fc2ブログ

ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」「ブリジット」「フィリッパ」「ハリエット」との暮らしを中心とした徒然日記

曾爾高原は映えスポットのようで。 

 

つづき。

奈良公園を出た我々は一旦南下、天理市の道の駅・なら歴史芸術文化村に立ち寄った後、

桜井市の長谷寺へ。
DSC_6634.jpg
紅葉の名所でもあり、牡丹をはじめ一年を通じてさまざまな花が咲き誇る「花の御寺」と呼ばれている。

昔は境内は犬OKだったらしいが、今はNGなのでチェルピパハリは車でお留守番。

DSC_6635.jpg
DSC_6636.jpg
緩やかな階段を登っていくと、

程無く宗宝蔵へ。長谷寺の数々の宝物があり、春と秋に限り観覧可能、無料で拝観できるのであります。
DSC_6638.jpg
(館内写真はNG)

そこからさらに緩やかな階段を登り、途中左に折れて歩いていくと、
IMG_7897_20221123102832068.jpg
『源氏物語』にある玉鬘の巻のエピソード中に登場する「二本(ふたもと)の杉」がある。

源氏物語は1000年以上前の作品だから、樹齢も少なくとも1000年以上ってことです。
DSC_6639.jpg
樹木って凄いわ…ん?

DSC_6639 (2)
カタツムリがひっついておりました🐌(笑)

こちらが国宝である御本堂への道。
DSC_6641.jpg
7回消失しており、現存のものは8代目。

DSC_6642.jpg
境内を歩き、

IMG_7902_20221123103944531.jpg
五重塔を眺める。戦後のもので、日本で初めて建てられた五重塔だって。

IMG_7903.jpg
紅葉と本堂の遠景。紅葉の色付きはまだまだだったが。

初瀬川を挟んだ与喜山の中腹に素盞雄神社には、
DSC_6648.jpg
玉鬘の大銀杏と呼ばれる、奈良県最大の大銀杏がキレイでした。

そして今回最後に立ち寄ったのが、
DSC_6649.jpg
ススキで有名な曽爾高原。

到着は15時半過ぎ。こんな山の中にもかかわらず駐車場は有料で、平日なのに結構多くの車が!
DSC_6664.jpg
遊歩道を散策したのですが、

人が多い!しかも若者、カップルが!!
IMG_7908_20221123113808282.jpg
映えスポットだからか!?たくさんの若者が写真撮ってたな。

結婚式に使うのか、そういう写真撮影をしていたカップルもいた。
DSC_6662.jpg
女性は寒そうだったわ。

DSC_6658.jpg
せっかくだから、ピパハリよ。盛大にガウっとけ!

日が落ちてきても、ドンドン人が増えている。
IMG_7915_20221123113809c5e.jpg
暗くなったら、遊歩道に設置してある灯篭群にLEDの灯りがともるそうだ。若者が映え写真撮るんだろな。

人が少ない登山道の方へ行ってみよう。
IMG_7917_20221123114818a1e.jpg

道から少しそれると見晴らしの良い場所が。
DSC_6669_20221123114826e7d.jpg
お亀池とすすき野が見渡せた。

山の方を見ると急斜面が。写真じゃわかりづらいけど、かなりの傾斜です。
IMG_7919_2022112311482071f.jpg
駆け登っていくピパハリ。

IMG_7924_20221123114821cba.jpg
ものすごい勢いで駆け下ってきた。

IMG_7928.jpg
そしてまた駆け登る、若いのう。

IMG_7935_20221123114825c3d.jpg
レイチェルもちょっとだけ登って来てくれた。

ということで、若者たちはガス抜きできたな。レイチェルもいい散歩になったろ。
DSC_6670.jpg
車に戻ると駐車場に入る車で渋滞していた。恐るべし。

帰りは名阪国道から東名阪道へ。
DSC_6671.jpg
御在所SAでとんてきを食らう。

家に帰り着いたのは10時前だっけな。
もっとゆっくり旅をしたいぞ!
スポンサーサイト



category: 2022秋・関西×2

tb: 0   cm: 0

△top

久々の奈良へ。ハリ坊、鹿に威嚇される。 

 

KLCCの翌日11/14は休みを取っていたので、奈良経由でのんびり帰る。西名阪道・香芝SAにて目覚め、斑鳩町の三室山と竜田公園に行ってみた。

が、三室山は工事中で登れず。。。
DSC_6616.jpg
仕方がないので句碑の前で。
ここは、百人一首をはじめ多くの和歌に詠まれていることでも知られるそうだ。
山と言っても標高は82mだが、古来から神の鎮座する山とされているそうだ。眺望が良いらしいのだが、残念。

ということで、すぐ傍の竜田公園へ。
IMG_7858_20221120225620775.jpg
竜田川沿いにある県立公園。竜田川も百人一首(下記の句)に登場する、古からの紅葉の名所であります。

ちはやぶる神世も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

映画にもなったマンガ『ちはやふる』の名の由来はこの句だそうです。
(競技かるたでは「ちはやふる」は「ちはやぶる」と「ふ」を濁音にして発音するとな)

で、公園を歩くのだが、
IMG_7875_20221120225624673.jpg
まだまだ紅葉は見頃では無かったようだ。

IMG_7864 (2)
折角なんでガウガウして遊んでおこう。

IMG_7865 (2)
3~40分程は散歩したかな。

さて、ハリエットは初めての奈良県。フィリッパも一昨年の春の小豆島岡山旅行の行き掛けに、前述の香芝SAで休憩しただけ。ということで、奈良市内へ行ってみる。

ならまちを歩き、
DSC_6618.jpg

猿沢池の前で。
IMG_7882 (2)

興福寺境内に入り、
DSC_6627.jpg

五重塔バックに。
IMG_7886 (2)
730年に藤原氏によって創建された国宝ですぞ。

そして奈良公園であります。レイチェルは12年ブリ!

DSC_6621.jpg

いました、いました。
DSC_6622.jpg
奈良公園の鹿たちが。

勇ましいレイチェルばあさん。
DSC_6624.jpg
前回は興奮して遊ぼうとしていたのだが、そん時はまだ3歳前だったからね。
今回も、一応、柵の側まで突っ込んで行って、頭を下げて尻を持ち上げるポーズをしてましたよw

何やら、鹿たちが作戦会議をしている様子。
IMG_7880_20221120233325e80.jpg
「あのばばぁおっかないなぁ。」「シマシマのほうがいいんじゃない?」

という会話がされていたとか、されてないとか…(笑)
IMG_7879_2022112023332709a.jpg
ハリ坊に威嚇してきた!!

ちょっと離れたところから、ダダッ!と柵まで走って来てこの表情!
ハリ坊が一番下っ端ってわかるのね(笑)
この時一番跳び下がったのはピパで、ハリはワンワン吠えながら1歩後ろに下がってた。負け犬のなんとやらであろうかw


ちょっと歩いていくと、観光客たちが鹿に鹿せんべいを与えていた。
しばらく眺めていたが、おもむろに立ち上がってそっちの方へ行こうとするハリ坊。
IMG_7891 (2)
「ハリにもちょうだい!!」

IMG_7892 (2)
「くだしゃい!!!」

行ったら鹿せんべいもらえたかもな。フォルムが鹿みたいだから(笑)。


この後、犬達を車にお留守番させてならまちでランチ。
月曜日は、休みのお店が多かった!!

DSC_6631.jpg
「8nosu スパイスカレーと蜂蜜の店」

薬膳スープカレーのお店であります。
IMG_7893.jpg
薬膳チキンカレーと薬膳角煮スープカレーを注文。
DSC_6633.jpg
スープを選んで(オリジナル、ココナッツ、エビ、ヨーグルト)、辛さを選んで、ライスの量を選ぶシステム。
オリジナルのスープでしっかり辛い5辛(大辛)を選択。

IMG_7894_20221120234127d3f.jpg
ラッシーとマサラチャイも注文。

スパイスが効いて美味しゅうございました♪

つづく。。。

category: 2022秋・関西×2

tb: 0   cm: 0

△top

里山歩きで心と体をリフレッシュ! 

 

先週末はKLCCのファイナルに参加ってことで関西方面へ行ってました。

11日の晩に出発、道の駅月見の里で車泊して、翌朝…
DSC_6520.jpg
大也君お久しぶり! 去年の夏以来だね~

DSC_6535.jpg
若者たちは遊んでおりました。

1112_202211180034237d0.jpg
大也ママ特製のモーニングを頂く♪焼き立てパンですよ!!あざーっす!

DSC_6538.jpg
ウィペッツもオヤツタイム♪

さて、ちょいと遊ばせに。
DSC_6543.jpg
いしづ里山公園というところを歩いてみよう。

駐車場からいきなり急傾斜、その後はだらだらとした登り坂が続く。俺は意外とキツイ。
IMG_7809 (2)
どんどん進む若者たち。行ったり来たりで走りつつ。
IMG_7808 (2)

ペペーペちゃんはのんびりね♪
DSC_6547.jpg
DSC_6548.jpg
ハイ、やっと3合目だよ。4合目の展望台まであと240mとな。

そして展望台に到着。ゆっくり登って30分強。
DSC_6550.jpg
「眼下に広がる濃尾平野、雄大に流れる木曽三川、更には日本アルプスの峰々が一望できる大パノラマはきっとあなたの心と体をリフレッシュ!!」とな。

私の心と体、リフレッシュできましたよ♪

IMG_7817 (2)
思いっきり俺写っとるしw

明日もある事だし、頂上までは登りません(笑)
DSC_6554.jpg
で、帰りはサクサクっと降りるレイチェルでありました。

お昼は久々の「八代(やっちろ)」で刺身定食をば♪
yattiro.jpg
美味しゅうございました♪ またここで飲みたいね♪


再びお家で。
DSC_6559.jpg
そんなことするピパにあげるものはありません!

DSC_6531.jpg
ピパよりもハリ江に御執心だった大也君。

ヤラセ気味に、ハリ江を隣に座らせてみる。
DSC_6561.jpg
偉そうに大也君の背中に手を乗せちゃってw

そして一緒に寝る。
DSC_6563.jpg
微妙に隙間は空いてますけどね。

DSC_6536.jpg
ということで、大也ママお世話になりました!!

この後は久々に名神経由で西へ向かう。
腹減った。折角だから岐阜タンメンってのを食べてみようと、大垣店へ。
tanmen.jpg
野菜増量と味玉付き、3辛で。
あっさりしたスープは好み、細麺ストレートの見た目は博多っぽいけど歯ざわりが違うな。ニンニクガッツリ入れました。
ちょっとデフォルトの具が少ないかなぁ…野菜増しでもタンメンとしては物足りないくらい。
嫁は、更に、テーブルに置いてあった酢もやし?みたいなのを足していた。酸っぱくはなかったらしい。

この後、八日市あたりまで下道でのんびり行って、お馴染み社PAで車泊でありました。

翌日はKLCCです。つづく~

category: 2022秋・関西×2

tb: 0   cm: 0

△top

秋の播州路、播州ラーメン「西脇大橋ラーメン」と広畑こんぶ店。 

 

29日のつづき。

生野銀山の後は、その周辺にある銀山湖や黒川ダムなど、歩けそうな場所に行くのも考えていたのだが、
結構この日は歩いているので、翌日のことも考えて南下しよう。

道の駅「銀の馬車道 神河」へ。
DSC_6374.jpg
ちょっとお土産物屋を見た後、シエスタ…Zzz。

イイ感じに休憩ができた。今晩は、播州ラーメンにしよう。
前回来た時に、中国道・社PAの播州ラーメンが旨くて、今度は巷のお店に食べに行ってみたいと思ったので、播州ラーメン発祥の西脇市へ。
で、播州ラーメンならここ!ということで…、
DSC_6375.jpg
「西脇大橋ラーメン」

播州ラーメンのルーツは播州織。
DSC_6377.jpg
集団就職でやってきた女子工員達の口に合わせて、工夫を重ねるうちに現在の甘口スープにたどり着いたという。

メニューはシンプル。ラーメンとライスのみ。
DSC_6376.jpg
お持ち帰りもありました。

シンプルな感じだが、あっさりとした甘めのスープがちぢれ麺ともやしによ~く合ってます♪
IMG_7638_2022110321373748d.jpg
このスープがクセになるんだよね♪

この日は道の駅「とうじょう」で車中泊。
ファミマが併設されている便利な道の駅でありました。この辺り、ファミマ多いんだよね。

で、翌朝も播州ラーメン(笑)
朝やっているところはないんですが、前回同様中国道・社PA下りの「ラーメン処やしろ」へ。
DSC_6378.jpg
こっちのほうが大橋さんより甘みがやや強い。PAのラーメンにしては旨いと思うのですがね。スープの好みかな。
この後お土産物屋で、播州ラーメンのカップ麺買って帰りました。

さて、この後はKLCCのプロツアーに参加したのですが、それは次回にして。

KLCCの帰り、行きたかった店があったので立ち寄りました。
DSC_6398.jpg
「広畑こんぶ店」

これも社PAだったっけな、おやつ昆布を買って食ったら旨かったんですよ。
どこで作ってるのかと袋を見てみたら、このお店の名前が書いてあったのでね。通販もしてないし買いに来ました(笑)。

色んな種類がありましたが、たくさん買ったら、おやつ昆布の小袋をサービスしてくれました。
IMG_7648.jpg
特に「マイフレンド」ってやつが旨くて、会社に持ってって速攻無くなりましたw。

再来週、また買いに行きます(笑)。

category: 2022秋・関西×2

tb: 0   cm: 0

△top

チェルピパハリ、丹波から生野銀山へ。 

 

さて、お昼は丹波市に入り、ランチに向かったのは、

DSC_6339.jpg
”LOCASSE TAMBA (ロカッセタンバ)”

敷地の中には、コンテナハウスのような建物に、
DSC_6335.jpg
”LOCASSE BURGER FACTORY”というバーガーショップと、

DSC_6337.jpg
「ヤマネベーカリー」というパン屋がございます。

オープンカフェでして、
DSC_6340.jpg
たくさん席があります。この日は暖かかったね。

DSC_6342.jpg
抱っこをせがむハリ坊であります。

DSC_6343.jpg
嫁はランチプレート、俺はホットチリバーガー
DSC_6344.jpg

そして、
DSC_6345.jpg
ガーリック枝豆。もちろん丹波黒豆枝豆♪旨い♪

お店の前にはブルーベリー畑がありました。
DSC_6338.jpg
食後軽く付近を歩いてみました。

夏なら水遊びできそうなきれいな川が。
IMG_7622_2022110317345656b.jpg
のどかですなぁ~

丹波と言えば丹波哲郎の顔しか思い浮かばなかったのだが、食べ物も旨くてのどかでとても良いところでした。

ちなみに丹波市は6つの町が合併してできたらしいのだが、広域地域名を市名にしたもんで物議を醸したらしい。
この余波なのか、前記事で訪れた篠山市も丹波篠山市に改名したとか。
ウチの近くでいうところの、伊豆市と似たようなもんですわ。
修善寺の廻りで合併した時に「伊豆市」って命名したもんで、同じように物議を醸していた記憶が。
まぁ伊豆半島にはあちこち「伊豆」の名がついた市町があるんですけどね。

さてお次は、竹田城址で有名な朝来市へ。ここいらはもう但馬の国になります。
レイチェルは2017年に竹田城址へ訪れて以来。


DSC_6349.jpg
その2017年に行けなかった生野銀山に行きます。犬OKなんですね。

DSC_6350.jpg
犬達に厚着させているのは、坑内が年中13℃ぐらいだから、という理由。でも着せすぎでした(笑)

坑道へ入る前に、トロッコ列車があったので乗せてみる。
IMG_7628 (2)
IMG_7628 (3)
レイチェルの顔が出ないので、片手で持ち上げ中。腕がプルプル…w

IMG_7633_20221103193004be9.jpg
ちょっとした滝があったので、ここでもパシャリ。

さて、坑道へ。
DSC_6353.jpg

坑内の至る所には、銀山で働く人々の人形が。
DSC_6355.jpg

ここ生野銀山は、戦国時代から近代にかけての日本有数の銀山であったそうだ。
なので、江戸時代に従事していた昔の人々の人形から、近代の採掘現場を模した人形まで、

DSC_6372.jpg

幅広い時代での展示がしてあったのであります。
閉山したのは昭和48年。その後も、三菱マテリアルが付近で事業所を設置していて、現在も生野の主要産業となっているそおうだ。

DSC_6359.jpg
頭上を見るとこんな表示が。どこに鉱脈があるかよくわからんかったぞ。

DSC_6361.jpg
途中ちょいと登れる場所も。狸掘りと言って、昔の人は狭い坑道を這いつくばりながら掘っていったそうだ。
俺は無理!!

坑内は結構地下水が流れ出ていて、地面は結構濡れていた。
DSC_6368.jpg
坑道の途中、水がガンガン流れている場所も。

坑内はゴツゴツした手彫りの跡があって、いい雰囲気を醸し出していた。
IMG_7637_20221103193231efe.jpg
なかなか面白かったな。
犬と一緒に歩けるのが良かったわ。

つづく~

category: 2022秋・関西×2

tb: 0   cm: 0

△top

チェルピパハリの丹波紀行、京丹波から丹波篠山へ。 

 

先週末は、久々に関西方面へ。
金曜の晩に出発。音羽蒲郡まで下道を駆使し、そこから高速で土山SAまで行ってその日は力尽きる。

翌日。久々の近畿地方にワクワクモードのレイチェル。
IMG_7600_202211012359386ef.jpg
独り仁王立ちし、外を眺めながら体幹を鍛えておりました(笑)。

まずは京都を越え京都縦貫道を北上、京丹波町に入る。この辺を訪れるのはピパハリは初めてだね。
レイチェルは、夏場でも涼しかった道の駅「スプリングスひよし」で車中泊して以来、京丹波町は9年ブリであります。

道の駅京丹波味夢の里に立ち寄る。ここに直結している、
DSC_6299.jpg
「塩谷古墳公園」へ。

DSC_6307.jpg
だれも居ない、の~んびりした公園を朝からお散歩。

DSC_6309.jpg
のどかやのぅ~

道の駅で買い物して、お次に向かったのは…、

「旧京丹波町立質美小学校」
IMG_7602_20221102001426d06.jpg
すっかりハロウィンモードだね🎃🎃🎃

廃校となった小学校を利用した複合施設なのであります。
IMG_7617.jpg
ピザ屋、カフェ、雑貨家、絵本のお店などが入っております。

IMG_7604_20221102212452c2b.jpg
これは中庭にあった、昔懐かし赤ポストの前で。

DSC_6314.jpg
卒業記念の作品??

オープンは10時なのですが、
IMG_7613_20221102212454291.jpg
カフェやピザ屋は11時からだっけな。なので、歩いて回っただけだったんですが、

ベンチもある、ちょっとしたドッグスペースがあって、放していいですよとお店の人に言われ、
IMG_7616_202211022124554a1.jpg
放牧中のチェルピパハリ&スマホをいじる俺であった。


お次は兵庫県に入り、丹波篠山市の河原町通りへ。

DSC_6320.jpg
まずはこちらのパン屋「白殻五粉」へ。古民家を改装した、自家製天然酵母のパン屋さんであります。
美味しゅうございました♪

「河原町妻入商家群」と呼ばれる河原町通りを歩きます。
DSC_6321.jpg
歴史風情がある通りには、おしゃれなカフェや商家をリノベーションした宿泊施設もありました。

意外とこの通りを車が通っていたのは、
DSC_6324.jpg
グーグルマップでこの道を通れというナビゲーションが出るから、のような気がする。
(実際我々も誘導されました)

ちなみに、こんなコンパクトな電動バスも通ってました。
DSC_6330.jpg
"Tambasasayama"と書いてあるから、市営のバスでしょうか。
(丹波篠山ってローマ字にすると長いわ)

おっと。
DSC_6331.jpg
こんな隙間からワンコが顔を出してる。カワイイ♪

通りから王地山と呼ばれる方へ向かうと、クラフト市が行われてました。
IMG_7621_20221102231116680.jpg
ここは王地山陶器所という、明治に廃れた王地山焼きを復活させた歴史資料館的な陶器所がある場所らしい。

IMG_7619.jpg
丹波焼の1つ千円(B級品?)の中鉢を2つ購入、大変お買い得でした♪

駐車場への帰り際。

丹波と言えば黒豆枝豆♪
DSC_6333.jpg
もちろん買って帰りました。おばちゃん曰く、家で茹でて冷凍しておけばよいとのこと。

もちろんピパハリもご試食しましたとも。おばちゃんたちが、黒豆の隣で売ってる焼き栗もぼんぼんくれるので、ピパハリはそっちも美味しくいただいてましたよ。
レイチェルは、豆とか栗とか食べませんのでね。ピパハリだけ(笑)。

つづく。。。

category: 2022秋・関西×2

tb: 0   cm: 0

△top