲みしなくなった。



6月18日(日)
結局、緩めに巻いてもらったバンテージが落ちてきたので、消毒して抗生剤の軟膏を塗ってガーゼとテープで処置した上から服を着せる。まだまだショウ液は浸み出してくる。寝る前にもう一度、今度はガーゼ2枚を当てる。ブリは傷口やバンテージなどもあまり気にしないので楽だ。



6月19日(月)
見た感じ、もうショウ液は浸み出していないようなので、当初の予定通りガーゼは剥がして直接服を着せる。
気になるのは、この時点でまだ右ひざ周辺が熱を持っているということ。左の時はどうだったか、思い出せない。もっと違う事(切断
部分の骨折など)に気を取られていたように思う。



6月22日(木)
13.3kg体重の戻りは前回より早い。ジウィピーク効果か?
服の上から傷をなめるようになったので、再度ガーゼを貼った。エリザベスカラーを着けていても首が長いので届いてしまうのだ。まだ右ひざ周辺は熱い。傷の状態から言って土曜の抜糸は厳しいのじゃないかと思う。時期的なものか?



6月23日(金)
右ひざ周辺の体温がだいぶ下がってきた。
夜、マッサージしてもらいに行った。前回同様、肩甲骨後あたりの筋肉が凝っていたらしい。
レイチェルは特に問題無し、というか、ブリの怪我以降、運動不足でむちむちブリが加速している。



6月24日(土)
地元の病院にて抜糸。神妙な顔のブリ。
IMG_20170624_095108.jpg
全部の抜糸は難しいんじゃないかと思っていたが、傷はくっついているようで、抜糸完了である。
IMG_2774_20170624231911daf.jpg

前回よりも傷の具合は良くないので、追加で1週間分の抗生剤が出た。まめに消毒、抗生剤の軟膏塗布(傷口が常に湿っているようにすること)、服の下にガーゼで保護。
この傷がきれいになるまでは、舐め防止で嫁がチェルブリ部屋で就寝継続。

抜糸で何となく一段落終えた感じがするな。
IMG_2589_201706242219375dc.jpg

明日から5分からの散歩開始であります。

category: ブリ・前十字靱帯断裂

tb: 0   cm: 0

△top

ブリジット無事退院 

 

本日夜、ブリ退院しました。

IMG_2558_201706142328256d9.jpg
久々の再会中。
レイチェルも興奮しておったな。

IMG_2568.jpg
IMG_2566_201706142328276bc.jpg
右側は毛を刈られ、腿はちょいと内出血。

IMG_2565_20170614232826388.jpg
細くなったが、入院日数が短いせいか前回よりは痩せてないな。でも抱っこしたら軽くなったのがわかる。


IMG_2561_2017061423334128c.jpg
インプラントのずれも無し。今のところ順調。

IMG_2563_20170614233342720.jpg
ついに両肢にボルトが入って、近未来犬みたいだ(笑)

IMG_2569_201706142333432ff.jpg

久々の我が家で落ち着くブリ。

取り急ぎご報告まで。

category: ブリ・前十字靱帯断裂

tb: 0   cm: 0

△top

ブリジット右後肢、無事手術終了。  

 

キャンセルで空きが出たとのことで、急遽、2週前倒しでブリジットの右脚手術を本日実施。

IMG_2413_20170609225410cf5.jpg

無事終了。今回も問題なく終わったようで、ホッとしている。

まだ麻酔が残ってて、ぼけ~っとしているブリ。ちょろっと出ててる舌が、それを物語っておる。
IMG_2414_201706092254113db.jpg

とりあえず、来週水曜まで入院。大丈夫そうだな。

詳しくはまた後日。

category: ブリ・前十字靱帯断裂

tb: 0   cm: 0

△top

ブリジット、今度は右後肢前十字靱帯完全断裂す。  

 

題名の通りである。

本日、ブリジットの右後肢の診察に、日大動物病院へ。
IMG_2324_20170605200405f55.jpg
ガタブルなブリ。鼻水が出ておる(笑)。

対照的なレイチェル。
IMG_2325_20170605200406713.jpg
ハイテンションという訳ではないが、ここで診察されたこと無いんでリラ~ックス。他のお客さんにも、普段は無い愛想を振りまく。


さて、診察の結果、やはり右後肢の前十字靱帯完全断裂でありました。
(ちなみに、前回の左後肢前十字靱帯完全断裂時の診断記事はこちら。
怪我の直後、ブリが右脚を上げた様子、嫁が膝をごく軽く曲げた時に脛骨の先端がかくっと出てきた事から、ほぼ確実に完全断裂だろうと予想はしていましたが。

今回の右後肢のレントゲン写真。
IMG_20170605_161028_2017060520371798b.jpg
膝関節の丸い骨の延長線上に、必ず脛骨の上部がのってくるのだが、明らかにずれている。

参考として、前回2016/10/27に左後肢を断裂した時の写真。今回の右後肢とおなじだね。
PA271101.jpg
この時の右脚は正常な状態である。

ちなみに、現在のブリの左脚は、
IMG_2326_20170605202423dd2.jpg
先生曰く、問題なく順調とのこと。よかったよかった。


両肢性の前十字靱帯の断裂に関しては診察の度に話が出ていたが(片方の靱帯が切れたら、もう片方が切れる確率は五分五分という話)、ブリの件に関してはアクシデント的な断裂であって欲しいと思っていた。
犬の膝は人間の膝と違い、常態として曲がっている為、前十字靱帯は常にテンションがかかった状態になっている。そもそもの靱帯の質が切れやすいものであった場合には、そのテンションに耐えきれずに部分断裂が進行しての完全断裂に至る事が多いそうだ。

ブリはこれまでに部分断裂から起こるという(多くは原因不明とされる事が多いらしい)3~6週間の跛行などは全くなかった。が、右も断裂したということは、ブリの膝の靱帯が細い、弱い、短い、固い、など、何がしかの切れやすい条件を持っていたという事だろう。
執刀した先生は、前十字靱帯断裂に関しても多数の症例を持っている方なのだが、ブリは年齢的にはかなり遅い断裂ということだった。切れ易い質の靱帯を持っている場合、多くはもっと若い年齢で切れるらしい。年齢的なものもあろうし、いつぞやは150cmのフェンスを飛び越えたこともあるブリは、何かというと飛び上がるのだが、それも靱帯には大きな負担だったのではないかと思う。

今日の診察で、もう、完全に靱帯は断裂しているので、絶対安静にしておく必要はなく、鎮痛剤で痛みを取ってでも右後肢を着いて歩かせた方が筋肉の落ちが遅いとのこと。本人が痛がらなければ、10~15分程度歩かせるのはOK。当然段差はNGである。

今後、他の部位の靱帯が切れる事は無いか?と先生に問うと、相当な衝撃(交通事故など)を受けるようなことが無ければ大丈夫だとの事である。また、右脚を着けなくなってから3本脚でバランスを取るようになったのだが、左脚飛節(人間で言うかかと)の外側に体重がかかっており、そのことで飛節を傷めることは無いのか?という問いにも、問題ないということだった。

ということで、今現在の先生のスケジュールの空きが一番早いところで、22日に入院、23日に手術ということに決定。ブリ、もう一頑張りだ。


帰りがてら、ちょいと久々の公園へ。
IMG_2328_20170605210112b00.jpg
ということで、ブリもちょっと歩きましょう。怪我してからは、外ではほぼ抱っこかカートで移動だったのでブリも嬉しそうだった。

レイチェルは、溜まってるんで、この動き。
IMG_2332.jpg
欽チャン走りかいなw (以下 i phoneで撮影)

最初は、「走らないのか!」とブリの方へ来ていたのだが、
IMG_2355_201706052101147d6.jpg
さすがに俺がブリを抱っこすると、
IMG_2357_20170605210115f0f.jpg
「あらそうなの」と諦めて、
IMG_2359_20170605210117080.jpg
一人でガンガン走る走る。
IMG_2362_20170605210702b98.jpg
いやぁ、テンションが高かったわ。


今回ブリが傷めた瞬間、前回と同じようなリアクションだったんで、すぐさま「やっちまった」と認識。相当ヘコみました。冷静にポジティブに次の事を考えておる嫁に対し、ネガティブ思考が頭を巡り、ネガティブな発言ばかりが口から飛び出す始末。いやぁ情けない限りでございます。
IMG_2378_2017060521070460d.jpg

よくよく考えてみると、あれしきの動きで靱帯を切ってしまうってことは、運動している限りはいつかは絶対切れると思われます。なんであそこで…とか、NPAのファイナルに出れなくなっちまった…とか…、ネガティブにそんな事を悔やんでいてもしょうがないとようやく悟った私。
というか、左肢という前例があるので、同じ事を繰り返して治していけば良いだけなのであります。
それに、どうせいつか切れて手術をするのなら、年齢的に早い方が手術のリスクも低いし、切断した骨の癒合も短期間で済むし、前回の治癒やリハビリの記憶も新しいしね。

IMG_2380.jpg
”I'll be back !!”

さ、もう一回頑張って、戻ってくるよ!!

category: ブリ・前十字靱帯断裂

tb: 0   cm: 8

△top

ブリジット、手術後6ヶ月検診。  

 

本日4/27、日大病院へ。
昨年11/4にTPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)法での手術をしてから約半年、ブリジットの5回目の検診である。

検診の前に、お約束のブリの本日の後ろ姿。左も随分筋肉が付いたにゃ。
IMG_2026_201704272218246f9.jpg
待ち時間に、ブリが入院中にお世話になった研修医の女の先生に再会。手術して入院した時を思い出したらしいブリ。
ビビってシッポを中に入れておった。入院した時も、傷心のせいで先生には懐かなかったようで。
この後、「帰るのだ!」と一目散に非常口のほうへダッシュしておったw

こちらは本日も喜び勇んで病院に入っていったレイチェル。自分は関係ないからね。
IMG_20170427_154416.jpg
ひとしきりテンションを上げた後、落ち着いてマッタリの図。
(ブリがビビっていた研修医の先生にも、代わりに愛想を振りまく余裕っぷりだった)

ビビるブリを預けて20分ぐらいかな。予想外に早く名前を呼ばれ診察室へ。

IMG_2027.jpg
IMG_2028_20170427221826bf5.jpg
今回は、歩き以外にもダッシュもさせて歩様を診たとの事。
レントゲンは問題なし。変形性関節炎の兆候も無く、至って順調とのこと。
コーシングも解禁、直線の短い距離から徐々に距離を伸ばして行ってくださいとのこと。
オーバルコースに関しては、前十字靱帯断裂後は断裂した肢の内旋運動が難しくなるので、右回りから始めてくださいと。

パフォーマンスが断裂前と同等のレベルまで回復する確率は50%ではありますが、と前置きして、それでも先生は、半年後の1年検診の時にいい結果が聞ける事を期待していますよ、とおっしゃった。
我々としては、ブリの年齢を考えるとパフォーマンスレベルは怪我前の80%まで戻れば良い方だろうが、今後もブリが楽しんでルアーを追う事が出来れば十分なのではないかと思う。
少なくとも、ブリのルアーに食いつきたい欲望はまだまだ衰えていないようなので。

この後、ちょいと遊ばせに。
IMG_2106_2017042722515463f.jpg
IMG_2035_20170427225151a82.jpg
絶好調のレイチェル。
IMG_2089_20170427225152619.jpg
IMG_2092.jpg
瞬間湯沸かし器のレイチェルに対し、ブリのスイッチはなかなか入らなかったが、

徐々にテンションが上がり、
IMG_2061_20170427230125850.jpg
IMG_2063_20170427230126f56.jpg
スマホじゃ写りはこんなもんです。
IMG_2104.jpg

楽しそうに駆けておったなぁ。

category: ブリ・前十字靱帯断裂

tb: 0   cm: 0

△top

ブリ、リハビリってる。 

 

日曜日の夕方、お馴染み稲城のわんわんフィットネス。

IMG_2005_20170426221139185.jpg

ブリをバランスボールに乗せて、

IMG_2008_201704262211407c6.jpg

右前肢を上げると、痛めた左後肢に体重が乗る。

IMG_2011_20170426221141e7b.jpg

対角の左前と右後を上げて、右前と左後に体重を乗せる。

といった事をさせ、筋肉と体幹を補強。

IMG_2013_20170426221144349.jpg

いつもの如く、20分程泳がせて終了。

ちなみに、うちにもバランスクッションが届いた。

IMG_1927_20170426230722229.jpg

上手に乗るもんだ。

IMG_1929_20170426230724597.jpg

ついでにレイチェルもね。

帰り、あんなに遅く中華を食べたのに、8時頃もう腹が減ってきた。
IMG_2017_20170426231015cba.jpg
ちょうど町田を通るので、二週間前にも行った、町田の最強ラーメンfes.へ。

IMG_20170423_201818.jpg
「餃子の安亭」ニンニクたっぷりの餃子。

IMG_20170423_201706.jpg
俺が頼んだ「旨辛ラーメン表裏」。ちょっとスープが温かったのと、麺の茹で具合が芯があって、俺にはイマイチだった。
スープの味は好きな味だったのだが。

IMG_2018_201704262310175cc.jpg
嫁は「肉玉そば おとど」。

ちなみに、「おとど」とはこんな漢字。
Taito_l.jpg

総画数が84画という最も複雑な和製漢字なんだって。

category: ブリ・前十字靱帯断裂

tb: 0   cm: 0

△top