fc2ブログ

ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」「ブリジット」「フィリッパ」「ハリエット」との暮らしを中心とした徒然日記

再び喜多方朝ラー~会津若松・鶴ヶ城 

 

5月5日朝。

再び喜多方で朝ラー。
DSC_1801.jpg
「ラーメンうめ八(うめや)」

しょうゆねぎラーメンと塩ネギラーメン。
DSC_1800_20210618205205b95.jpg
美味いですね♪ しょうゆも塩も甲乙つけがたし!

食後、道の駅ばんだいへ。
IMG_0359 (2)
小さめのドッグランがあったので放牧。
IMG_0358 (2)
よく遊ぶピパハリ。
IMG_0361 (2)
おもちゃの奪い合い。その間、レイチェルは匂いを嗅いで廻って、「レイチェル参上」とマーキングしてまわっておりました。

道の駅に寄ったのは、山菜を買う為だったのだが、
思った程置いてなかったので、お次は、道の駅あいづへ。

こちらの方が、山菜の種類は豊富でしたね。わらび、タラの芽、うど、行者ニンニク等々、あれこれ買いこみましたよ。
IMG_0369 (2)
そして旨そうなできたてお弁当がたくさん売っていたのでランチにと購入。


さて、折角会津若松に来たのだし、ということで鶴ヶ城へ向かう。
喜多方行くときに通るんですが。中々寄る機会がなくてね。

DSC_1803.jpg
さすがに天守閣には入れませんが、場内は散歩できます。ん?

鶴ヶ城のキャラクター?
DSC_1804.jpg
お城ボくんです(笑)

一瞬雨がパラパラ来たんですが、すぐに止んで場内を散策できました。
DSC_1808_20210618225639cf4.jpg
桜の季節にはキレイだろうなぁ。
DSC_1809.jpg
さすがにこの芝生には入れません。
IMG_0364 (2)
天守閣をバックに。
IMG_0365 (2)
難攻不落の名城。幕末の戊辰戦争では新政府軍の猛攻に耐えました。
DSC_1812.jpg
が、明治政府の命令により取り壊され、今の天守閣は昭和40年に再建されたそうです。

会津観光のラストに寄ったのが、
DSC_1815.jpg
「会津ブランド館」

ここでしか店舗販売していない(Amazonでは売ってるんだけどね)、喜多方パーフェクトラーメンセットを買い求めに。麺スープ、更に具材までが冷蔵でセットになっています(お土産で渡した方々から、大層美味しかったとの報告有り)。
DSC_1816_20210618225647be1.jpg
他にも色んな会津の美味しい&カワイイお土産がありましたとさ。まぁ、当然、あれこれ買いこみましたよ。

ということで帰路へ。

レイチェル帝国の版図は沖縄以外行ってるので変更なし。レイチェル帝国の版図改訂版(車中泊込みの宿泊した県)も2019年秋以降変更なし。残りは沖縄と北海道の旧留萌支庁。
フィリッパ王国の版図も、2020年3月より変化なし。

今回お初のハリエット共和国版図(クリックで拡大;2021/6/18現在)。要はハリ江が訪れた県のことね。
20210505h.jpg
全国版は初登場。東北に領土を拡大であります。

東北の太平洋側は、またの機会でございます。
青森の寿司食いてぇなぁ~
スポンサーサイト



category: 2021GW・東北栃木

tb: 0   cm: 0

△top

大潟村~鶴岡・六十里越・七つ滝へ。 

 

5月4日の朝、大潟村。

IMG_5526.jpg
レイチェル、懐かしい場所でもじょもじょ。

IMG_5511_202106172355318ef.jpg
菜の花がちらほら咲いている。

IMG_5561_20210617235533341.jpg
楽しそうに駆けてったピパハリ。

IMG_5563_20210617235535d2f.jpg
特にハリ江は出番ナシで運動不足だったからな。

潟の湯近くの菜の花畑。
IMG_0336 (2)
毎年めちゃめちゃ咲いている。せっかくだしね。

大潟村を後にして南下。帰りも庄内方面に降りる。

お昼、酒田の「みなと市場」。
minato.jpg
小松鮪専門店で中トロ丼を♪

この後、月山方面へ行くと六十里越街道と言う古道がある。
DSC_1791.jpg
出羽国の内陸部と庄内を結ぶ唯一の街道で、1200年の古代から開かれたと伝えられています。

ガッツリ二泊三日で歩けるコースや周遊で歩けるコースなどあるのだが、
この日は、七つ滝公園に車を止めて付近を軽く歩いてみた。

公園と言うよりは狭い広場と言う感じの場所なのだが、そこから滝が一望できます。
IMG_0352 (2)
落差90m、三段からなる滝。
IMG_0350 (2)
日本の滝百選の一つであります。

天狗の相撲場と呼ばれる場所へ、
IMG_0342 (2)
サクサク登るレイチェル。
IMG_0344 (2)
まぁすぐに展望が良い場所に着くのですが、
DSC_1786_202106180036041a5.jpg
遠くにダム湖が見えます。

元の場所に戻って、六十里越街道らしき道をちょっと歩く。
DSC_1793.jpg
道々に、まだちょっと残雪があったんだよねぇ。やはり東北なんだね。

所々に落ちていた木の枝を奪い合って遊ぶピパハリ。無邪気なもんだ。
IMG_0347 (2)
駐車場に戻るのが大変になるんで、20分ほど歩いたら戻る。
IMG_0349 (2)
時間があったらちゃんとしたコースを歩いてみたいもんだ。

さらに南下。途中、上山にあるコストコによってお買い物。どんだけコストコ好きなじゃ(笑)

今回は米沢をスルーして再び喜多方へ着いたのは6時を回っていたか。

この時間になるとラーメン屋難民になる。
daiki.jpg
ようやく、大喜というラーメン屋を発見。

腹を満たした後、お馴染み「道の駅 喜多の郷」で力尽きる。

今日はここまで。

category: 2021GW・東北栃木

tb: 0   cm: 0

△top

鶴岡のファリナモーレと酒田の土門拳記念館へ。 

 

水族館を後にして、湯野浜の海岸へ。

前日は、イマイチ動きたがらなかったレイチェルですが、この日は朝の道の駅から活発に動きたがるようになってきたので、我々もほっとしていました。
IMG_0300 (2)
ちょいと風が強くて、砂浜好きのレイチェルも興奮したのか、珍しく自分から走ったりしていました。
DSC_1711_20210613213610477.jpg
その後、急に寄せてきた波で、海に背を向けて立っていた嫁は膝下びっしょり、レイチェルも腰から後ろが濡れちまいました(笑)

DSC_1705_20210613213612fca.jpg
ガウガウやっていたピパハリ。
IMG_0299 (2)
その様子を行司の如くじーっと眺めるレイチェルだったとさ(笑)

お昼。
鶴岡と言えばアル・ケッチャーノのイタリアンなんですが、さすがに予約もしてないし、
ということで、「つるおか食文化市場 FOODEVER」内にある姉妹店のパスタ&ドルチェ、
DSC_1713_20210613214148090.jpg
「ファリナモーレ」へ。

コロナ禍で休業中でしたが、
DSC_1714_20210613214149a8c.jpg
この時は期間限定でオープンしていたのでありました。

バーニャカウダ付きのパスタランチをば。
IMG_0301 (2)
庄内山菜と庄内豚ベーコンのペペロンチーノ。
IMG_0304 (2)
真鯛のローストと山菜添えのプッタネスカ。
IMG_0303 (2)
大変美味しゅうございました♪ 今度はアル・ケッチャーノにも行ってみたいね。


午後は雨模様だし、チェルピパハリは休養日ってことで、車でお留守番ね。
鶴岡の水族館の掲示を見た嫁がシャガール展と土門拳記念館に行きたいと言うのだが、時間的にどちらか、ってことで
酒田の土門拳記念館へ行ってみよう。
DSC_1728_2021061322300525f.jpg
酒田出身の写真家土門拳、その全作品7万点が酒田市に寄贈され記念館が造られました。

特別展「亀倉勇策と土門拳」
DSC_1724_20210613223526dd1.jpg
亀倉雄策は、64年の東京オリンピック公式ポスター、大阪万博のポスター等々を手掛け、日本のデザイン界に大きな足跡を残したグラフィックデザイナーであります。
今見ても、全然古くない気がします。

IMG_0305 (2)
まだ無名であった20代の頃から、生涯にわたり交流が続いた二人にスポットを当てた特別展でありました。

こちらは通常展示。土門拳の『風貌』より。
IMG_0308 (2)
土門拳が撮りたい人の肖像写真の中から、手掛けた写真集であります。写真に添えられた土門拳の文章が面白くて、ひとつひとつ読み込んでしまいました。
IMG_0306 (2)
で、後日、ネットで探して購入してしまいました。

こちらは『筑豊のこどもたち』から。
DSC_1720_20210613223531627.jpg
日本におけるリアリズム写真の代表的な写真集であります。

記念館の前には湖があり、
IMG_0310 (2)
その名も「拳湖」。草野心平、書。
DSC_1727_20210613223006564.jpg
湖畔の桜がキレイでありました。
IMG_0309 (2)
天気が良かったらなぁ。

土門拳記念館、非常に見ごたえがあってすごく良い施設でありました。記念館の売店で、嫁は『三人三様』を買いました。
また、別の企画があると思うので、改めて行ってみたいと思いました。

つづく。。

category: 2021GW・東北栃木

tb: 0   cm: 0

△top

鶴岡・加茂水族館の海月姫と海豹。 

 

朝、道の駅「庄内みかわ」。
DSC_1615_2021061200172389a.jpg

チェルピパハリを散歩させる。
DSC_1614.jpg
今回の記事、チェルピパハリの写真はこれだけ(笑)。

鶴岡と言えば琴平荘のラーメンなのだが、さすがに4連チャンだし、相当並ぶし…
ということで、クラゲで有名な加茂水族館に行こう。朝から開いてるし。
DSC_1701_202106120020483c6.jpg

密にならないように入場制限をしてました。
DSC_1617.jpg

まずはフツーのお魚たちから。
DSC_1622_20210612002207f47.jpg
DSC_1625_2021061200220996c.jpg
ライトアップされてきれいだね。

そして、クラゲたちの展示へ。
DSC_1626.jpg

入館者数が低迷していた頃、
DSC_1632_20210612002415fd6.jpg

サンゴの水槽で偶然クラゲが発生したのを機に、
DSC_1641.jpg

クラゲに特化した展示を進めていき、入場者数が右肩上がりになったそうです。
DSC_1662_202106120024190d0.jpg

せっかくクラゲの品種名が書いてあるので。
DSC_1656_20210612084437693.jpg
ブラックシーネットル。

長さ6mとは長い!
DSC_1655_2021061208443627a.jpg
そして傘径1m!?巨大!!

DSC_1658_2021061208444041a.jpg
サムクラゲ。

DSC_1657.jpg
EZ DO DANCE!!

DSC_1660_20210612084443393.jpg
コティロリーザツベルクラータ。舌を噛みそうな名前だ。

DSC_1659_202106120844428ac.jpg
英語ではFlyed egg jelly(目玉焼きクラゲ)。

直径5メートルの水槽「クラゲドリームシアター」
DSC_1670.jpg

この中に浮遊するのは約1万匹のミズクラゲ。
DSC_1671.jpg

ピアノなんかあったりして、音楽イベントなどが行われるらしい。
DSC_1672_202106120905132c9.jpg
(現在はコロナ禍につき、当面の間は開催を見合わせ)

そして、アシカが飼育されているゾーンへ。
MOV_1678_Moment.jpg
水槽から上がり腹ばいで「すぃ~」。
MOV_1678_Moment(2).jpg
自由自在に動いていてとてもかわいい。

普段は「ひれあし広場」でアザラシやアシカのショーが行われるそうなのだが、
コロナ禍で開催を見合わせていた。残念。

DSC_1687.jpg
そしてアザラシプールへ。

DSC_1675_202106120913194e4.jpg
逆さまで泳ぐゴマフアザラシ。カワイイ。

MOV_1697_Moment.jpg
水の中でガウガウ遊ぶアザラシたち。あんたたちもそんな事するんだねぇ。

DSC_1692.jpg
こちらが加茂アザラシーずの家系図。すごいねぇ。

さらに屋上に登ると…
DSC_1698_202106120913278d1.jpg
こ、恋人の聖地っすか(笑)。

クラゲアイス(チョコ味)ってのを食す。
DSC_1700_202106120913258d6.jpg
コリコリしたツブが入っていたが、それがクラゲなんだろね。

水族館って久し振りに行ったような気がする。
前回はと言うと…蓼科アミューズメント水族館だったな。。。

つづく。。

category: 2021GW・東北栃木

tb: 0   cm: 0

△top

喜多方・裏磐梯・鶴岡、ラーメン三連チャン。 

 

まだアップ出来てなかったゴールデンウィークの話を、ぼちぼちと。

1日。喜多方の朝ラーは「香福」。昨年9月に2度フラれて、久し振りにようやく辿り着けた。
DSC_1568_202106112218426ea.jpg
朝の七時半から頂きます♪
IMG_0262 (2)
コシのある太縮れ麺にあっさりだがコクがあるプースー、ジューシーなチャーシューも相まって、朝から美味しゅうございました♪


さて、朝から腹も膨らんだので、腹ごなしに歩くのだ。裏磐梯方面へ車を走らせ、
DSC_1569.jpg
小野川不動滝の入り口へやって来た。

ここから滝まで遊歩道を歩きましょう。
DSC_1570.jpg
途中からちょっと登って、
DSC_1571.jpg
再び平坦な遊歩道。
DSC_1574_20210611223726d35.jpg

15分もかからずに滝に到着。
DSC_1576.jpg
DSC_1577_202106112242525fe.jpg
朝からすがすがしいのぉ。

DSC_1581_20210611224253b2b.jpg
近くまで行ってみると、虹が!
IMG_0269 (2)
マイナスイオンを浴びときましたわ。
IMG_0266 (2)

ここから歩いて来た道を戻り、小野川湖畔探勝路へ向かう。(看板が…)
DSC_1602_20210611224532ad4.jpg
裏磐梯は色んなハイキングコースがあっていいんだよね。

DSC_1596_2021061122453439d.jpg
だ~れも居ないハイキングコース。ついぞ誰とも出会わなかった。

DSC_1597.jpg
こんな丸太橋もずんずん…

IMG_0277_Moment.jpg
レイチェルはおっかなびっくりで進む…

湖に沿って歩いているようなのだが、距離が離れているようなので一向に湖が見えない。
IMG_0273 (2)
えっちらおっちら歩くこと1時間弱、

ようやく湖が見える場所に。
IMG_0284 (2)
周遊路ではなく行きっぱなしの道なので、ここいらで戻ろう。戻って2時間くらいになる計算だ。

帰り道、最後の丸太橋を渡り切る直前、レイチェルも我々も慣れてきたところで、レイチェルが右後肢を踏み外し、滑り落ちそうになった。なんとか踏ん張って歩き始めたところ、右後肢がおかしい。膝がだらりと伸びた感じで甲の方を地面に付いて引きずるように歩いたのだ。
いわゆるナックリングだ。
すぐにチェックしてみたが、どこも特別痛い所はなさそうだったので肉球を地面に着かせて歩かせてみた。やはりおかしい。
もう一度あちこち触ってみるも、特にどうということもなさそうだったので、再び歩かせてみたところ、今度はちゃんと歩いた。
駐車場までもうすぐの所だったので、そのまま様子を見ながら歩いたが、少し違和感がある程度の素振りで、速歩もするので今後の予定についての結論は先延ばしにして、この日の午後は車の乗り降り等も抱っこにしてなるべく安静を心がけて過ごさせるようにした。
レイチェル自身も無駄に動かないようにしているように見えた。


お昼は、昨年夏にも行った桧原湖畔の、
DSC_1604_2021061123205707d.jpg
「奥裏磐梯らぁめんや」

人気店ですわ。今回は並んだのは前回の半分ですが45分くらい。
DSC_1605.jpg
会津山塩チャーシューメン。会津名産の山塩は温泉から作られ、普通の海水から作るお塩とは風味が異なるのであります。
DSC_1607_20210611232059a8f.jpg
もちもちの縮れ中太麺、いやぁ~美味し!!

お昼を満足したところで北上する。
いつもの121号で喜多方から米沢まで快走路を抜ける。
121号は米沢から喜多方、会津若松、日光宇都宮を通って益子まで抜ける国道。
喜多方⇔米沢間を移動するのによく使う道なんだけど、おや、今回の旅で遊んだ場所ばかりではないか。

途中、山形市の百目鬼温泉というところでひとっ風呂浴びる。
名前が特徴的なこの温泉、名の由来は諸説あるが、昔から水田が多い場所で水泥棒を百の目(住民)が見張っていることから、とか。
DSC_1609_20210611232100fdf.jpg
この温泉、名前も個性的ですが、強塩泉で刺激が強いので「1回の入浴は3分まで」と注意書きが。お湯も個性的でありました。

山形から月山道路を越え鶴岡へ至る。
DSC_1611_20210611232101fa4.jpg
夜はおなじみ「花鳥風月」。鶴岡店は初めてであります。

本日三食目。
DSC_1612.jpg

看板メニューの『花鳥風月』(鶴岡店は塩メニューが無いのが残念だったが)名物のワンタンをはじめ、具材全部乗っかってます。鉄板ですな!!

category: 2021GW・東北栃木

tb: 0   cm: 0

△top

益子・森のレストランと城内坂へ。 

 

「絆」をチェックアウトした我々が、益子でリン子さんと待ち合わせて向かったのは、
「益子焼窯元よこやま」という益子焼の陶芸体験やカフェレストランがあるエリア。

カフェや益子焼ギャラリーがある場所から離れ、ずんずん歩いていくと、
DSC_1524_20210512234833708.jpg
なんだか、のどかな景色になっていき、
DSC_1525_20210512234834cbc.jpg
辿り着いたのは「森のレストラン」。
DSC_1532.jpg
森の中にひっそりと佇む一軒家の隠れ家的なレストランですかね。

イヌOKのテラスで寛ぎながら、季節の前菜プレートが付いたランチを頂く。
morino.jpg
肉を食いたい夫婦、俺はハンバーグランチ、嫁はローストポーク丼。美味しゅうございました。
益子焼窯元よこやまのカップで楽しむ森のドリンクバー付き。

食後は駐車場に戻りがてら、
DSC_1534_2021051300063303b.jpg
益子焼のお店を見たりして。
DSC_1533.jpg
真反対向いてるレイチェルとピパハリ。

あ、パン工房の森パンでパンを買ったな。翌々日食べても美味かったっす♪


さて、食後は益子焼のお店が集まる城内坂エリアへ。

こちらは古くからある共販センター付近。駐車場エリアには、思いの外、色々な出店があった。
DSC_1536_20210513001748c7f.jpg
IMG_0251_20210513001842ff4.jpg
我々西の人間にとってたぬきと言えば信楽焼なのだが、東日本の人は益子焼なんだそうだ。

城内坂の通り沿いには色々と益子焼のお店があるもんで、女性陣は見て回るのでありますが、
DSC_1540_20210513002001824.jpg
私は、チェルピパハリを連れて店の外で座って待っておりますので、
当然、スイーツを食したりしていたのであります。
DSC_1539.jpg
「とちおとめミルク」美味しかったなぁ♪♪
イチゴが名産の場所って、人が集まるよね。栃木最高(笑)。

お店の方にもチェルピパハリ、可愛がられておりました。
DSC_1542.jpg
「珍しいねぇ~、益子には居ないわよ」って。
いや、ほんの数年前までサリーちゃんがいたからさぁ。

ひとしきり益子焼を見た後は、リン子家の犬達に遊んでもらいましょう。
DSC_1552_2021051300253385c.jpg
レイチェルとオーディン、美白のためにライト当ててみました(嘘)。

ぎゃろっぷの会場にはいたものの、セト、メル、オーディン、ヴァルドルとはほぼ初対面のハリ江。
MOV_1555_Moment.jpg
内弁慶らしく、神妙な顔つきですな。

当然チョビとも初対面。
MOV_1557_Moment.jpg
すごく興味津々でしたな(笑)

まぁ、なんやらかんやら慣れてきたようで、
MOV_1560_Moment(4).jpg
MOV_1560_Moment.jpg
馴染んでおったハリ江でありました。

おぴ~はというと、
MOV_1559_Moment.jpg
年の近いヴァルドルと遊ぶかなと思ってたが、

この日は、
MOV_1554_Moment.jpg
おでん。
MOV_1559_Moment(2).jpg
もとい、オーディンと絡む場面が多かったな♪
MOV_1559_Moment(3).jpg
MOV_1559_Moment(5).jpg
「おでんしゃん!」

そしてセトと遊んでもらう。
MOV_1560_Moment(2).jpg
セトももう12歳近いんだっけ。早いなあ。ブリと遊んでた頃が懐かしい。
MOV_1561_Moment.jpg
ということで、楽しめたかな。

夜は、御主人も合流して宇都宮のむつ五郎へ。うちの犬達は車でお留守番ね。
goro_202105130040072ee.jpg
俺はノンアルでカンパイ…。

お目当ての串揚げが5月からだったのが残念無念でごじゃる!
でも、他の料理も美味かったよ!
嫁は鳳凰美田が1合600円というのに感激して注文していた。くぅ~…

category: 2021GW・東北栃木

tb: 0   cm: 0

△top

鬼怒川温泉のお宿・「絆」へ。 

 

予定通り、15時前に鬼怒川温泉「絆」に到着。
DSC_1522_20210512004309622.jpg
翌朝撮影。

この日は天気悪かったんよね。
DSC_1475_20210511230709dd3.jpg
なので、早めにチェックインであります。
DSC_1505.jpg

お部屋は125室「白梅」。
DSC_1474_20210511230711643.jpg
露天風呂がある家族風呂と、温泉成分のわんこ用温水遊び場に入ろうと思ったら、屋根がないのね。
この日は結構な雨だったので翌朝入ろうと思ったのだが、15時~19時の予約制で朝は入れないんです。むむぅ。

わんこ用にウェルカムプレゼント!
DSC_1473_20210511231748379.jpg
3頭分ありがとうございます。右にある「栗まん」は人間の御茶菓子です(笑)

さっそく寛ぐチェルピパハリ。寛ぎ用に車中から輪っかを持って来ました。
DSC_1491.jpg
やっぱ畳の部屋はいいね。犬達は輪っかに入ってるけど(笑)。

夕食まで時間があるので屋内ドッグランへ。外は雨だしね。

カーペットが敷いてあり広さは約100畳、十分広くて走り回れるドッグラン。全景撮っときゃよかったな。
MOV_1480_Moment.jpg
昔は宴会場だったと思われ、

ステージがありました。昔はカラオケセットが置いてあったに違いない。
DSC_1483_202105112323391f2.jpg
この日の宿泊は3組だけ。貸し切り状態で遊ぶことができた。
心配になって中居さんに聞いてみると、5/1以降は結構予約があるようだった。昭和の日は飛び石休みだったしね。


さて、お待ちかねの夕食タイム! かなり満足な夕食でございました♪
部屋食ではなく、別室の食事部屋にて。この日は我々だけだったが、個室ではありません。
DSC_1493.jpg
食前酒の果実酒でカンパイ♪

まずは先付。翡翠豆豆腐、土筆、タラの芽、桜人参。「翡翠豆豆腐」はグリンピースを使い宝石の翡翠に見立てたもの。
IMG_0207_20210511233523e94.jpg
クレソンのお浸し、手長海老、牛肉八幡巻、ホタルイカ、花びらゆり根、焼きタケノコ煮。

お刺身;本マグロ、カンパチ、ホタテ、天使海老、生湯葉。
IMG_0214_20210511234441565.jpg
御椀物;桜海老澄まし仕立て、蓮麩、かぎわらび、桜花。

温物;桜鯛道明寺蒸し、桜麩、桜の葉、しめじ、ミニアスパラ。
DSC_1495_20210511234803a0c.jpg
焼物;鰆の菜種焼き、菜の花、花ミョウガ、夢ポーク味噌漬け

IMG_0216_20210511235439f34.jpg
栃木のお酒を頂く。何の銘柄か忘れた💦

DSC_1496.jpg
皆さん、やっと落ち着いたね。

栃木和牛ヒレ肉の陶板焼き。
DSC_1500_20210511235228107.jpg

IMG_0223_20210511235228e51.jpg
いちごシャーベットでお口直し。

天ぷらは、タラバガニ、こごみ、ふきのとう。
IMG_0224_20210511235832c5c.jpg

そして山菜ごはんと赤だし。
IMG_0230_20210511235833747.jpg

みなさん寝てますけど…
IMG_0218_20210511235834a3b.jpg

デザートの時間ですよ!!
IMG_0231_20210512000118100.jpg
ニンゲンは、スカイベリー、リンゴのコンポート、わらび餅。

そしてレイチェルの14歳の誕生日を祝して!
IMG_0225_20210512000121193.jpg
お誕生日ケーキはサービスで頂きました!
レイチェルはこういうタイプのケーキどうかな…と思ったけど、美味しかったらしくしっかり召し上がっておられた。
ピパハリは言うまでもない。

IMG_0229_202105120001220d9.jpg
みんなで記念撮影♪


部屋に戻って。お布団が敷いてありましたが、犬と一緒に就寝OKであります。
IMG_0232_202105120006068e0.jpg
レイチェル「余は満足じゃ」

MOV_1502_Moment.jpg
ピパハリも修学旅行状態。

ハリエットも初めての宿でのお泊り。満足そうに寝ておったな。
DSC_1507.jpg
宿のすぐ隣にコンビニがあって、買い出しもできるのは便利でありました。


翌朝。
IMG_0233_20210512002814c33.jpg
豪華な朝食であります。

DSC_1511.jpg
当然のように御飯も美味しゅうございました。美味しいお粥も付いておりました。

IMG_0235_20210512002817898.jpg
食後のコーヒーとデザート。

DSC_1512.jpg
「ピパのは無いでごじゃるか?」

天気がすごくよかったので、
DSC_1521_2021051200430663f.jpg
MOV_1517_Moment.jpg
屋外ドッグラン(人工芝)で放牧させたり、

kizuna.jpg
中庭をちょいとお散歩したり。
IMG_0237 (2)
昨日の雨が嘘のように気持ちのいい朝であります。

内風呂で、きれいになりましょう。
IMG_0240.jpg
レイチェル、14歳お初のお風呂。

チェルピパハリ、まとめて洗いました。嫁が。
IMG_0247_20210512003130fc7.jpg
内風呂は温泉ではないのが残念。
事前に、ルークレイル家からその情報は得ていたので、ロハスマルシェでもらった板室温泉の素を持って来て入れました。

チェックアウト時に、レイチェルのお誕生日カードを頂きました! A4サイズよりは一回り大きいな。
DSC_1870_202105120001202a6.jpg
お誕生日ケーキとチェルピパハリと隠れる俺(笑)
こういうのはすごく嬉しい!!

昨年の10月にグランドオープンした「絆」。経営者が変わりましたが、昔のお宿をリノベーションした清潔感のある良いお宿でした。
犬連れ宿らしく、部屋や館内至る所に犬用グッズが置いてあったのがすごく便利でしたね。

category: 2021GW・東北栃木

tb: 0   cm: 2

△top

象の家と大谷資料館へ。 

 

4月29日、レイチェル14歳の誕生日。
向かうは鬼怒川温泉「絆」!
イヌリンピック桜花祭で当たった宿泊券で、レイチェル14歳の誕生日祝いに行ってきました。

まずは前日の夜遅く出発、鮎沢PAで力尽きる。翌朝、向かった先は、
DSC_1439_20210510205534c84.jpg
久々の足利ココファームでワインを調達。
DSC_1442.jpg
この日は天気が悪うございましたね。

それでも買い物の後、雨が止んだ隙に車待機のチェルピパハリをちょいとお散歩。
IMG_0163 (2)
山藤がキレイだったので、写真をば。

北上して、本日のランチは宇都宮で。
DSC_1447.jpg
「象の家」

タイ料理のお店であります。以前に行こうとしたんだけど、その時は入れなかったお店。宇都宮在住のグルメな知人に教えていただいたお店なので期待が高まります。
DSC_1443_20210510205815d95.jpg
パッタイ好きの我々、お二人様より承りますという「パッタイコース」をば。

DSC_1446.jpg
シェフおまかせ本日のサラダ。生春巻き♪美味美味♪
IMG_0167 (2)
人参が白鳥?の形に切っていてカワイイ。

IMG_0169 (2)
トムヤンクン。久々に食べたけど旨いねぇ。

IMG_0168 (2)
シェフおまかせ本日のサイドディッシュ。鰆のサラダ仕立てチリソース。食べかけを慌てて撮ったから(汗💦

IMG_0170 (2)
そしてパッタイ。普通はニラが入っているのだが小松菜だった。これはこれで美味♪

IMG_0171 (2)
デザートも付けて。カボチャとココナッツのお汁粉。

本場の味そのまま、と言うわけではなく、捜索隊料理、もとい、創作タイ料理って感じのお店。
でもアレンジの仕方が絶妙で、どのお料理も大変美味しゅうございました♪

さて、ここは宇都宮市の大谷。大谷と言えば大谷石であります。
DSC_1448.jpg
規則的に石が切り取られております。

天気も悪いし、犬達は車に留守番。
DSC_1450.jpg
せっかくなので犬連れNGの大谷資料館へ行ってみよう。

DSC_1452_20210510224353728.jpg
地下採掘場跡へ降りる。

DSC_1453_20210510224354624.jpg
巨大空間が現れる!!すごい!!

わっ!びっくりした・・・
DSC_1455.jpg
蝋人形ですか。

DSC_1457_20210510225014f99.jpg
DSC_1456_202105102250161f0.jpg
幻想的な巨大空間が広がる。
DSC_1459.jpg
IMG_0173 (2)

こ、これは!
DSC_1461_20210510225019607.jpg
假屋崎省吾先生の作品が!

ここでは色んな撮影を行った実績があるそうだ。
DSC_1464_202105102253517e8.jpg
そりゃ、異世界のような空間だもんなあ。

DSC_1467_20210510225352555.jpg
ドンペリニヨンも昔ここでイベントをやったそうだ。

年間を通じて気温は一定。本日は7℃。
DSC_1466.jpg
なので野菜やワインなどの貯蔵庫としても重宝されているようだ。

舞台のような場所もあった。何かの撮影に使ったのだろうか。20代カップルの男子の方が、なんだかポーズをつけて写真を撮っていたので、50歳の我々も真似してチャレンジしてみる。
IMG_0180 (2)
舞台の上で躍動する?嫁。

コンテンポラリーか何かを踊ろうとしているのだろうかw
IMG_0179 (2)
否。ジャンプして空中で止まる写真を撮ろうとしたのだが、滞空時間が短い上に、暗いのでシャッターのタイミングが合わなかっただけ。。

外に出ると、こういうおしゃれなお店もある。カフェと大谷石のグッズ等々の販売、ここで大谷石の鍋敷きを買いました。
DSC_1472_20210510230100c19.jpg
というか、周りは若いカップルだらけ!!!
我々が一番年寄りじゃないのか!?というぐらいね。。。
帰り際にようやく、年配の方々をお見かけしたが。
あとは小さな子供連れが多かったね。

チェルピパハリよ、おまたせ。ちょいと散歩すっか。
IMG_0186 (2)
登れそうな岩があるので、上で記念写真。

IMG_0190 (2)
四輪駆動はひょいひょい登って降りてくなぁ。
IMG_0195 (2)
14歳になられたばかりのレイチェルさんも元気に登り降りしておりました。

この後、鬼怒川温泉に向かう。つづく。

category: 2021GW・東北栃木

tb: 0   cm: 0

△top