fc2ブログ

ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」「ブリジット」「フィリッパ」「ハリエット」との暮らしを中心とした徒然日記

2023夏旅備忘録⑥・二本松~郡山~白河~道の駅みとみ~四尾連湖 

 

19日の朝メシは、昨晩のすき焼きの残りでうどんを食べ、

犬達はガッツリ寛いでました。
DSC_0623.jpg
ソファで寝そべる、ロっちゃんとレイチェル。レイチェル、生きてます(笑)。

どうしても犬の写真が少なめなので、
DSC_0584_20230829205859a83.jpg
お寛ぎニコリヤ、載せときます。
DSC_0585_202308292059012a7.jpg

ジル坊を枕に寛ぐピパも載せときます。
IMG_0955 (2)
爆睡ハリ坊も。

さて、11時にチェックアウト。ここでベロゼッタ家とはお別れして、ニコリヤ家と二本松市内に向かう。ホントは大七酒造の酒蔵でも見学したかったのだが、土曜日はお休み。ということで、大七酒造のすぐお隣にある酒屋「大阪屋商店」へ。
DSC_0627_202308292130465d4.jpg
生酛(きもと)造りにこだわる大七酒造であります。

※生酛(きもと)とは、現在でも用いられる中で最も古くから続く製法で、乳酸菌を空気中から取り込んで乳酸を作らせ、雑菌や野生酵母を駆逐するものである。酒母になるまでの所要期間は約1か月。所要期間が長いのは、工程が多く手間が掛かるのと、醗酵段階も完全醗酵させるからである。現在でも時間や労力が掛かるので敬遠される傾向にあるが、成功すればしっかりとした酒質となるため、伝統の復活のために取り組んでいる酒蔵も増えてきている。(ウィキペディアより)

DSC_0626_20230829213044e0a.jpg
「大七 生酛 真桜」を購入。オランダ王室晩餐会に採用されたそうだ。

さて、お昼は果物の殿堂フルーツピークスの郡山本店へ、やって来ました。
DSC_0628_20230829215333660.jpg
食べるまで1時間以上待ったのよ。

ルビーロマン、4粒で1000円ざます!
DSC_0629_20230829230359505.jpg

クラウンメロンのコーナーは、
DSC_0630_20230829230401841.jpg

ガラス張りの別室であります!
DSC_0631_202308292304032cb.jpg
味が落ちないように、空調してるのよ!

ということで、お昼に「まるごと桃パフェ」。やっぱ福島に来たら桃よ。
DSC_0632_20230829230405619.jpg
桃は冷えてなくて適度な温度と甘さで美味しゅうございました♪

お昼をセーブしたのは、16時に夜の部が開店する白河ラーメンの名店「とら食堂」に行くから。
15分前ぐらいに行くと、既に5組ほどが。マジか。こんな中途半端な時間でもいるのね。

16時になっても空く気配が無いな、と思って見に行くと…、
DSC_0635_20230829231055cc8.jpg
開店が30分遅れとな、ちゅど~ん! この時すでに15組待ち。

メニューを見ておく。
DSC_0636_20230829231057a8d.jpg
嫁はワンタン麺、俺はチャーシュー麺を頼むことにしよう。

ということで開店!
DSC_0637_202308292310594d8.jpg
1回転目に入ることができた。

ワンタン麺と、
IMG_0978 (2)
チャーシュー麵。
DSC_0638_202308292317081f3.jpg
お初の白河ラーメン、スッキリプースーなのに旨味というかコクがある、ちぢれ麺によく合って、美味しゅうございました♪

食後はニコリヤ家とフルーツピークスで買ったルビーロマンを頂く。激ウマ!
IMG_0981_202308292317120fa.jpg
他にも買ったブドウや無花果等々、食後のデザートを食べて満足満足であります。

ここでニコリヤ家と別れ、我々はまたまた四尾連湖に向かうのだが、カヤックは翌日午前である。この日の最終目的地は、標高高くて涼しい「道の駅みとみ」。東北道舘林ICで降りて、群馬明和町のコストコで給油。そこから、秩父方面へ向かって山梨県へ山越えである。雁坂トンネルを越えたところにある「道の駅みとみ」に着いたのは22時過ぎだっけな。

翌20日、連休最終日。朝から、道の駅近くの広瀬ダムでお散歩。
DSC_0641_202308292335314fa.jpg
いい天気だ。

既にカヤックの格好をして歩く嫁。俺も着替えてるけど。
DSC_0639_202308292335287ef.jpg

レイチェル「今日も暑くなりそうだわ」
DSC_0640_202308292335290b3.jpg

気分よくすたすた歩いていたレイチェルに、ガウガウしようとするハリ坊。
IMG_0989 (2)
やめんかい!数年前なら一喝されとるぞ!(笑)

この後、午前中は四尾連湖でカヤック、午後に帰宅という今年の夏旅でありました。
今夏のチェルブリ号は意外と走っていて、前半の秋田で1800km、後半の福島で1100km。よく走りました。

ということで、旅のカテゴリ記事はここまで。(次回の四尾連湖の記事ははカヤックのカテゴリなのでね)。
スポンサーサイト



category: 2023夏・東北

tb: 0   cm: 0

△top

2023夏旅備忘録⑤・ピザ焼きとすき焼きと夏の思い出の夜 

 

18日の夕方から、大気が不安定なせいで雷がガンガン鳴っていた。
スコールみたいな雨も降り、ちょっとは暑さも和らいだが、雷が苦手な子は大変。

そんな中、やっぱピザ焼きやろうということで、男性陣が玄関の軒先にピザ窯を移動。
DSC_0597_20230828202050f40.jpg
ここなら雨は一応大丈夫。こちらで貸してくれるピザ窯なのであります。

これから男3人でピザを焼きます。といってもメインはTechito。ニコリヤ家御主人と俺はTechitoの指示に従う。
DSC_0599_20230828202411caf.jpg
こちらのペレットを窯に入れてバーナーで火を付けます。

Techitoが事前に作ったピザ生地に、
DSC_0600.jpg
カプートというイタリアのピザ用小麦粉をまぶしてます。

生地を素早く広げます。
DSC_0603_20230828203136482.jpg
普段ならくるくる回し上に放り投げながら伸ばしていくのですが(嘘)。

DSC_0604_20230828203137bdc.jpg
トマトソースを念入りに塗ります。素早く!

DSC_0606_20230828203139f91.jpg
モッツアレラチーズとバジルを乗せます。素早く!

IMG_0957 (2)
粉チーズとオリーブオイルをたっぷり。素早く!

素早く!と言ったのは、火が良い具合だったから。
DSC_0607_20230828203819368.jpg
ピザを窯に入れるための道具、ピザピールって言うんですかね。それに乗せて窯の中にスッと入れる。小麦粉を塗ってたのはピザピールにひっつかないため。焼け具合を見ながら、ピザピールを使って中のピザを回します。奥の火に近い方が速く焦げちゃうからね。

ほい!出来上がり!!
DSC_0609_202308282038216b0.jpg
これが旨いんだよね!!焼き立てってのもあるけど、ビールが進むよ♪

いやぁ~すげぇ楽しい!ピザを焼くのは!!焼くだけは!!!
仕込みしてないから(笑)

ピザ焼きが終わり室内に戻ると、
DSC_0610_202308282046145ab.jpg
DSC_0611_20230828204618948.jpg
すき焼きの準備が整ってました。

お馴染み佐賀牛を、
DSC_0613_202308282046165aa.jpg
焼いて焼いて~♪美味美味♪

リヤちゅん、お待ちくだされ。
DSC_0615_20230828204853191.jpg
今回の犬の写真はこれだけ。

夏の思い出に…
DSC_0616_202308282049566f5.jpg
カンパイ~♪

DSC_0617_20230828204957295.jpg
食べよう食べよう♪♪

IMG_0962_202308282049592b5.jpg
ビールやハイボールからどこで日本酒に移ったっけ?

腹一杯になって暑くなってきたから、酒持ってエアコンの効いた2階へ移動。

下でもかけてたけど、いつもの如くMusicをかけて、いい感じで盛り上がる。
DSC_0621_202308282052017a1.jpg
いちゃつくニコリヤ家御夫妻(笑)

毎度毎度なのだが、どうしてエアギターするんだろね??
IMG_0964 (2)
そしてだんだん90年代から80年代に遡っていくのは何故だ?w

おっさん二人で何を踊っているのだ?w 
IMG_0973 (2)
俺とTechitoの青と黄色のTシャツが映える。

いつも歌謡曲に流れてこうなるのね。

昭和万歳~!!

つづく…

category: 2023夏・東北

tb: 0   cm: 0

△top

2023夏旅備忘録④・四尾連湖~宇都宮~隠津島神社  

 

さて、17日の四尾連湖カヤックの後、午後から再び福島方面に向かった我々とニコリヤ家。

「お食事処 川」でのランチ後、出発したのは15時前頃かな。甲府南から中央道に乗り、若干の渋滞を抜け八王子から圏央道へ。五霞まで走って新4号バイパスで給油。そのままバイパスを北へ向かい、宇都宮に着いたのは18時半頃かな、お腹空いた(笑)。宇都宮と言えばタイ料理、今宵はこちらへ。

約1年ブリの、
DSC_0555_20230827213103630.jpg
「バンケオ」

ヤムウンセン♪
DSC_0556_2023082721310576e.jpg

空心菜炒め♪
DSC_0557_20230827213106e66.jpg

プーパッポンカリー、但しソフトシェルじゃなかった。
DSC_0558_20230827213108572.jpg

パッタイ♪
DSC_0559_202308272131095bf.jpg

そして「アレ」、AREである。阪神の今年のスローガンじゃないよ。
DSC_0560_20230827214051831.jpg
ニコリヤ家とは「アレ」で通るデザート、カノムトゥアイ♪。タイ風ココナッツミルクプリンであります。
ここは美味いですな。宇都宮に来た時は暫くここに通うであろう。

さらに北上し、本日の目的地は「道の駅つちゆ」。標高高いので涼しかったね。

翌18日。二本松市街地に下りて「すき家」朝飯を食らい、一路向かうは隠津島神社であります。
DSC_0561_2023082721513938d.jpg
本殿までは結構な道のりがあるのだが、下の方にある第二社務所の隣、

DSC_0575_2023082721514048e.jpg
参宿所に向かいます。ベロゼッタ家が数日前からこちらにステイしているので合流なのであります。

DSC_0565_2023082721534160c.jpg
そう、本日はここに泊るのであります。

参宿所に入ると1階は、
DSC_0563_20230827225910da9.jpg
ドーンと何十畳の広さだろうか、前方にはステージに日の丸、カラオケセットもある集会所みたいなスペース。

ここで寛いていた、
DSC_0573_20230827230155c47.jpg
ロっちゃん、おひさ~

ジル坊、ハリっぽい表情。
DSC_0588_20230827230156954.jpg
ハリ坊の同胎だからね。

DSC_0571_20230827230158359.jpg
ニコ&レイチェルのグランドシニア達は、こちらでおくつろぎくだされ。

このように1階の集会所みたいなスペースには、入り口側にソファーとテーブルがあってね、
IMG_0951 (2)
俺もソファでハリ坊と一緒に寛ぎながら、早くも朝から🍺ビール🍺タイムである。もう車は出さんぞ。

1階には、こんな感じで合宿所みたいな台所とその奥に食堂が、
DSC_0564_202308272259127f5.jpg
風呂場と洗濯機&乾燥機がある。完全に合宿所だね。

DSC_0593_20230827225913aa3.jpg
庭はこんな感じで芝生。前日はここでピザを焼いたとな。

そして、参宿所入り口の横のスペースは、
DSC_0592_20230827225915912.jpg
「こはたCAFE」を営業しているのだ。

さて、歩いてすぐの下の広場にキイチゴがなっているらしく、Techitoと嫁はこのクソ暑いのに取りに行っていた。
IMG_0952 (2)
俺は当然、ビール飲んでぐだーっとしていた。実は1階はエアコンが無いのだ。それでも前日までは何とかなったらしいのだが、日が高くなるにつれて暑くなってきた。予定していたピザ焼きはヤメ。エアコンのある2階でそうめん食べよう。
DSC_0582_20230827231014557.jpg
カンパイ♪

DSC_0579_2023082723101248a.jpg
サクッとそうめん食って、涼しい部屋で寛ろぐ。

そのうち皆眠くなってお昼寝タイムでありますZZZ…

つづく…ZZZ…

category: 2023夏・東北

tb: 0   cm: 0

△top

2023夏旅備忘録③・オニコウベ~岩出山~福島~一旦帰宅 

 

コーシングやカヤックの記事は旅行カテゴリから除外するので、今回は備忘録③であります。

8/15朝、オニコウベスキー場近くのキャンプ場を出発。
既報の通り、鳴子温泉の名物・栗団子を食べに「餅処深瀬」へ。
アツアツできたての栗団子のクオリティの高さに驚きながら、次に向かったのは岩出山。

岩出山城跡の城山公園である。
DSC_0519_2023082520531262d.jpg
市街地の中にポコっとある小高い丘のイメージかな。

でも、そんなところにこの看板!?
DSC_0521_20230825224337930.jpg
熊出るの!?

ここは若き伊達政宗が仙台城に移る前の十二年間、居を構えていた場所である。
DSC_0520_20230825225044af2.jpg

チェルピパハリの後ろに見えるのは、伊達政宗の平和像と呼ばれる銅像である。
DSC_0518_20230825225042396.jpg
仙台城の騎馬像に対して、岩出山城の平和像は起立した形なのが特徴。

ちなみに公園を歩いてる間、嫁は車の中で爆睡。
朝の9時前とは言え、もうかなり暑かったんだよなぁ。アブも多かったし。

さて、これから南下する。まずはガソリンを入れなければ、ということで、
DSC_0522_202308252301473d9.jpg
仙台近郊、富谷市にあるコストコへ。ガソリン入れて、買い物して、スムージを飲むのだ(笑)。

時間もあるし、高速割引無いし、行けるところまで下道で南下しよう。
コストコを出たのは10時半ぐらいかな。
で、福島市内に着いたのはお昼時。行きたいラーメン屋「伊達屋」がお盆で休業していて…

DSC_0523_20230825230149d28.jpg
その近くにあった「完熟ラーメン 本丸 泉駅前店」へ突撃!

俺は黒丸ラーメン。こってり豚骨醬油とあるが、そんなにくどく無くちょうど良いお味。そして麺が良かったね♪麺にこだわりがあるようだね。
0815_20230825230150d18.jpg
嫁は季節限定のトマトつけ麺にチャレンジしていた。

さらに4号線を南下。大玉村に入ったところで、
DSC_0529_202308252312273cf.jpg
向山製作所なるカフェが。

こちらの、ジェラートが売っているベースへ。
DSC_0530_20230825231228088.jpg

いちごとお米のジェラート。お米が粒で入っているのだが、美味美味♪
DSC_0531_20230825231230e6e.jpg
嫁は、クラッシュジェラートレモンなるものを。ジェラートの中にレモンが入ったドリンク状の飲み物。これまたスッキリして美味しかったね♪

この後、郡山の笹の川酒造に立ち寄るも、お盆でお休みとな!むむぅ。
須賀川まで下道で走り、ここから高速で帰路へ(この辺りはまた、2日後に通ることになるのだが)。
結局大潟村から須賀川まで、由利本荘近辺の無料の高速は使ったけど有料道路を全く使わなかったな。

一旦ウチに帰るが、旅はつづく。

category: 2023夏・東北

tb: 0   cm: 0

△top

2023夏旅備忘録②・秋田~象潟~須川高原温泉~大崎 

 

コーシングやカヤックの記事は旅行カテゴリから除外するので、備忘録②であります。

8/13朝、道の駅おおがたを出発。
実は朝マックしたかったのだが、付近の男鹿市や潟上市にはマックが無く、一番近いところで能代市、あとは秋田市内にしか店舗がなかったのだ。で、能代は逆方向なので秋田市内へ向かう。と言っても、海沿いの一般道は快走路で30分強で着いたのだがね。

朝マックは、期間限定のチーズロコモコマフィンを食べる。食後は、洗濯せないかんのでコインランドリーに向かうのだが、
IMG_0873 (2)
その道すがら住宅街を通ると、立ち上がり鼻鳴きしていたレイチェル。住宅街に入ると、結構こうなんだよね(寝てるときは別)。
お友達の家に遊びに行くんだな!どの家にお邪魔するんや?とでも思っているらしい。とにかくお宅訪問が大好きなレイチェルなのである。けど、残念、今日はコインランドリーだよ。

洗濯乾燥してる間に、道の駅あきた港へ行ってみた。
DSC_0475_2023082319280242d.jpg
ババヘラアイスもありました。

お土産を買って、洗濯ものを回収し、7号を南下。道の駅象潟「ねむの丘」に到着。
DSC_0476_2023082319311689b.jpg
象潟と言えば夏の岩牡蠣♪

遡ること22年前、初めて象潟に辿り着いたのは2001年の夏。車で北海道に行きがてら東北をプラプラ廻っていて、
DSC_0477_20230823193118487.jpg
たまたま象潟の道の駅に寄ったら夏ガキに遭遇。生でちゅるんと食べて以来、象潟の夏ガキのファンなのであります。

当時店の人に聞いたのは、真水と海水が交わる小砂川産の牡蠣が旨い!と。
DSC_0478_20230823193119e0a.jpg
7月で終わりなのか!(´;ω;`) くぅ~!

でも象潟産も当然旨かった!
DSC_0479_20230823193121908.jpg
昔に比べたら小ぶりになったような気がする。気のせいなのか?年のせいなのか??💦


ここから東へずんずん向かい、既報の通り栗駒山の中腹にある須川高原温泉に着いたのは15時過ぎ。
DSC_0481_20230823200530b49.jpg
ここからは岩手県一関市です。

涼しいんで散歩するか!
DSC_0483_20230823200531541.jpg

正直日差しは暑かった。日が陰ると、標高が高いので全然空気は涼しいね。(標高1126(いい風呂)メートル)
DSC_0487_2023082320332955a.jpg
DSC_0488_20230823203331a2a.jpg
この後、既報の通り、数十人入れる露天風呂、PH2.2強酸性の温泉に浸かる。

ここから一関市街地に下る道すがら、名水がありました。
DSC_0490_2023082320352496b.jpg
「須川岳秘水 ブナの恵み」

冷たくて美味しいお水、汲んでいきました。
DSC_0491_202308232035259b5.jpg
この時上からも水がザーザー、大雨(笑)。

一関市街地に下りて、何食べようかと考えて思いつかなかったので、フツーに「松屋」で食べる。
但し、せっかくだからデザートを、
IMG_0876 (2)
東北限定で。セブンイレブンのだけど(笑)。

宮城県に入って、大崎市にある本日の目的地「あ・ら・伊達な道の駅」へ。
20時前に到着したので、TVでも見ながらのんびり待つ。
この日JRCの多頭レースに出た、ちくわ家、ジェット家、ROE家が到着したのは22時ぐらいだっけ。
DSC_0492_202308232035273b5.jpg

お疲れさまでした~♪

ということで、翌日はオニコウベでGALCCのルアーコーシングであります。

つづく。

category: 2023夏・東北

tb: 0   cm: 0

△top

2023夏旅備忘録①・那須~鳥海山鉾立 

 

今年の夏旅の備忘録を記す。
近年、記憶が曖昧になって来て、昔の記憶はこのブログに頼っていることが多い。

…ってか、ほぼほぼこのブログに頼っている(笑)。

なので、食の記録が中心になる?かもしれないが、備忘録的に記していく。
ん?既に記憶が飛んできたぞ(笑)

8/10の晩に出発!
何と言っても、今年のお盆も高速の休日ETC割が無い!土日祝(11・12・13日)なのに割引が無い!!
なので、深夜割が頼りになるのだが、真夏にSAでの仮眠は暑くて無理!
(エンジン掛けっぱで寝るのは、ガソリン代も高騰してるしね…)
かといって、夜通し走ると言うのも、この後の日程を考えても体力的には控えておきたい。
ということで車中泊の基本方針は、涼しいところで寝る!例えば標高の高いところ!なのである。

翌日の那須の予定を鑑みて、那須高原駐車場を目的地にしていたのだが、
案外涼しかったので、「道の駅・湯の香しおばら」まで走って車中泊である。

昔は、たかつえでの雪遊びでよく使っていたこの道の駅。
ここに併設しているベーカリー「アグリのパン屋 あ・グット」の塩パンが美味しいんだよな。
IMG_0851 (2)
朝はここのパンで腹を満たしておく。

さて、レイチェルの好きな那須であります。
DSC_0414_20230820231043b1c.jpg
ワクワクして立ち上がる老犬。

目的地はいつものプレイスドッグ。
DSC_0419_20230820231308c31.jpg
目の前の畑のトウモロコシも、すっかり大きく育っておる。

ランに入って、思い思いに御挨拶。
DSC_0415_20230820231309027.jpg
DSC_0417_20230820231311af4.jpg
今回の収穫は、ハリエットがこの場所や環境(大型他犬種が多い)に慣れてきたこと。
リラックスして、ヒトリでランの中をウロウロできていたのね。

レイチェル、抱っこされて嫌がるの図(笑)
DSC_0422_20230820231615111.jpg
3頭ともマッサージやってもらう。

おっと、リン子さんちがやって来た。
DSC_0424_20230820231617091.jpg
ハクタクの写真がない…

この日もキンパのリクエストをしていたので(ドッグランの前・お昼のテイクアウトメニューね)、
DSC_0426_202308202316194eb.jpg
お昼はマッサージの様子を見ながらモリモリと頂く。美味しゅうございました♪ (写真がイマイチ…)

那須を出たのが14時頃かな。のんびり下道で北へ向かう。
白河から北上せず、289号を下郷方面へ行く道すがら、西の郷遊歩道なる場所へ向かってみた。

阿武隈川沿いに滝が見えるらしく、滝が見える展望台に行こうとするが、
DSC_0428_20230820232458d4c.jpg
下はアミアミ!

そしてこんな急階段、いや、ハシゴだ。
IMG_0852 (2)
犬は無理だな。

DSC_0433_2023082023245924d.jpg
ということで、人間だけ交互に下りる。

何となく、急流と滝が見えた(笑)
DSC_0434_20230820232501519.jpg
歩けそうで涼しいかなと思って立ち寄ったのだが、湿度が高くて蒸し暑かったので早々に退散。

下郷から北へ向かい、「くぅ~食べたいな…」と言いながら喜多方はスルー。時間的に合わないしね。
米沢から高速に乗って、夕食の時間となり山形で降りる。

山形と言えば「冷やしラーメン」ってことで、この時間にやってる店を探して、「金ちゃんラーメン」へ。
0811.jpg
ファミリー客中心で繁盛していた。地元の方に愛されているお店だな。
冷やしラーメン自体は以前行った「栄屋」のほうが好み。

新庄まで北上して、47号で酒田へ向かい、そこからちょいと北上。そして標高の高い場所を目指す。
DSC_0442_202308202335559ec.jpg
鳥海山鉾立駐車場に到着したのは22時を過ぎていた(写真は翌朝)。
めちゃくちゃ星がキレイであった。

明るいと、日本海を見渡せる(翌朝の写真)。
DSC_0452_20230820233556dfb.jpg

涼しくて快適に就寝できたな。

翌日は、三種町のJRCコーシングであります。つづく。

category: 2023夏・東北

tb: 0   cm: 0

△top

二本松・隠津島神社 

 

厳かである。

20230818141052bf8.jpg
福島中通り、二本松の隠津島神社。

外は猛暑。
20230818141051cfa.jpg
涼しい室内でノンビリだ。

そしてお酒は、
20230818141049d30.jpg

大七‥です!

category: 2023夏・東北

tb: 0   cm: 0

△top

鳴子温泉・餅処深瀬の栗だんご。 

 

朝の8時。
鳴子温泉は栗団子が名物とのことで、その発祥の店というこちらへ。

2023081514223626e.jpg
「餅処深瀬」

こういう所は朝早くから開いてます。

20230815142238ae8.jpg
日持ちしないので、本日中にお召し上がり下さい。

ホカホカに温かい❕ 出来立てっす❕
20230815142235046.jpg

くどくない甘さ、美味しゅうございました❕

category: 2023夏・東北

tb: 0   cm: 0

△top

一関・須川高原温泉 

 

栗駒山の中腹にある須川高原温泉まで来た。

風呂の前にチェルピパハリをお散歩。
20230813172728831.jpg
標高は1126(いいふろ)メートル。ここまで来ると風が涼しい。でも、日が出ると暑い。下界は35℃だからな‥

202308131727324f9.jpg
大露天風呂の入り口はこちら。

20230813172734a88.jpg
入り口の脇を見ると温泉が流れる。硫黄の匂いがプンプンする。

人が居なかったので嫁が露天風呂の写真を。
2023081317273417f.jpg
数十人入れる露天風呂に源泉がたっぷり。湧水量は全国屈指とのこと。
PH2.2強酸性の温泉なんで、昨日日焼けした嫁はヒリヒリしてそうだ。

category: 2023夏・東北

tb: 0   cm: 0

△top