fc2ブログ

ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」「ブリジット」「フィリッパ」「ハリエット」との暮らしを中心とした徒然日記

2023GW旅⑧・旅の終わりはティラミス。 

 

5/6の晩、ゴンちゃん家にて。

IMG_0028_2023051922380841e.jpg
道の駅で調達した山菜を天ぷらに。
IMG_0027_202305192238067c2.jpg
DSC_9386.jpg
七賢の泡でカンパイです♪旨い♪

今日は休養十分のウィペッツ。
DSC_9388.jpg
DSC_9390.jpg
DSC_9391.jpg
「なんかくれ」って、さっきご飯食べたでしょ?(笑)

本日の出来高。
IMG_0029_20230519230639a11.jpg
私は途中で力尽きました。とほほ。


翌朝。GW最終日。
DSC_9397.jpg
おはよ。

朝からおくつろぎ。
DSC_9392.jpg
DSC_9393.jpg
腹出しちゃって。

モココかなずなが齧ったひづめを、ゲットしようと画策していたピパ。
DSC_9395.jpg
ちがうよ!


ランチはこちらへ。
DSC_9398.jpg
「イルピアット カチャトラ (il piatto cacciatora)」

海鮮が中心のイタリアンレストラン。有名人が結構来ているらしいね。たくさん写真が貼ってあったよ。

この日も雨🌂。それでも午前中は、散歩に出せる程度だったが、
店に付いたら、途端に土砂降りに。あぶねぇあぶねぇ。。。

DSC_9399.jpg
屋根付きテラスは犬OK。

DSC_9400.jpg
女性陣は軽くアルコールを。

DSC_9405.jpg
まずは生ガキ。ピパハリにはあげません。

結構なぼりゅうむ。ワインが欲しかったわ。
0507_20230520075026a3f.jpg
そして最後はティラミスで〆た私。痩せる気あるんか(笑)

モココ&なずな、大人しく抱っこされとりましたな。
DSC_9412.jpg
DSC_9407.jpg
大雨で風が吹いて肌寒かったんでチェルハリはジャンバーを。暑がりのピパは裸ですが何か(笑)

ということで、食後に解散。ありがとうございました~
GW最終日、サクッと15時前に帰宅。ゆっくりできたわな。


ということで、ハリエット共和国の版図。
20230503h.jpg
今回岩手県と青森県に初上陸し、ようやく東北全県制覇。

フィリッパ王国はというと。
20230503p.jpg
青森県はお初。こちらもようやく東北制覇だ。

レイチェル帝国は、とうの昔に沖縄以外は制覇。
泊ったことある県(車中泊含む)で新版図を描いてみると、
20191014r2_20230519231558753.jpg
沖縄と北海道の旧留萌支庁以外はレイチェルの顔で埋まってしまった。

ハリの発作が軽くなったので、久々に長い旅行に。
旅行中発作は起こしたものの、心配になるレベルにはならず。
やはり次は北海道だな!
スポンサーサイト



category: 2023GW・東北東海

tb: 0   cm: 0

△top

2023GW旅⑦・ラーメン王国山形。 

 

5/6、「道の駅 鳥海」で目覚めた我々。外は雨。
この日はずーっと天気が悪い日でね。移動日で良かったよ。

酒田に来たからにはラーメンを食べねばと、朝ラーできる店を探したら…ありました。

DSC_9372.jpg
「中華そば 華煌(げっこう)」

7時半開店の15分前に到着。開店と共に店は満席だったね。

鶏や煮干しスープの中華そばがメインのこのお店。
若いご夫婦(たぶん)でやっていて期待しましたが、まさに期待通りでしたね!

IMG_0023_20230519202742d81.jpg
嫁は朝ラー煮干し。太縮れ麺。

俺は華煌流燕三条ラーメン。
DSC_9371.jpg
酒田なのに燕三条ラーメンを食ってしまった(笑)。朝から背脂でもくどくな~い、旨かったよん♪

ここから47号で新庄方面に向かい13号に出たところで山形方面へ南下。
で、本日の夜に使う山菜を調達するために、
DSC_9376.jpg
「道の駅尾花沢」へ。

DSC_9374.jpg
山菜がいっぱい置いてありました。

さらに南下、天童市内に入り、
DSC_9378_20230519204729f9a.jpg
「さのや」でお酒を購入。

旅酒が置いておりますので当然購入。
DSC_9377.jpg
獺祭の県内唯一の特約店とのこと。品揃えが良くていいお店でした。

この後は恒例のコストコかみのやま店でガソリンを満タンにして、お昼は米沢の手前高畠町へ。

DSC_9379.jpg
「TAKAHATA 山喜」

並んでましたねぇ~
着いたの11時半ぐらいだっけ。30~40分ぐらい待って入店。
入店する頃にはスープが無くなり終了してました。あぶねー。

嫁は日本海藻塩ラーメン
IMG_0025.jpg

俺はSio塩ラーメン。見た目じゃ区別付きませんが、少し藻塩ラーメンの方が濃い印象が。
DSC_9381.jpg
しかしどちらも絶品♪

喜多方ラーメンの名店「喜一」からのれん分けされたお店とのことで、チャーシューの見た目は喜多方よね。
今回は珍しく喜多方には寄らなかったのだが、旨い喜多方ラーメンを十分堪能♪

さて、この時点で13時前。渋滞と次の予定を考えるとさっさと南下せねば。米沢から東北中央道に乗り福島方面へ。福島大笹生インターまでは無料なので、結局三種町から福島までは実質高速代はゼロでした。
福島から郡山に向かってると那須付近から東北道に渋滞が始まりだした。この辺もかなり車が多い。
なので、郡山から磐越道に入り常磐道へ迂回したのね。これが功を奏し、都内には17時頃には入ることができた。
東北道は佐野付近だたか事故渋滞で2時間以上かかったらしく、まともに突っ込んでたら何時になったことやら。

オレ、ナイス判断!と言いながら向かったのは、ゴンちゃん家。
DSC_9382.jpg
モココさん、お久しぶりです。

ん?
DSC_9383.jpg

なずながでかくなってるぞ~

category: 2023GW・東北東海

tb: 0   cm: 0

△top

2023GW旅⑥・青森の俵鮨とびっくりんご。 

 

5/3、舘鼻公園で目覚めた我々。本日は青森市内を経て、秋田方面に向かいます。

まずは、腹に何か入れないと、と検索すると、八戸にも朝ラーのお店がありました。
DSC_9236.jpg
「麺屋しろう」

日祝日は朝からお得のようで。
DSC_9234.jpg

俺は和ぶし中華。
DSC_9235.jpg
嫁は煮干し中華。
IMG_9924 (2)
見た目はわからん!!(笑)
スープが違う。和ぶしの方がすっきり、煮干しは、その名の通り煮干しが効いている(あたりまえか)。
あっさり、朝から美味しゅうございました♪

そして既報の通り種差海岸へ。
DSC_9238.jpg
ピパ、ブルブルしている途中。顔がおかしな向きになってるw

キレイな天然芝の海岸をお散歩し、
IMG_9928 (2)
朝から八戸極楽湯でひとっ風呂。
入浴料が安い!と思ったら、なんとなんと、風呂場にシャンプーリンスが置いていなかったのだ!
焦ったのだが、「無くなり次第終了」と書いてあった試供品のシャンプーボトルが何個かおいてあったので使わせてもらった。
仕方ないのでシャンプーで体も洗ったのだが、なんだかクールなシャンプーだったので股がスースーしてね…💦www


この後は青森市内で走り、ルークレイル家と合流であります。

待ち合わせた場所はというと、
DSC_9262.jpg
「俵鮨」
今回の旅の目的③、食の最大の目的であります。

3度目の訪問。前回訪れたのは2014年のGWなんで9年ブリ。

DSC_9263.jpg

三方を海で囲まれた青森は魚の種類は豊富、地物の新鮮なネタは別格の旨さである。
陸奥前寿司と呼ばれる青森の寿司は旨くて安いのである。銀座で食べたら一体いくらするんだろ。

今年で39年、一枚ものの見事な下北産ヒバで造られたカウンターで頂きます。

中トロ、ウニ、タイ、イクラ、シャコ、数の子、ヒラメ、玉子、アワビ♪
DSC_9265.jpg
高嶋ちさ子さんお勧めのお店なのだが、このうずらの卵が乗ったイクラ巻きが好きらしい。
白魚もウニもイクラもシャコも醤油ではなく塩で頂く。旨い!!

追加で。
DSC_9269.jpg
青森と言ったらホタテ♪ そして赤貝のヒモ♪

そしてズケネギトロ♪ くぅ~♪
DSC_9268.jpg

店主は茶道の師匠もされており、今回初めて二階にある茶室を見せてもらったが、本格的でビックリでした。
大変美味しゅうございました。また来たいですな。

お次は青森駅前へ。
DSC_9271.jpg
青森市内を闊歩するウィペッツ。楽しいね。

駅の周りはかなり再開発されていて、
DSC_9274.jpg
このカッコイイ建物が「ねぶたの家ワ・ラッセ」らしい。ヒトがたくさんおりました。

すぐそばにある、青森駅前ビーチ。
DSC_9275.jpg
何てったって、青森駅は港に面している。その昔、津軽海峡を渡るため、鉄道から船への乗り換え輸送を担っていた為なのね。
青森駅を降りた乗客は、歩いて青函連絡船に乗って函館に向かっていたのであります。
青函連絡船だった八甲田丸も展示してある。乗ってみたかったわ。
今は函館へのフェリーターミナルが、ここから2~3km離れたところにあります。

ここに来た目的は、前述の「ねぶたの家ワ・ラッセ」横の広場にある。
IMG_9950_20230513090709c4d.jpg
「びっくりんご」

青森に来たからにはここで写真を撮らんといかん、と、嫌がる?ブラック氏連れてきたわけで。
しかも「びっくりんご」の設置は10月31日までと、期間限定ですよ。

サザエさんみたいな写真は撮れなかったが。
IMG_2535 (2)
ピパがどうしてもリンゴの方を向いてカメラの方を向かないので、これで(笑)

ニコリヤ家。
IMG_9961_20230513091417f2a.jpg
アンニュイな感じでポージングしているブラック氏。

ルークレイル家。
IMG_9962_20230513091418971.jpg
ローリィがえらいカッコになっている(笑)

その後ろにある”AOMORI”でも撮っておこうか。
IMG_9955_2023051309174447b.jpg

犬だけね。俺が後ろで全頭のリードを持っているのだが(笑)

この後、”AOMORI”の横にある”A-FACTORY”で女性陣は土産物を物色。
男性陣はウィペッツを持って待っていると、色んな人から声を掛けられた。ウィペットが7頭いると目立つよね。

DSC_9276.jpg
女性陣がジェラートを買って来てくれた。(写真がぼけとる…)

当然群がるウィペッツ。
DSC_9278.jpg
ルークレイル家奥様が鵜飼いになっておったわ。

意外と堪能して時間を食ってしまった。もう14時半だな。
この後、別行動でそれぞれ観光して、夕方に道の駅大潟に集合の予定だったのだが、そんなに時間が無いな。
ということで、八甲田の雪の回廊を見てから大潟村に向かうことに。

で…、
DSC_9284.jpg
雪が無い!(笑)

酸ヶ湯の共同駐車場に車を停め、
DSC_9282.jpg
IMG_9966 (2)
雪がありそうなところで撮っておく(笑)。

大潟村に向かい、いつもの如く「ポルダー潟の湯」で夕食&風呂に入り、懐かしの「道の駅おおがた」へ。
軽く飲んで喋って、この日は終了。

翌日からは、三種町でルアーコーシングであります。

category: 2023GW・東北東海

tb: 0   cm: 0

△top

2023GW旅⑤・八戸酒造で試飲見学からのがんこおやじ。 

 

さて、八戸に到着したのは14時頃。

ちょっと高台にある舘鼻公園へ向かう。

DSC_9175.jpg
海側が開けていて景色がよろしい公園。青い海と空をバックに八戸大橋が映えるなぁ。

軽くお散歩したのだが、遠く八戸まで辿り着いたことに感慨深い様子。
DSC_9179.jpg
ニコ氏:「八戸まで来ちゃったね…」

リヤ:「遠かったね…」
DSC_9177.jpg
ニコリヤの脳内には武田鉄矢の声が流れていたらしい。。。

「思えば遠くへ来たもんだ~♪」

💦💦💦

レイチェルも八戸は初めてである。
DSC_9183.jpg
過去、北海道の行き帰りに下北半島を経由した時も、八戸には寄らなかった、もしくは、通り過ぎただけだったからね。

さて、犬達を車にお留守番させ、飼い主たちは歩いて数分の場所にある、
DSC_9186.jpg
八戸酒造へ。

1775年創業、創業者の駒井庄三郎さんの名から、看板は「駒井酒造店」となっている。

DSC_9200.jpg

15時に予約していた酒蔵見学へ。今回の旅の目的②であります。

DSC_9187.jpg
八戸酒造の代表銘柄は、「陸奥男山」と「陸奥八仙」。

元々は「陸奥男山」のみだったのだが、1998年に青森県外の市場も開拓することを目的として「陸奥八仙」を立ち上げたそうだ。
八仙がそんなに新しい銘柄だとは知らなかったね。
DSC_9199.jpg
この八仙は米、水、麹菌に青森産のものを使っており、全国的な人気を博している。

サクッと蔵見学が終わり、お楽しみの試飲タイムである。500円で6種のお酒が試飲できたのね。

DSC_9191.jpg
蔵元の方は一つ一つ丁寧な説明をしてくださる。

この時間、一緒に見学した方々と一緒に、
DSC_9192.jpg
カンパイ~🍶♪

一番左は蔵限定の純米大吟醸。希少な食用米「レイメイ」と青森県南部の酒米「吟烏帽子」を用いた限定酒。芳醇で旨かった!
左から二番目は「AQE 八仙 純米 華吹雪70」。精米歩合70%の華吹雪と県で開発した酵母「まぼろば醇」を用いたお酒。こちらも芳醇で旨かった!
ちなみにAQEとはAomori Quattro Esperanza(アオモリ クワトロ エスペランザ)「青森の四つの希望の蔵」という意味で、青森県の地酒を盛り上げるべく結成した四つの蔵元によるユニットなんだって。四つの蔵元とは、田酒の西田酒造店、豊盃の三浦酒造、鳩正宗、そして八戸酒造であります。
真ん中の八仙は「華想い50 純米大吟醸」。「山田錦」と「華吹雪」を掛け合わせた青森県の酒造米。タンパク質が少なく高精白が可能なことから高級酒に向いているお米とのこと。これまた芳醇で旨かった!
DSC_9196.jpg
その右横が「陸奥男山」であります。日本各地に男山の銘を使用したお酒があるので「陸奥男山」と呼ぶ。さすが辛口酒の代名詞、切れ味抜群のお酒でした♪
右から2番目は”8000 BREWING HAZY IPA”。日本酒造りの技術を応用し、米と米麹とホップでつくった新しい感覚のお酒。米もホップも青森産。ビールとグレープフルーツの中間っぽい味わい、ホップが香るIPAでした♪
一番右は”8000 BREWING JUICY IPA”。ジューシーってことは果物が入っていて、青森県産の桃とリンゴを贅沢に使用しているんだって!ちなみに8000は八仙ってことです(笑)

試飲会が終わり、その余勢をかってショップで八仙を何本も購入してもうた。旨かったもん、そりゃそうだよ。
昔に比べたら種類も豊富になって、女性にも飲みやすいお酒も増えている。日本全国若い人がお酒造りにどんどん入って行って、市場もかなり広がっているよね。海外にも出て行ってるし。八戸酒造も全国的にも知られる酒蔵でありますが、AQEでの横のつながりにしろ、8000BREWINGにしろ、色々新しい試みを取り入れて日本酒の世界を盛り上げていっている努力の賜物と思いました。

というか、「芳醇で旨かった♪」とばかり書いている俺の語彙力の無さを何とかしよう!(汗)


公園に戻り、お酒を置いて犬達を再びお散歩させると、飼い主たちも腹が減った(またかよ)。
徒歩圏内のお店は限られているが、向かったのは、

DSC_9204.jpg
「居酒屋 がんこおやじ」

DSC_9205.jpg
早速カンパイ♪

やっぱ魚と貝系が新鮮で旨かったのよ。(やっぱり語彙力無しw)
0502_20230512222250134.jpg

そして裏八仙を。ラベルが裏文字になってるでしょ。
DSC_9214.jpg
裏男山も飲んどきゃ良かった。その横は八仙のヨーグルトリキュールです。

ほろ酔いな感じで公園に戻って、飲み直しましょう。

ここの公園には「グレッドタワーみなと」という展望台がありまして、夏季は21時まで開いているのであります。
DSC_9216.jpg

中に入るとこんな張り紙が…
DSC_9218.jpg
小学生たちがやらかしたのだろうかwww

八戸は夜の7時~♪
DSC_9222.jpg
そうそう、まだ7時でした。

日が長くなった。
DSC_9223.jpg
終わりかけの夕焼けがキレイ♪

犬達のゴハンやらトイレやらを済ませて準備完了。

渓流の駅おいらせで購入した「旅酒」。おいらせ町・桃川株式会社の純米吟醸酒であります。
DSC_9225.jpg
旅酒ってスタンプラリーがあるんだけど、渓流の駅おいらせの店員のおばちゃんがスタンプの存在を知らなくて。他の店員さんと一緒にスタンプのありかを探してました。これからできるだけ集めてみようと思います。

八戸の夜に、
DSC_9226.jpg
カンパイ♪

レイチェルの寝場所にピパが先に侵入していたので、
DSC_9230.jpg
やむを得ずこんな形で寝ざるを得なかったレイチェル(笑)

ハリ坊は、ニコリヤ家御主人に寄っかかってスヤスヤ寝ていましたわ。
IMG_9922 (2)
ジャガビーやら何やら、ジャンクなツマミが写ってます(笑)

DSC_9231.jpg
ということで、八戸の夜は更けていくのでありました…

翌日は青森市内に向かいます。つづく…

category: 2023GW・東北東海

tb: 0   cm: 0

△top

2023GW旅④・十和田湖畔のアップルパイと十和田のバラ焼き。 

 

道の駅にしねで目覚める。
昨晩の結構雨が降っていたのはすっかり上がっていたのだが冷えるなぁ。
DSC_9127_20230511203457b9f.jpg
着込んで朝のお散歩。ハリ坊は岩手県で車泊するのは初めてじゃん。

さて、ニコリヤ家の待つ十和田湖へ向かおう。空いてるので下道で十分だな。

9時前に十和田湖到着。犬達にとってはサプライズのニコリヤ家に、大興奮でよろこんでおったな。
DSC_9130_202305112041456c5.jpg

その勢いで、「Marine Blue」に入ろうとするウィペッツ。違う違う。
DSC_9132_20230511204147dda.jpg
テラス席で食べることも考えたが、いかんせん寒い…。一旦、車でお留守番お願いします。

そして既報の通り、今回の旅の目的①、アップルパイをば♪
DSC_9133_20230511204148548.jpg

食後は湖畔をお散歩だ。
DSC_9135_20230511204934d82.jpg
寒そうな格好をしているが、実際、この時期にしては寒かったんよ。6℃ぐらいじゃなかったっけ。

「Marine Blue」から湖畔を東の方角にちょっと歩くと、県境が見えてくる。
DSC_9156_20230511205356e6d.jpg
この小川を挟んで、向こう側が青森県のように見える、が、
地図を見ると、川はまるまる青森県で、秋田県の看板付近が県境のようだった。

IMG_9881 (2)
で、県境を跨いでいるように見える橋の上で、お約束ですが撮っときましょう。

そしてピパハリは青森県初上陸。
MOV_9153_Moment.jpg
初の青森県に喜んで走り回っていたピパハリ。

MOV_9153_Moment(2).jpg
強い風に吹かれ、さらに興奮してガウガウしておったな。邪悪な顔だ。。。

IMG_9899 (2)
湖をバックに。ピパよ、顔をあげぃ!(笑)

この後は。奥入瀬渓流を横目に見ながら十和田市方面へ。
途中、渓流の駅おいらせでちょっと買い物をした後、奥入瀬渓流温泉のあたりにある「食堂 上高地」へ。
DSC_9160.jpg
お店の名前は何故上高地?かというと、上高地が好きだから…らしい。

十和田と言えば「十和田バラ焼き」。
牛のバラ肉と大量のタマネギを、醤油ベースの甘辛いタレで味つけして鉄板で焼くご当地料理であります。
DSC_9162.jpg
4人前。肉の下には大量の玉ねぎがあるんだけどね。

豚バラや馬バラなどのバラ焼きもあるらしい。豚バラは想像がつく(旨そう♪)。馬バラも食べてみたいなぁ。
DSC_9163.jpg
まだ11時。2時間前にアップルパイを食ったばっかりなのだが、全然腹には入るぞ。

牛バラ焼き定食はタマゴ付き。溶いた卵につけてすき焼きのように食べる。
DSC_9164.jpg
甘辛い醤油ベースのたれなんで、ご飯のおかずとしてはそのまま食べるのも良し。

そして〆はうどん。甘辛いタレとうどんは合いますな♪
DSC_9165.jpg
我々が店に入った後はあっという間に席が埋まっていた。人気店なんよね。早めに店に入って良かったわ。

さて、お店の近くにある奥入瀬渓流温泉スキー場は、
DSC_9174.jpg
春になると芝桜で彩られる。

せっかくだから見に行ってみよう。
IMG_9903_20230511211845962.jpg
この時間になると日が上がって来てポカポカ陽気。きれいな芝桜をバックに気持ちいいねぇ。

せっかくだから上まで登ってみよう。
IMG_9907 (2)
IMG_9912_202305112118490a0.jpg
途中途中、芝桜が映えるポジションで撮ってみる。

そしてえっちらおっちら…スキー場なんで結構傾斜がきつい。
レイチェルも頑張って上りました。
DSC_9171_20230511211849e8b.jpg
なかなかの達成感。天気が良くてよかったわ。日頃の行いが良いせいか…(笑)

良い食後の運動だったわ。

さて、これから八戸に向かいます。つづく…

category: 2023GW・東北東海

tb: 0   cm: 0

△top

2023GW旅③・那須から北上し盛岡・木伏緑地へ。  

 

5/1、道の駅やいたで目覚める。既報の通り、朝の散歩に向かったのは長峰公園。

DSC_9061.jpg
繰返しになるが、桜とツツジの名所らしく、日本の都市公園100選に選ばれてるそうだ。

ちょっとした林の中の遊歩道もある。夏は涼しかろう。
DSC_9069.jpg
(ランニング姿のウィペッツを引き連れ勇ましく歩く嫁。)

この後は那須へ向かい、”GOOD NEWS NEIGHBORS”へ。
DSC_9071.jpg
DSC_9070.jpg
チェルッパは去年のジャパンカップの時以来。その時ハリ坊は入院していたので、今回が初めてだな。

奥の方に、小川に連なるちょっとした遊歩道があったんだで歩いてみたら、
DSC_9073.jpg

小川に入って水をがぶ飲みしていたハリ坊であった。
DSC_9077.jpg
あらら、喉が渇いていたのね。

涼めるような休憩スペースがあったんで座っとくか。
DSC_9082_20230510233722506.jpg
夏はテイクアウトしてここで食べるのもいいかもね。

さて、いつものプレイスドッグへ。
DSC_9089_20230510234931ed8.jpg
ボーダーさんのおケツに「ずぼっ」と御挨拶するハリ坊。マズル長いからね(笑)

秋田のコーシングの前に、マッサージしてもらいましょう。
DSC_9091_20230510234933351.jpg
DSC_9095.jpg
え?レイチェルは遠慮するって?アンタが一番やってもらわんといかんばい(笑)

こうして那須を出たのは14時前ぐらいだったかな。
ここからはひたすら東北道を北上し、盛岡に着いたのは17時半ぐらいか。

北上川沿いの木伏(きっぷし)緑地へ。
DSC_9106.jpg
"MORIOKA KIPPUSHI WATER NEIBORHOOD"といって、オープンデッキのあるカフェやレストランやバルが入るコンテナ型ショップや、アクティビティが楽しめるスペースがあったり、というエリア。

カフェスタンド「東北drippers」で、東北各県をイメージしたコーヒー豆を売っていたので、嫁が購入中。
DSC_9112.jpg
店の前で待つチェルピパハリ。

北上川岸に下りて遊歩道をちょいと歩き、
DSC_9116_2023051100105852e.jpg

再び上がり、どの店で夕食を食べようか物色中。
DSC_9108_202305110011000d6.jpg

遠野食肉センターがやって無かったんよね。ジンギスカン食いたかったのになぁ。

ということで、「ブロンズグリル」でハンバーガーを食べてみよう。
DSC_9125.jpg

テラスに着席。ポツポツ来始めていたし、ちょっと肌寒かったんでハリ坊が抱っこをせがむ。
DSC_9117_20230511001315226.jpg
DSC_9118_202305110013170fe.jpg
DSC_9119_202305110013186ea.jpg
DSC_9123_20230511001320ae5.jpg
当然ピパは「くだしゃいでごじゃる!!」

俺はベーコンチーズバーガー、嫁は盛岡限定じゃじゃ味噌バーガー。
IMG_9878_2023051100132121f.jpg
ビーフパティにじゃじゃ味噌、焼きたまご、ネギ、きゅうり、マヨネーズ、そして紅ショウガである。
俺はどうかなぁと思ったのだが美味かったらしい。折角盛岡に来たのだから、頼めばよかったわ。

食べ終わって、車内に戻ったら、ざーっと降って来た。ギリギリセーフ!

最近旅行先として注目されている盛岡、久々に来たんで色々廻りたかったのだが、今回は時間が無くてここまで。
前回立ち寄ったのは2011年だからな。もちろんピパハリは初めて、ハリ坊は岩手県自体が初めてだからなぁ。

で、ちょいと北上して、この日は道の駅にしねで力尽きる。

翌日は十和田湖に向かいます。つづく。

category: 2023GW・東北東海

tb: 0   cm: 0

△top

2023GW旅②・フィリッパと愉快な仲間達。  

 

翌日。

美味しい朝ごはんを頂き、午前中はのんびりさせて頂きました。
IMG_9788_20230509231158f29.jpg

そんな中、ピパを囲む愉快な仲間達。
UZJQ7719.jpg
ぼたんがピパに遊んでと言っております。

DSC_9046.jpg
「受けて立つでごじゃる!」

MOV_9048_Moment.jpg
ピパがぼた子にガブガブさせるの図。仲いいね。

そしてだりあにピパが、
MOV_9036_Moment(2).jpg
「ごじゃる!」と、檄を飛ばし、

遊びだす。ハリ坊も入って来て、
MOV_9036_Moment(3).jpg
ピパハリでワンワンうるさい💦

MOV_9036_Moment.jpg
ぼた子もだり子も遊んでて吠えないのに、ウチのはうるさいのよ💦

そしてガブガブ。
MOV_9049_Moment.jpg
上からはハリ坊がピパにガブガブ。

そして気づいたら、ぼた・だり・ハリがピパを囲む。
MOV_9048_Moment(2).jpg
ピパ保母さんだな(笑)

一通り遊んだらマッタリ。あ、ちなみにレイチェルは、居間のクッションでずっとまったりしてました。歳が違い過ぎる(笑)。
IMG_9787.jpg
布団の上で遊ぶのは楽しいらしい。修学旅行かよ。

そして、4頭で寝るばい。
DSC_9038_20230509233054146.jpg

空いたところに俺も乱入して寝るばい。
IMG_9794_202305092330552fa.jpg
あ~幸せ♪

結局午前中は天気がずっと悪かった。

お昼ですが、
DSC_9050_20230509233459a90.jpg
名古屋インターそばの、「江南一店」へ。

嫁は鶏そば。白濁スープは鶏の旨味とコラーゲンがたっぷり。俺はにらニンニク柳麺。味噌味スープにミンチを乗せた台湾風ラーメン。
0430_2023050923345600a.jpg
そして春巻きとギョーザも頼む。ギョーザがモチモチして旨かったなぁ。

ってことで、ここでリリィ家とはお別れ。大変お世話になりました♪

この後、東名から新東名を東へ。途中、天皇賞春の結果に落胆しながら一旦帰宅
風呂入って次の準備して…

IMG_9797 (2)
準備の間、ピパに寄っかかってマッタリのレイチェル。レイチェルのこの日の写真はこれだけだ(笑)。

再び出発。時間もあるので246で厚木まで下道を走り、そこから圏央道に乗って、五霞までは高速を使う。
そこから新4号バイパスで北上し、結局矢板まで下道を快走。休日割引ないんだもん。。。

道の駅やいたに着いたのは23時半頃だっけな。力尽きてzzz…

翌日は那須へ向かいます。つづく。

category: 2023GW・東北東海

tb: 0   cm: 0

△top

2023GW旅①・レイチェル16歳をみんなに祝ってもらう。 

 

今年のGWは1,2日に休みを取って久々の9連休でありました。

初日は昭和の日。レイチェルの誕生日。

DSC_8837.jpg
お昼は、最近ブームの「麵屋尽の絃」へ。

濃厚鶏白湯が旨いこのお店。この日は、
0429.jpg
俺は限定の鯛ラーメン、嫁は国産の鶏ガラを大量に使った純鶏ラーメン。ここは旨いよ~♪

満足した腹をさすりながら、チェルピパハリを遊ばせに。この後天気が悪くなる予報なんでね。
DSC_8936.jpg
お揃いの衣装で、

勇ましく登るピパハリ。
DSC_8934.jpg
1年前はレイチェルも登っていたのだが、この日は下で待機。寂しいのぉ。

DSC_8930.jpg
いやいや、レイチェルは楽しそうだからいいのだ。

さて、この日はリリィ家にお邪魔させて頂いた。
BOWM1727.jpg
ピパ:「ぼた子さん、今年の2月以来でごじゃるな」

そしてなつめ家奥様&娘さんも先に合流。なつめ&はやはお留守番で、

「すみれでございます。」
DSC_8940.jpg
すみれ、おしとやか過ぎる!!

そして雨が降らないうちに、お庭で遊ばせてもらうのだ。

背中スリスリするピパを囲むウィペッツ。ピパちゃん人気者やねぇ~。
DSC_8972.jpg
「遊んで欲しいのでごじゃるか?」

「ついて来るでごじゃる!」と、ピパが先頭を切って走る…
DSC_8979.jpg
というか、ハリが「走って走って」とガブガブしてうるさいからピパが走ってあげるのであるが…

楽しそうに追いかけっこする犬達。すみれも楽しそうに追っかけてきてくれる。
DSC_8992.jpg
すみれを気にせずに走るハリ坊。すみれのことは怖くないんだな。

ひとしきり遊んだ後は、レイチェルの16歳を祝うべくカブリモノをお願いした。
DSC_9001.jpg

面白いぐらい不機嫌そうな顔をしているレイチェルであった(笑)
DKNG5466.jpg

そして、お先にカンパイ~🥂
DSC_9004.jpg
LWYI9744.jpg
IMG_9768.jpg
IMG_9769_2023050823472916f.jpg
なつめ家御主人も合流し、シノラニ家も登場。カンスケとラニ&ククルはお留守番で、シノンだけ登場。

このおねだり写真ですが、ピパの隣にいるのはシノン(後にいるのはだりあ)。
GBTY8344.jpg
こうして見るとレイチェルに似ているわ。血のなせる業だ。

さて、仕切り直してレイチェルの生まれ年2007年モノでカンパイ♪🥂
DSC_9009.jpg

そしてみーさんとこっちゃんが作って来てくれた、鹿肉のバースデーケーキ。
OQHD5572.jpg
EQAR5067.jpg
レイチェル、ガッツリと食いついてましたわ。ありがとうございました♪

翌日の天皇賞春の予想なんかもさせつつ…
DSC_9023.jpg
「東スポですか…」と唸るレイチェル。ブリが東スポ嫌いだったのだが、レイチェルもそうだったっけ?
で、タイトルホルダーがまさかの競争中止でねぇ…

気付いたら犬達はzzz…。そして、なつめ家お姉ちゃんを枕に寝るハリ坊であった(笑)
QZJG8144.jpg

こうして夜が更けていったのでありました…zzz🍷

category: 2023GW・東北東海

tb: 0   cm: 0

△top

大潟村・兵どもが夢の跡 

 

道の駅おおがたの裏の広場。

20230504082316a7d.jpg

昔は熱戦が繰り広げられていた場所。

2023050408241210d.jpg

昔を思い出したのか、レイチェルが嬉しそうに駆けていく〜

202305040823180bc.jpg

「兵どもが夢の跡、だね」

2023050408231459b.jpg

「意味がわかんないでやんす。、」

ハリ坊は知らないもんね。。

category: 2023GW・東北東海

tb: 0   cm: 0

△top

八戸・種差海岸 

 

いい天気だ。

20230503102909cdd.jpg

八戸の種差海岸は天然芝だって。

20230503102911f42.jpg

朝から気持ちのいいお散歩。

202305031226230b0.jpg
20230503123205465.jpg
20230503123017f9c.jpg

ちょっと風が強かったけどね。

category: 2023GW・東北東海

tb: 0   cm: 0

△top