fc2ブログ

ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」「ブリジット」「フィリッパ」「ハリエット」との暮らしを中心とした徒然日記

琵琶湖畔でくぅちゃんと踊るのでごじゃる。 

 

さて、R-cafeであります。

DSC_0740_20201110204827b84.jpg
ひっさびさやん。何年振りかいな。

は、8年ブリではないか!!

ってか、場所変わってたんやね。昔は道一本挟んでたんだけど、完全に琵琶湖のビーチ沿い。
DSC_0743_20201110205156c3d.jpg
テラスが広くなっている。店内もテラスも犬OKね。

待ち合わせていたikkoさん家とランチであります。
DSC_0741_20201110205253551.jpg
くぅちゃん、ひさしぶり!

DSC_0744_2020111020553740e.jpg
ハンバーガーのセットで腹いっぱいになりました。

浜に遊びに行こう。
DSC_0754_202011102057012fe.jpg
いい天気。湖からの風は冷たかったけど、日差しは強かったな。

DSC_0753_2020111020570357a.jpg
早速若いもん同士で。

IMG_6880 (2)
遊び始めたのだが、

IMG_6883 (2)
ピパがくぅちゃんを追っかけ始めると、

IMG_6884 (2)
珍しくレイチェル婆さんも反応して走り出した!

飼い主もビックリ!?(笑)
IMG_6890 (2)
初めて会った時も追っかけてたからなぁ。孫弟子とでも思っているのか?(笑)

IMG_6910 (2)
琵琶湖をバックに撮っておこう。

さて、この日も多分に漏れず、
MOV_0758_Moment(4).jpg
穴を掘りまくっていたおぴ~。

MOV_0758_Moment(6).jpg
くぅちゃんのアタック!
MOV_0758_Moment(7).jpg
廻るおぴ~!
MOV_0758_Moment(8).jpg
飛ぶくぅちゃん!

再びくるんくるん、
MOV_0758_Moment(12).jpg
おぴ~、踊っとるのか?

MOV_0758_Moment(9).jpg
おっと、こっちに駆けてきた!
MOV_0758_Moment(10).jpg

MOV_0758_Moment(13).jpg
しかし、おぴ~よ。間抜けな顔だwww
MOV_0758_Moment(14).jpg
踊りながら遊んでる二頭、
MOV_0758_Moment(16).jpg
楽しそうだったな。


動画で。


そこいら中に砂があるんで、たくさん掘ってたな。
MOV_0759_Moment.jpg
くぅちゃんは、水上バイクにくぎ付け?
MOV_0759_Moment(2).jpg
掘るだけ掘ったおぴ~は、
MOV_0759_Moment(3).jpg
掘った穴ぼこの中で休憩かよ!?www

も一回R-cafeでお茶して、16時ごろ解散であります。ありがとうございました。

それから沼津へ戻ったのだが、途中で眠くなって刈谷あたりで1時間半ぐらい仮眠しちまった。
なので、家に着いたのは23時頃だったな。ふぅ。

DSC_0762_20201110212031c39.jpg
帰宅していつものクッションで寛ぐチェルッパでありました。
今回の旅行記はおしまい。
スポンサーサイト



category: 2020秋・京滋など

tb: 0   cm: 0

△top

京都紫野 鮨長へ三たび宿泊す。 

 

11月2日は、「鮨長」さんにてお泊りであります。
go toキャンペーン利用でお得なのです。

DSC_0720_20201107175127cae.jpg
一旦チェックインした後、既報の通り、歩いて"Dari K(ダリケー)"へチョコを買いに行きました。

帰って夕食までマッタリ。
IMG_6843_20201107175131ad5.jpg
レイチェル、左前脚がおっさんみたいだな。

別室の座敷にて犬と一緒に食べられるようになったのだが、座卓でピパの口が届いてしまう高さだと、せっかくのお料理を落ち着いて味わえない。
ということで、チェルッパは車の中でお留守番させ、カウンターにてお楽しみの夕食タイムであります。
DSC_0711_2020110717574752e.jpg
写真はお食事のみのお客さんが帰った後ですな。

この時期と言えば、のあん肝も並んだ前菜から始まって、
IMG_6845_202011071757486b3.jpg
目玉はふぐ刺しじゃ♪ 日本酒は、雪紫(俳優の佐々木蔵之介さんの御実家のお酒ってことで飲んでみました)、土佐鶴、坤滴など。
sushicho2020_2.jpg
そしてすっぽん。すっぽんの生き血に赤ワインを混ぜてあるので飲みやすかったな。
sushicho2020.jpg
そして御鮨、美味しゅうございました♪

DSC_0712.jpg
サリちゃん登場。(ピンボケやん・・・)
DSC_0718_2020110718082934f.jpg
チェルッパも登場。
DSC_0710_2020110718082736d.jpg
そして夜が更けていくのでありました。。。

翌朝もお楽しみの朝食♪
IMG_6866_20201107180953c85.jpg
写真右手前はすっぽんの吸い物仕立て、と言うのかどうかわからんが、そんな風な感じ。すっぽんから出た出汁が美味かった!

IMG_6865.jpg
旨いもんで、炊き立ての御飯をモリモリ食っちまった(^^ゞ

今回も食事を堪能し鮨長を後に。また来ます!


この後、京都の土産物(全て食べ物(笑))を買いに。
DSC_0721_20201107181623032.jpg
御所近くの「松屋常盤」。

大学生の頃から京都に行けば「松風」を買って帰っている。もう30年か・・・
とは言え、こちら創業360年以上とのことなのでね、30年なんてあっという間(笑)。
IMG_6921_20201107181624161.jpg
美味いんだよなぁ。

お次は満月の阿舎利餅。
DSC_0722_20201107182000f35.jpg
いつも大丸や京都駅で買うので、本店に行くのは初めて。

朝から買いに行ったからなのか、ほのかに暖かいぞ!
IMG_6867_20201107182002205.jpg
美味いなぁ。

こちらは「眞菓 満月」。土日祝、本店と金閣寺店のみ販売だって。そりゃ買いますとも。
IMG_6919_20201107182001061.jpg
最上級白小豆のみを使用したコクのある漉餡を洋菓子風の生地で包み込んだ上品な洋菓子。美味♪

そして祇園のいづ重へ。
IMG_6917_20201107182528fea.jpg
鯖寿司はこの日の晩御飯。お稲荷さんは晩御飯と翌日の朝ごはんに。
IMG_6918_20201107182529956.jpg
お稲荷さんは苦手なのだが、ここの焼き九条ネギが入った「大人の稲荷」(写真下)は好きなのであります。

この後、既報の通り、三条通りから山科を抜け珍県境を越えた後、
待ち合わせまでちょいと時間があるので、大津市坂本にある日吉大社へ。
DSC_0733_2020110719191894d.jpg
全国の山王さんの総本宮であります。
DSC_0735_20201107191921443.jpg
うちの近くの日枝神社もここがルーツなのかしら。

DSC_0736_20201107191922a48.jpg
猿を神の使いである神猿(まさる)とするそうで、
DSC_0737_20201107191924850.jpg
神猿の絵画が奉納されている。

こちらにも神猿が!?
DSC_0738_2020110719192555f.jpg
境内のあちこちに様々な神猿さんがいるみたい。

DSC_0734.jpg
猿回しもやっとりました。

神猿舎もありまして、二匹のお猿さんがおりました。

IMG_6869_20201107191927de8.jpg
日吉大社を後にして、琵琶湖畔のR-cafeに向かいます。

次が最後だな。つづく。

category: 2020秋・京滋など

tb: 0   cm: 0

△top

雨の京都、伏見稲荷、錦市場。 

 

11月2日。京都に入る。雨だな。

伏見稲荷へ。
DSC_0647_2020110715562323a.jpg
犬飼ってからは初めてなんですわ。

DSC_0650_20201107160057685.jpg
伏見稲荷と言えば千本鳥居。
DSC_0651_20201107160059c5b.jpg
雨の中多くの人が、
DSC_0652_2020110716010052d.jpg
鳥居をくぐり、写真を撮っておりました。
DSC_0656_202011071601020c2.jpg
天気が良ければ、稲荷山まで登ってみたかったのだが、
IMG_6832_20201107160103035.jpg
この雨じゃぁね。次回リベンジしよう。

この後はお買い物タイム。錦通りのバーキングに車を止めてチェルッパはお留守番、大丸と錦市場へ。
DSC_0662_2020110716055816b.jpg
DSC_0658_2020110716055468f.jpg
鳥豊の合鴨ロースっすね。英語表記があるのがビックリ。
DSC_0659.jpg
津之喜酒舗。創業220年の老舗酒屋。
DSC_0661_20201107160557a9f.jpg
昔からよく買わせてもらってますが、マニアックなお酒が多いのよね。

お昼。犬OKのレストランが西京区にあるとのことで。
DSC_0663_20201107162149ba7.jpg
「メロディー」。

アメリカンな感じで、オールディーズが流れている店内。
DSC_0666_20201107162151ba3.jpg
今年で19年目、犬OKのレストランとしては最も古いと言っていた。
IMG_6836_2020110716215834f.jpg
嫁の頼んだ日替わりランチは、京のおばんざいが三品付いております♪
DSC_0667_2020110716215296b.jpg
俺の頼んだヒレカツ定食、美味かった♪ おばんざいついてなかったんだけど、
DSC_0668_20201107162154450.jpg
サービスしてもらったのだ。ラッキー♪

DSC_0670_20201107162157f87.jpg
わんこ飯もございます。チェルッパ、もりもり食っておりました。
DSC_0669.jpg

この後、鳴滝の三宝庵でちりめん山椒を買い、北白川のパラドッグスでフードを調達し、
雨だから、早めに鮨長にチェックインしよう。

つづく。。。

category: 2020秋・京滋など

tb: 0   cm: 0

△top

福井・永平寺まで足を伸ばすでごじゃる。 

 

永平寺に着いたのは2時過ぎ。
IMG_6814_20201107132417f4e.jpg
厳かな雰囲気であります。
IMG_6816_20201107132419b28.jpg
自動っすか!?
DSC_0599_20201107134406712.jpg

紅葉にはまだ早い時期ではあるが、
DSC_0605_202011071344074db.jpg
結構な人出でありました。
DSC_0606_20201107134408f16.jpg
入場口には自動で体温表示されるディスプレイが!? コロナ禍の中、進化しておるのぅ。
ていうか、意外とテクノロジー取り入れてんだなぁ…

境内図はこちら(クリックで拡大)。
DSC_0607_202011071349280c6.jpg
日本曹洞宗の大本山であります。

こちらは傘松閣(さんしょうかく)。
DSC_0608_2020110714050513c.jpg
昭和5年の二祖国師・孤雲懐奘650回忌を記念して建築。道元禅師と永平寺の名は、永平寺最初の山号「傘松峰」に由来。222畳敷きの大広間(でかい!!)があり、天井画は小室翠雲らの尽力により、荒木十畝、伊東深水、鴨下晁湖、川合玉堂、島田墨仙、野田九浦、益田玉城、水上泰生、山田敬中、山本昇雲など計144名の画家によって描かれた(ウィキペディアより)。
IMG_6817_20201107140506c75.jpg
ずっと上見てたら首が疲れました(笑)。

IMG_6819_20201107140800355.jpg
IMG_6820_202011071408020f9.jpg
DSC_0618_202011071408054ec.jpg
大庫院の前にある大きなすりこぎ棒。触ると料理が上達すると言われているそうだ。よーく触っておきましょう。

こちらは法堂。本堂のことですな。
DSC_0619_20201107141514c0a.jpg
DSC_0621_20201107141517506.jpg
こういった大正ロマン風?な照明も良い雰囲気を醸し出している。

法堂から西の回廊を進むと、永平寺でもっとも神聖な場所と言われる「承陽殿(じょうようでん)」へ。
DSC_0624_20201107141518b09.jpg
道元禅師の御真廟(ごしんびょう)、つまりお墓にあたるものであります。

山門の両側に祀られている、
IMG_6823_20201107141520efa.jpg
仏教の守護神である四天王。
IMG_6824_20201107141521958.jpg

ちょっと紅葉も見られたな。
IMG_6826_202011071415236ac.jpg
DSC_0630_20201107141524e5d.jpg
他に「瑠璃聖宝閣」という宝物殿もあったのだが、この中では写真NG。

チェルッパは車でお留守番だったけど、なかなか見どころが多かった永平寺でありました。


この後、北陸の小京都と呼ばれる越前大野へ。
DSC_0635_2020110714295774d.jpg
名水百選の御清水へ。
DSC_0636_20201107142959a21.jpg
たくさん飲んどきなさい。

越前大野城の城下町、七間朝市通りの朝市が有名なのだが、時間が時間なんでね。
DSC_0641_20201107143003ed5.jpg
通り沿いに発見。「南部酒造場」。「花垣」を購入。
DSC_0640_20201107143002bb6.jpg
創醸百年。平成13年に酒蔵五棟が文化財として登録されたそうだ。
DSC_0639_202011071430007a2.jpg
そしてこちらの仕込みに日本酒を使う「貴醸酒仕込み」。紹興酒のような香り。7年物を購入であります。

朝倉氏の本拠一乗谷や、北陸本線の旧道トンネルとかも行きたかったのだが時間切れ。また今度。

近江に戻って、
DSC_0642_20201107144452443.jpg
「麵屋びわお」へ。

DSC_0645_20201107144455e52.jpg
嫁は三元豚チャーシューメン(塩)。
DSC_0644_20201107144453839.jpg
俺は三元豚チャーシューメン(醤油)。本日は麺の連チャンだったな。

この後、守山天然温泉ほたるの湯でひとっプロ浴びる。
お値段まぁまぁ御高めなんだけど、マンガがたくさんあったり、テレビ付きの個別ソファで寛げる場所があったり、なかなかいい施設だったな。
そして道の駅アグリの郷栗東で本日は力尽きましたzzz

つづく。

category: 2020秋・京滋など

tb: 0   cm: 0

△top

長浜・小谷城、土倉鉱山跡そして賤ヶ岳。 

 

11月1日。北陸道の神田PAで目覚めた我々。
昨日、道の駅潮見坂で買った三ケ日みかんとどら焼き、道の駅とよはしで買ったいちぢくで朝食とした。このいちぢくが、相当美味かった。

さて、この日は、ハイキングDAYであります。

戦国時代・浅井氏の居城だった小谷城へ。日本五大山城の一つで、小谷山(標高約495m)から南の尾根筋に築かれ、浅井長政とお市の方との悲劇の舞台として語られる城なのである。
IMG_6782_20201106233646720.jpg
大河ドラマ「江」の放映記念で建てられた兜をバックに。デカい!?

ここから、中腹の番屋跡まで車で行って楽しようと思っていたのだが、週末につき車は進入禁止。
麓に置いてシャトルバスで登るようなのだが、犬連れだからなぁ。

ということで、
DSC_0532_202011062336488ba.jpg
小谷城戦国歴史資料館側の登山口より徒歩で登ることにしよう。

こちらが登山口。
DSC_0505_20201106233649c54.jpg
獣害防止用の扉を開けて、

登山道をえっちらおっちら、
DSC_0507_2020110623502940d.jpg
12分程登ると「間柄峠址」へ。
DSC_0509_20201106235030f76.jpg
この辺から傾斜がきつくなってきた。
IMG_6778_20201106235032791.jpg
「ふぅ・・・」

さらに12分程登ると分かれ道が。
DSC_0528_202011062359340d0.jpg
もっと右側に城址に通ずる車道があるので、ここは右の階段だなと俺は登って行ったのだが、
レイチェルは、

「こっちだよ」

と左側の道を歩いていく。
きっと階段を登りたくないので、平坦な道の方に進んでるのだろう。

「レイチェルこっちだよ」と、右の階段の方へ誘導する。
しかしここで階段はキツイ。はぁはぁ言いながら登ってくと・・・
DSC_0510_202011062359364fa.jpg
「金吾丸跡!?」
そして、ここから下りの階段が続いて左側の道と再合流である。。。
レイチェルが正解だったわ。。。すまんのう。。。

休みなく弾丸で登ってたのでえらくキツかったのだが、所々景色の良い場所が。
DSC_0515_20201107001025733.jpg
疲れが飛びますな。眼下には虎御前山(標高約230m)。ってことは、結構登ったのね。

そして本丸跡に到着。登り始めて37分。お疲れさま。
DSC_0521_2020110700102784b.jpg
途中、休憩した場所に、嫁がすーぱーアイフォーンを置き忘れたことが発覚。慌てて急ぎ足で戻る。
そしたら、我々の後ろの登山者の方が拾ってくれたようで、下山中にその方から無事受け取ることができた。助かりましたわ。
その勢いのままダッシュで下山したので、帰りは20分強で御帰還である。
結局往復1時間、弾丸ハイキングでありました。


お次は、土倉鉱山跡。「滋賀のラピュタ」とも。
DSC_0547_20201107002422b78.jpg
銅鉱石が採掘され、1965年に閉山した鉱山であります。ここは車をおいて300m程歩くだけ。
DSC_0549_202011070029234bc.jpg
朽ち果てた選鉱場跡が山の斜面に残っており、
IMG_6784_2020110700242578e.jpg
人工物の間からはススキや雑草等が生い茂っている。
IMG_6786_20201107002426f62.jpg
「天空の城ラピュタ」のようなので「滋賀のラピュタ」と呼ばれているらしい。
IMG_6788_20201107002428427.jpg
廃墟好きにはたまらないのだろうけど、危ないので中は立ち入り禁止っすよ。


お昼は、既報の通り近江ちゃんぽんを食べた後、賤ヶ岳に向かいます。

1時間ほど歩いて登る手もあったのだが、犬OKのリフトがあるってことで、楽してみました。
IMG_6795_20201107003656107.jpg
伊豆高原・大室山以来のリフト。あの時はペアリフトだったのだが、今回はソロリフト。
IMG_6799_2020110700365734b.jpg
嫁に抱っこされたレイチェルは2度目にして慣れたもんです。昔はゴンドラに乗るのも苦手だったのにな。
DSC_0558_2020110700365936c.jpg
ピパは時折「キュー」と心細い声を出しておった。レイチェルが隣にいないからかねぇ。

リフトを降りて、頂上までちょいと歩きます。
DSC_0560_20201107004228e63.jpg
眼下には琵琶湖が。
IMG_6800_20201107004228381.jpg
七本槍古戦場賤ヶ岳。1583年羽柴秀吉と柴田勝家が戦った場所であり、これに勝利した秀吉が亡き織田信長が築き上げた権力と体制を継承するのであります。敗れた勝家は越前・北ノ庄城へ退却。北ノ庄城の戦いに敗れた勝家は、妻であるお市の方と共に自害したのであります。

こちらは賤ヶ岳の北側にある余呉湖をバックに。
DSC_0572_202011070050537f2.jpg

山頂には結構な人がおりまして、
DSC_0578_20201107005052eba.jpg
お昼時なんで、シートを敷いておにぎりや弁当を食べている人が多かったのね。

槍を持って休息している兵の像が。
DSC_0574_20201107005503a3e.jpg
賤ヶ岳の戦いにて、秀吉の配下で功名をあげた7名が後世に賤ヶ岳の七本槍と呼ばれております。
DSC_0577_20201107005504215.jpg

帰りは登山道を歩いて下ります。
DSC_0583_202011070055054b6.jpg
途中の2カ所、リフトが通る場所を登山道は交差します。
DSC_0588_202011070055071e9.jpg
ピパ、犬連れの方をじーっと見ておりました(笑)
DSC_0590_2020110700550849d.jpg
下りは下りで、太ももの前の部分とか結構疲れるんよねぇ。

思いの外、ここまでの行程が早い時間に終了してしまったので、お次は足をのばして永平寺に行きますか。

つづく。。。

category: 2020秋・京滋など

tb: 0   cm: 0

△top

道の駅とよはし、岩屋観音そして武蔵丸。 

 

ということで、甘いものを求めに豊橋方面へ。

向かったのは道の駅とよはしである。
DSC_0474_2020110523125767f.jpg
高校の吹奏楽部が演奏会をやっていたせいもあるが、とにかく人が多かった。
昨年7月開業の新しい道の駅で、地元のこだわりの食材を使った飲食店や特産品を扱うショップが入居する「Tomate(トマッテ)」と旬の農産物を取り揃える「あぐりパーク食彩村」を核に豊橋の食と農業の魅力を発信しているんだって(HPより)。

ジェラートを食べたくなってね、付近のジェラートショップをググったらこの場所が出てきたのさ。図らずも、道の駅ハシゴになってしまった(笑)。
DSC_0470_20201105232031e3e.jpg
「GERATO SANTA」

DSC_0471_20201105232033585.jpg
嫁は柿とHANABI(2種のクリームチーズをベースにほおずきをブレンドしたもの)。柿は嫁も他の人たちにも好評だったようだ。
DSC_0473.jpg
俺は当然チョコレートとPaese mio(酒粕マスカルポーネとピスタチオ)。美味しゅうございました♪

そして道の駅で奥様方はお買い物。

さて車の中でお留守番していた犬達を歩かせに、豊橋市内の岩屋緑地へ。
DSC_0476_202011052333270f9.jpg
頂上まで20分強ぐらいかな、ずんずん上って展望台に到着。
DSC_0479_2020110523372848f.jpg
こういう所は好きなんで、喜んで登って行ったレイチェル。
DSC_0481_2020110523372904c.jpg
景色を眺めているのか、レイル&アニュー。
DSC_0478_2020110523372717e.jpg
三河湾まで見渡せて、気持ちの良い景色でありました。

さて、岩屋観音という観音様が建立されているそうだ。
DSC_0484_20201105234026a14.jpg
天平2年(730)、行基がこの地に赴いたとき、その風景に見せられて千手観音像を刻んで岩窟に安置したのが起源とのこと。現在のものは昭和25年(1950)に再建されたものであります。

観音様は岩山の上に立たれております。
DSC_0482_20201105234450f04.jpg
登るでごじゃる。
DSC_0485_20201105234451349.jpg
レイル、レイチェル、御付きのフィリッパ。
DSC_0483_20201105234454c1a.jpg
女性陣と俺がえっちらおっちら。
DSC_0494_20201105234456795.jpg
岩山を登るでごじゃる。
DSC_0488_202011052344538c4.jpg
下の神社から2~3分、ゴツゴツしているが、足場の岩はぐらつかないので登り易い。
DSC_0491_20201105234843305.jpg
観音様の下に到着。

IMG_6757_20201105234846648.jpg
そして降りる!
IMG_6756_20201105234845039.jpg
降りる方がややスペクタクル?ウィペッツも楽しそうでありました。

さて汗もかいたことだし、
豊川市の天然温泉本宮の湯でひとっプロ浴びて、腹減ったな。
地元ならではの所に行こうと、
DSC_0501_20201105235450268.jpg
「武蔵丸 豊川本店」地元の人気店らしいぞ。何てったって、60分待ちましたわ(笑)

DSC_0499_20201105235453a04.jpg
スゴイ卵焼きだな!?

寿司の写真はありませんが、旨くてコスパよし!養殖の魚に力を入れている店のようだったが、近年の養殖技術のすばらしさに感動すら覚えました。10年くらい前に食べた近大マグロなんて、う、うーーーーん…って感じだったもん(笑)。
DSC_0500.jpg
矢継ぎ早に皿が重ねられていく。
本日は鰻に寿司、モリモリ食べましたな。

ということで、ここで解散。一日よく遊びました。
我々は、滋賀方面へ向かう。つづく。

category: 2020秋・京滋など

tb: 0   cm: 0

△top

浜名湖・うなぎ加茂、長坂養蜂場、そして白須賀海岸。 

 

先週末から近畿方面へ。
10/30の晩に出発。浜名湖SAで力尽き、この時の記事は翌朝の写真であります。

朝から向かったのは、三ケ日IC近くのうなぎの名店、
DSC_0437_20201104231740894.jpg
「うなぎ 加茂」。

人気店故に早くから並ぶ必要があり、朝9時に一旦開いて名前を書けばOK、というネット情報より、朝一番で行ったのさ。
待ち合わせたルークレイル家とアニュー家と合流、一番乗りでありました。

開店の11時までまだ時間があるので、
DSC_0443_20201104232252465.jpg
車で数分の長坂養蜂場へ。なかなかの人気店らしく、朝から結構な人出でありました。

中庭には養蜂箱があり、ミツバチがウヨウヨしているのをガラスで仕切られた店内から眺めることができる。
DSC_0445_20201104232253c15.jpg
中には入って来ないから大丈夫なのだが、中庭の外に逃げやしないのだろうかね。

お土産を物色した後、お隣の(浜名湖レークプラザのスペースなのかな?)芝生広場でちょいとお散歩。
DSC_0450_2020110423303647a.jpg
DSC_0449_202011042330377d2.jpg
DSC_0451_20201104233039391.jpg
なかなかこっちを向いてくれないチェス&トイ(笑)

朝からポカポカ陽気の中、
DSC_0460_202011042330423b9.jpg
思い思いにもじょもじょしておったレイチェルと、
DSC_0456_2020110423304022c.jpg
何のニオイを付けたいのか、背中をすりすりしていたフィリッパでありました。

11時にうなぎ加茂へ。
DSC_0464_20201104233708253.jpg
嫁は「長焼きごはん」、俺はうな重特上(鰻一匹半)。
DSC_0463_20201104233707849.jpg
一匹半で4800円はコスパ良いんじゃないかね。
タレはちょいと甘めの関西風。美味しゅうございました♪

食後はちょいと動きましょう。白須賀海岸へ。
DSC_0465_20201104234044269.jpg
雲一つない晴天、空も海も青々していたな。
DSC_0467_20201104234046c5e.jpg
陽の光が眩しいね。
IMG_2187_20201104234047ef7.jpg

IMG_2145_20201104234436387.jpg
IMG_2176_20201104234816964.jpg
IMG_2228_202011042348170af.jpg
IMG_2195_20201104234813d81.jpg

IMG_2179_20201104234437484.jpg
やはりチェス&トイはこっち向いてくれんっ(笑)
IMG_2180_202011042344389fb.jpg

レイルとチェルッパ、レディーゴーで走らせる。
IMG_6753_.jpg
IMG_2165_20201104234549be7.jpg
IMG_2171_20201104234551c30.jpg

小一時間ぐらい遊んでたっけ。
IMG_2226_202011042350066f6.jpg
ルーク・チェス・トイ、惑星直列で休むの図。

あらピパも寝るんかい?
IMG_2231_202011042354034a5.jpg
砂浜にまるっきり横になって、寛ぎすぎじゃね?

この後、すぐ傍の道の駅潮見坂で地場野菜やお土産屋を物色。
さて、甘いもんが食いたくなったぞ。

つづく。。。

category: 2020秋・京滋など

tb: 0   cm: 0

△top

もてなす君と珍県境。 

 

山科の旧東海道を走っていると、、、

2020110319092621c.jpg
何だ?軒先に吊るしてある紫の風船は?

顔がある!?なす🍆?
20201103190928816.jpg
調べてみると、山科三条商店会のゆるキャラ「もてなす君」らしい。「京山科なす」がモチーフらしい。かわいい(笑)

さらに進むと謎の看板が…
2020110319092220c.jpg
県境らしいのだが、意味がわからんばーい。
左は京都市、大津市は両側?
下にある番地の表示は大津市追分町なのだが、どういうことだ?

分かれ道にある看板。
20201103190925836.jpg
右に行くと京都。石碑にもそう書いてある。
しかしレイチェルが立つ右側は大津市、フィリッパが立つ左側は京都市。不思議や。
20201103190924ef4.jpg
この辺りの住宅地は、県境が入り組んで引かれているようだ。

不思議やなぁ。

category: 2020秋・京滋など

tb: 0   cm: 2

△top

今日の京は雨模様。 

 

というか、全国的に雨なのですが。

京都の紫竹にあるチョコレートショップ、
20201102171621eb8.jpg
"Dari K(ダリケー)"へ。チョコ好きの俺のリクエスト。

インドネシア産の最高級カカオ豆を使ったフレッシュなチョコレートを作っているお店。
202011021716248b3.jpg
ほうじ茶トリュフは店頭限定とな🎵即購入。

2020110217162649c.jpg
まだまだハロウィンの余韻が。

2020110217162332b.jpg
ソラアオというチーズケーキのお店とコラボした、チョコチーズケーキとな。購入決定🎵

202011021716296cd.jpg
せっかくだし商店街をお散歩。

202011021716310ef.jpg
「雨でごじゃるよ…」

本日は休養日ですな。

category: 2020秋・京滋など

tb: 0   cm: 0

△top

近江ちゃんぽんを食べてみた。 

 

滋賀にもちゃんぽんがあるらしい。近江ちゃんぽんってやつ。

長浜にある、
20201101191553af8.jpg
ちゃんぽん亭総本家高月店へ行ってみた。

ちゃんぽん亭総本家は、この辺のチェーン店らしい。
20201101191610f13.jpg
かつおと昆布の和風ダシ、和風ちゃんぽんとな。
野菜は炒めないで入れてるので、油分が少ないみたい。

20201101191642539.jpg
今は牡蠣のトッピングがあるらしいので迷わずトッピング。嫁は大好きなキクラゲもトッピングしていた。
202011011916323db.jpg
こりゃあ、ちゃんぽんというよりもタンメンだ!
これはこれで旨いと思う!

麺はレギュラーと太麺の二種類。ん?
20201101191658963.jpg
麺の変わりに.味玉!?

マジかー!?

category: 2020秋・京滋など

tb: 0   cm: 2

△top