fc2ブログ

ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」「ブリジット」「フィリッパ」「ハリエット」との暮らしを中心とした徒然日記

河津・佐ヶ野川遊歩道へ。 

 

29日は伊豆へ。

前から気になっていた河津町の佐ヶ野川遊歩道へを歩いてみよう。
DSC_7676.jpg

だ~れも居ない川沿いの遊歩道を、片道1.5キロ。
DSC_7686_202302041021384c8.jpg
DSC_7683.jpg
DSC_7682.jpg
水が超キレイ!

夏は水遊びする人が多いのかなぁ。
DSC_7689.jpg
DSC_7690.jpg
アップダウンはあるものの、歩きやすい遊歩道。

レイチェルもテクテクと自分のペースで。
DSC_7691.jpg
DSC_7692.jpg
ここは夏は涼しそうだね。

1.5km歩くと車道に出る。車道をずんずん登っていくコースもあるのだが引き返す。
1.5km元の道を戻ったのだが、実は遊歩道の入り口から、滝への歩道が分岐しているのだ。
DSC_7694.jpg
「三養院の滝」は分岐点からすぐ。

滝の正面ではなく滝の上に至るところで行き止まり。
DSC_7695.jpg
両岸には柱状節理、そして水が澄んで青い!

遅れてレイチェルが到着。
DSC_7699.jpg
「おまたせ~」って感じ。

DSC_7700.jpg
ということで車に戻る。夏に歩くのは涼めていいかもね~

先程、車道をずんずん登ってくコースがあると言ったが、その先には「伊豆元気わくわくの森」というのがあるそうだ。
DSC_7702.jpg
とはいえ5km程度あるので、車で行ってみた。

一面雪が残っている。
DSC_7705.jpg
そして駐車場の脇にはソーラーパネル群が!

軽く歩いたが、今日は何だかわくわくしなかったので戻ろう。
DSC_7704.jpg
とくにレイチェルがわくわくしていない(笑)。

戻りがてら、上佐ヶ野親水公園というのがあったので立ち寄る。
DSC_7707.jpg
三島神社という社と、

ちょっとしたスペースがあるだけの小さな公園だった。
DSC_7709.jpg
どこかから川に下りれると思うのだが、よくわからんかったな。

河津桜がちらほらと、咲き始めているな。もう2月だし。
DSC_7713.jpg

この後、河津の街中へ向かう。
もうすぐ河津桜の季節だが、まだ人は少なかったな。つづく。。。
スポンサーサイト



category: ハイキング

tb: 0   cm: 0

△top

やどりぎ水源林再び。 

 

15日の朝から、ジュビア家と一緒に丹沢のやどりぎ水源林へ。ここでルークレイル家と合流であります。

天気が悪い。小雨そぼ降る中、裸族のローリィもさすがに着ている。
DSC_7564.jpg
二頭で「寒いなぁ」と挨拶代わりにでも言っているに違いない。

レイルも寒そうな顔をしている。
DSC_7565.jpg
寒がりのハリ坊、この後、更にスノードッグガードを重ね着する。

前回と同じく、やどりぎ大橋のたもとに車を止めて、1周2.8km;90分の周遊コースAを行ってみよう。
IMG_8579 (2)
DSC_7570.jpg
緩い上り坂、後ろからゆっくり着いて来るペペーペ。のんびり行きましょう。

前回も登った斜面を駆け上がる。
DSC_7567.jpg
上で仁王立ちするピパとローリィ。ブルーハに「来いよ」と促しているのか。

IMG_8583 (2)
ブルーハも駆け上がり、

3頭で斜面の際を走り回っておった。
IMG_8584 (2)
もっと広いとこで走ってくれ~

登山道との分岐地点で、周遊コースは沢を渡ることになる。
DSC_7574.jpg

この日唯一のチェルピパハリ3頭が並んだ写真。
IMG_8592 (2)
この後のハリ坊、沢渡りで思いっきり入水。じゃぼんと腹まで入ったのだが、ここはスノードッグガードの威力で服の中は濡れてなかったのね。すごい。

ここからは植林の中、アップダウンする遊歩道を歩く。
DSC_7581.jpg
DSC_7578.jpg
俺はレイチェルと一緒に、ゆっくりと。

ピパと愉快な仲間たちはというと…
IMG_8593 (2)
何だ!この寒いのにすっ裸ではないか。よっぽど走り回ったようだな。殿にいた俺とレイチェルは全然見ていないが(笑)

下りは登りに比べてスタスタ歩いていたレイチェル。それでも前回よりは慎重に降りていた。
DSC_7584.jpg
前回は21年11月。ほんの1年2か月前なんだけどね。この歳になると、その短期間でもガクンと老化が進んでいる。
まぁ、もうすぐ16歳だということを考えると、頑張って歩いているんだけどね。

一カ所だけ急な階段が設営されている。
DSC_7586.jpg
さすがにレイチェルは抱っこ。途中何カ所かあった丸太の橋も今回は抱っこで。

ピパは「のぼるでごじゃる!」
IMG_8599 (2)
IMG_8601 (2)
ローリィと元気に登っておったな。

途中、ブルーハの同胎、ビンカ家が遅れて到着。やどりぎ大橋から逆回りで遊歩道を歩いて来た。
周遊コースの1/3程の場所で我々と無事合流。ちなみに逆回りだと、最初から結構な登りがつづき、ビンカの飼い主さんも大変そうにしていた。ということは、我々はこの後ずっと下りなのね。

やどりぎ大橋に戻ってきたのは出発して約100分後。
DSC_7592.jpg
IMG_8602 (2)
レイチェル、おつかれしゃん。

ここでビンカの写真がようやく出てきた。なんせ、レイチェルと一緒だとみんなから離れて歩くことになるので、前を歩く皆さんの様子もわからないし、写真も撮れない。
DSC_7593.jpg
レイチェルよ、耳立てて何を期待しているかというと…

DSC_7595.jpg
ササミのオヤツね。ルークレイル家奥様から貰って、ボリボリ食べておった。

お昼は前回同様、「総本山 丹沢そば」へ。
tan_20230121163138763.jpg
今回は寒いので店内で。犬は車でお留守番ね。さすがに暖かいおそばにしました。

天気良かったらもう少しどこかで遊ばせても良かったんだけど。
今回はこれにて解散。お疲れ様でした~

category: ハイキング

tb: 0   cm: 0

△top

空の青さを知る犬よ。 

 

9日は伊豆へ。

以前から気になっていた「浅草じゅうろく修善寺はなれ」でランチ。その名の通り浅草に本店がある。
犬OKの離れがあったのだが、現在は閉じているとのこと。
11:30頃到着。数組並んでいて、20分程度待ったかな。
0109_2023011722494487f.jpg
一番人気の出汁巻玉子は絶品♪ 嫁は「大海老天せいろ」を頂く。

私は「原木しいたけ小天丼せいろ膳」を。下の写真に上の写真のせいろ蕎麦がつきます。
DSC_7455.jpg
蕎麦旨いです♪風味も味も良くもう一枚頂きたかった。そして、肉厚のしいたけがプリップリで美味いんよ♪
「食べログ100名店」の看板を掲げてるだけありますね。美味しゅうございました♪

さて、この日の目的地は稲取細野高原。

連休最終日の午後、だ~れもいない。駐車場にも車が一台いたけど、すぐ出て行ったな。
DSC_7458.jpg

「ひゃっほう~♪」
DSC_7461.jpg
って感じで、ピパハリはガンガン走り回ってたな。

DSC_7463.jpg
コンディションの良い芝の上で縦横無尽に走れて、そりゃぁ楽しかろうや。

さて、駐車場から時計回りにハイキングコースを歩きましょう。
DSC_7466.jpg
「え~行くの?」という感じで、トボトボとついて来るレイチェル。
登り坂を歩くのがゆっくりになってきた。というか牛歩。必死に励まして歩いてもらう。

階段を下りて登った後は、緩やかな上り坂が続く。
DSC_7468.jpg
1700m程、レイチェルのペースで。40分くらいかかったかな。

三筋山への遊歩道との分岐に到着。ここから三筋山へは行かず、桃野湿原の方へ向かうとすぐにだだっ広い場所がある。

パラグライダーのトレーニングエリアらしい。こりゃまた広くていい場所。そしてだ~れもいない。
DSC_7475.jpg
空が青くて広い。冬枯れした黄色い芝とのコントラストがよろし。

早速、下から走らせよう。
IMG_8541_Moment.jpg
IMG_8541_Moment(2).jpg
MOV_7477_Moment.jpg
走り終わった後、後ろでガウガウ言ってるのでを振り向くと、
IMG_8541_Moment(3).jpg
ピパ太郎、なんちゅう邪悪な顔(笑)

青と黄色をバックに。
IMG_8544 (2)
芝生を更に上へ登っていくと、三筋山への道に繋がっているはず。
IMG_8549 (2)
草スキーしたら気持ちよさそう。

そして、下ります。
IMG_8551_Moment.jpg
一気に下って来るピパハリ。

ゴールした後、てけてけ~とゆっくり下って来るレイチェルを何度も迎えに行っていたハリ坊。
IMG_8551_Moment(6).jpg
ハリ坊はハリ坊なりに、、レイチェル婆さんを気にかけてるのね。

IMG_8551_Moment(5).jpg
レイチェルお疲れちゃん。

DSC_7479.jpg
ここからの帰りは下り。レイチェルもサクサクついて来る。

途中道から逸れて、中山湿原の遊歩道を歩いてみる。
DSC_7482.jpg
良い感じで直線コースっぽいところがあったので、

レイチェル単走で、レディーゴー!
IMG_8554_Moment.jpg
走るんなら、こういうコースでないとね(笑)。

1周65分コース・3.5kmを歩き終え、駐車場に戻ると、
MOV_7465_Moment(2).jpg
再び走り回っておったピパハリ。若者は元気やね。

帰り、甘いもんが食いたくなったんで、伊豆市松ヶ瀬の、
DSC_7488.jpg
「ほたるの庭」へ。

ちょっとだけテラス席もあるけど、犬は車で留守番させて店内でお茶☕しました。
hotaru.jpg
なかなかいい雰囲気。ランチもやってるらしいので、今度はお昼に来てみよう。

久し振りに、ハリエット共和国静岡版の版図を。(フィリッパ王国は変化なし。レイチェル帝国は既にコンプリート
H202301.jpg
今回はお初の東伊豆町をゲット。なかなかハリ坊の顔が埋まらんな。
今年は版図を広げるぞよ!

category: ハイキング

tb: 0   cm: 0

△top

松崎町雲見・烏帽子山浅間神社へ。 

 

27日の午後、松崎町の雲見海岸。

駿河湾の向こうに富士山がうっすら。
DSC_6773.jpg
海岸の駐車場に停めて、

まずは烏帽子山浅間神社へ行ってみよう。
DSC_6772.jpg
展望台は標高164m。

まず拝殿までの130段を登る。
DSC_6753.jpg
いやいや、違うって!

DSC_6754.jpg
まだまだこれからだって!

ここから320段の石段が「ど~ん!」と控えるのであります。
IMG_8107 (2)
えっちらおっちら…
IMG_8112 (2)
奥の方はさらに傾斜がきつくなってるぞ!

IMG_8115 (2)
レイチェル頑張れ!!

登った~
IMG_8116 (2)
上から見てもなかなかの傾斜であります。

ここから山道を10分程ずんずん登っていきます。
IMG_8120 (2)
若者たちはさっさと先に駆けて行く。
IMG_8122 (2)
暑くなってきたので服脱いどくか。

IMG_8126 (2)
レイチェルもう少しだ!

ということで、本殿・展望台に到着!
DSC_6760.jpg
展望台は急な階段を登り、二、三畳程度?の狭い場所で、転落防止にネットが張ってある。

これが、展望が素晴らしくて♪
IMG_8127 (2)
北の方を眺めると、駿河湾と富士山🗻

DSC_6763.jpg
東の方角は伊豆半島の海岸線と山々、

後を向くと、
DSC_6762.jpg
透き通った海と千貫門ビーチ。

DSC_6765 (2)
そして広がる大海原。気持ちいいですばい!

IMG_8130_20221202215606368.jpg
とりあえず撮っておこう!

帰りは下りで楽ちん…って訳じゃないし。
IMG_8135 (2)
慎重に慎重に。下りは足がカクカクするわ。


お次は千貫門ビーチ、そして高通山に行こうと思っていたのだが、とてもそんな体力は無いし、また今度。

車で石部の棚田に行ってみた。
DSC_6776.jpg
駿河湾と棚田…

景色いいんだけど、田んぼはやっぱり稲と水が張ってる初夏に来るべきだな。
IMG_8142 (2)

まぁ、次来る目的ができたからいいか(笑)

category: ハイキング

tb: 0   cm: 0

△top

長尾峠~丸岳ハイキングコースへ。 

 

5日、日曜日。
前の週に行く予定だった長尾峠~丸岳のハイキングコースに行ってみた。

箱根スカイラインの御殿場側料金所付近にある長尾峠駐車場へ。
DSC_4430.jpg
こちらに車を停めて、

DSC_4431.jpg
こちらの入り口からハイキングコースに入ります。(11:39)

DSC_4432.jpg
狭い道をえっちら登っていくと4分程で、

箱根峠から金時山に向かう稜線を歩ける、ハイキングコースに突き当たる。
DSC_4433.jpg
神奈川静岡県境をほぼなぞっているみたい。(11:43)

このハイキングコースには歩道管理ナンバーなるものが50mおきに設置してある。
DSC_4463.jpg
この場所は69番の文字が。

さて、丸岳のほうへ向かう。
IMG_5971 (2)
平坦な道から、ちょっと下りになって、

DSC_4436.jpg
程なく仙石原との分岐点に到着。

ここからは登り。
IMG_5977 (2)
まだまだそんなに急勾配ではない。
IMG_5982 (2)
楽しそうに駆けてます。

ちょっとずつ勾配が急になってきた。
DSC_4437.jpg
レイチェルよ、のんびり登ろうな。

振り返ると、
IMG_5983 (2)
芦ノ湖が!

20分程で富士見台に到着。(12:05)
DSC_4443.jpg
展望台が好きなピパ、勝手に登っていく。
IMG_5987 (2)
「曇ってて富士山が全く見えないでごじゃる」

さらに進む。

振り返ると、箱根の稜線を境に、神奈川県側である左側に芦ノ湖が、静岡県側である右側には…
DSC_4460.jpg
裾野・御殿場の街並みが見えるが、肝心の富士山はやっぱり見えず。

ということで、20分程歩いて丸岳に到着(12:27)
DSC_4451.jpg
ゆっくり歩いて駐車場から50分弱。しかし、ガスってて電波塔が霞んでるな。。。

IMG_5996 (2)
記念写真をば。

丸岳頂上の歩道管理ナンバーは107番の文字が。
DSC_4457.jpg
ということは、69番から数えると1900m。お気軽なコースですな。

さて、山頂にはテーブルがあるのだが、
DSC_4456.jpg
何でこんなに高さが高いのだ??(笑)

行き掛けに裾野市のBoulangerie miya(ブーランジェリー ミヤ)で買ったパンを食べるのだ。
DSC_4458.jpg
美味かったぞ! しかし、急にガスって寒くなってきた。とっとと下山だ。

帰りは30分強ほどで、駐車場に帰ってきたな。(13:20)
DSC_4464.jpg
ん?レイチェル、物足りないって?(笑)

時間があるので、箱根スカイラインの途中にあった富士見ヶ丘公園へ。
DSC_4465.jpg
だ~れも居ない。

IMG_6001 (2)
IMG_6002 (2)
ピパハリ、存分に走ってました。

お次は箱根芦ノ湖展望公園へ。
DSC_4481.jpg
ここから、先程の富士見ヶ丘公園を通り、長尾峠までずーっとハイキングコースが繋がっているんよね。

DSC_4482.jpg
芦ノ湖の方を眺めると、こんな感じのはずなのだが…

むむぅ…
DSC_4483.jpg
リベンジせねば…(笑)


さて、夜はカルアミルク家が遊びに来てくれた。
0605.jpg
DSC_4485.jpg
パタゴニアのビールで乾杯♪

ミルクはいいのだが、
DSC_4491.jpg
DSC_4489.jpg
相変わらずカルアの写真がブレブレ💦

うちの3頭は前日の滝沢からの本日のハイキングですっかり疲れていたようで、この日は早々にまったりモード。

テンションが下がってくる日曜の晩に、楽しく飲めるのは嬉しいことです♪
カルアミルク家のみなさまありがとうございました♪

category: ハイキング

tb: 0   cm: 2

△top

長尾・丸山ハイキングコースへ。 

 

28日、夕方。アシュポル家が到着。

MOV_4332_Moment.jpg
レイチェル、この表情であります♪ ウィペットの皆さん大興奮でした。

今宵は、アシュレイとブリの生まれ年、
DSC_4500.jpg
2008年の泡で、


位置について…
DSC_4333.jpg
カンパイ♪

スタンバイするポルちゃん。
DSC_4340.jpg
他にウィペッツの写真がないぞ💦

料理の写真をば。
0528.jpg
この日は鴨すきでした♪
ヒデさんとこの鴨フィレ2枚を手羽元部分はぶつ切り、フィレ部分はスライスでネギ4本分のスライスと生きくらげです。それだけです。
ヒデさんに教わった田崎信也さんの赤ワイン鍋を嫁が適当にアレンジして割り下にしたらしいです。割り下を買い忘れたかららしいです。
でも、鴨肉が旨いので、それはそれでうまかった。


翌日、俺は朝から髪を切りに行き、帰ってマッタリ。
早めの昼ご飯ということで、近所の「弥次喜多」へ。
DSC_4345.jpg
沼津に20年以上住んでいて、食べに行くの初めてだったりする…。

おすすめはあじあじ定食であります。アジフライとアジの刺身が付いてます。旨い♪
yajikita.jpg
嫁はボリュームたっぷりとんかつ定食。ご飯も旨いのね。


午後は、食べすぎ飲みすぎた身体を動かそう。
ということで、長尾峠からの丸岳へ続くハイキングコースに向かうも…、道を間違える…
ゴルフ場へ向かう道から長尾峠に行けると思っていたのだがNGらしい。湖尻峠か乙女峠から向かうしかないみたい。

途中で引き返しこちらへ。
DSC_4356.jpg
長尾・丸山ハイキングコースの入り口「海の見える四季の丘」なる所に車を停めて、五本松展望台まで歩いてみます。
(本当は御殿場線富士岡駅が起点とのこと)

ガンガンいくぜぃ!
IMG_5860 (2)
ポルたんとピパハリは威勢よく駆け上る。

DSC_4350.jpg
こちらは、のんびり行くぜぃ!

IMG_5861 (2)
っていうレイチェルに、お付き合いして俺もの~んびり歩くのだ!

ピパハリ、上で待ってますよ~
IMG_5862 (2)
「おまたせ~」

ということで、海の見える四季の丘から五本松展望台は900m程。(富士岡駅からが2200mとな)
DSC_4354.jpg

IMG_5863 (2)
霊峰をバックに。

しかし、日差しが強かったな。
IMG_5868 (2)
「あひゃぁ~」

ここから長尾峠までは3kmの登り。き、今日のところはここまでにし、さくっと引き返してお茶しに行こう(笑)。

DSC_4361.jpg
乙女峠近くの富士見カフェへ。

fujimi.jpg
IMG_5874 (2)
DSC_4359.jpg
DSC_4360.jpg
テラス犬OKでごじゃる。

長尾峠からここまで歩いて来てお茶、というパターンもアリだけど、犬連れだと車が要るので帰りが大変だな。


夜は昨日の鴨鍋の残りと、〆のそば。
0529_20220608210136fdb.jpg
DSC_4363.jpg
龍馬に、カンパイ♪ (なんでなん?)

category: ハイキング

tb: 0   cm: 0

△top

幕山公園BBQと弾丸ハイキングの巻。 

 

5月4日のお昼、湯河原の幕山公園に集合。デイキャンであります。

DSC_3850.jpg

メンバーはベルジャス家、ニコリヤ家、ジョジョスー家。
DSC_3835.jpg
全員集合の写真ではございません。

まずは、偶然、京都からいらっしゃったウィペットパピー連れの御家族に遭遇。
DSC_3834.jpg
レイチェル、可愛がってもらっとりました

鴨ソーセージやら焼き鳥やらゲソやら海老やらホワイトアスパラやら…
0504.jpg
BBQBBQBBQ~♪

レイチェルとハリ江が並んでマッタリしとるわ。
DSC_3841.jpg

いやいやまったりもしてられないよ。せっかく遊びに来たんだしさ。、
管理人のおっちゃん曰く、幕山頂上まで30分ぐらいで着くよ、と軽く言っていたので…

登り始めたのは14時半頃だっけ。
IMG_5479 (2)

楽しそうな顔で走るジータ、その後方には、レイチェルとkazooさんが。
IMG_5484 (2)

レイチェルはkazooさんとのんびり登っていた…らしい。「らしい」というのは…
IMG_5487 (2)
俺がトイレ行ってる間に先に登り始めていたのだが、後から追いかけた俺が道を間違えて、大きく出遅れ💦。

ジータとレイチェル、kazooさんで楽しく歩いていた…らしい。
IMG_5491 (2)
この時は、まだまだ追い付いてなかったな。

この後ようやくレイチェルに追いついて、その後はレイチェルは俺と一緒にゆーっくり登る。

で、登れど登れど頂上が見えてこない。
おっかしいな?30分と言っていたのに…。と、もらったパンフレットの裏を見ると…

山頂まで70分の文字が…💦

レイチェル飼う前、昔登った時は、別の登山口から登って山頂から幕山公園に降りてきたのだが、下るだけで30分ぐらいはかかった記憶があった。。。やっぱり。。。。全然違うじゃねぇか。。。

意外と傾斜のある道が続き、シニアなレイチェルはゆ~っくりペースで登る。

で、皆に遅れること10分ぐらいかな?レイチェルも山頂に到達!
結局80分以上かかったようだ。
DSC_3861.jpg
木々の間からは、相模湾と真鶴半島が!

IMG_5497 (2)
みんなで記念撮影!

もう4時を回っている。。。さっさと下りないと。。。
ということで、帰りはサクサク降りて、30分で幕山公園に到達。
まさか管理人さんが言ってたのは下りの時間なのか…(笑)

そんな管理人さんは、さっさと帰ったらしく事務所にはだれも居なかった。。。
まさか、嘘を教えたんで逃げたのか?(爆)


夜はジョジョスー家別宅にて、ニコリヤ家も一緒に、
IMG_5511 (2)
0504-.jpg
ジョジョスーとブリの生まれ年2008年モノで乾杯♪

ピパは弟子のジータと、
IMG_5507_Moment(2).jpg

わしゃわしゃ遊んでおったようだ。
IMG_5507_Moment.jpg

IMG_5503 (2)

おれもいつの間にか酔っぱらって寝てたな…

GW6連チャン目終了。。。🍺🍷🍸

category: ハイキング

tb: 0   cm: 0

△top

不老山だ! 

 

3月12日土曜日。
金時公園に集合したのは、レイル&ローリィ、ラッキー&つばめ、そしてチェルピパハリ。

AM9:53
DSC_3105.jpg
不老山に向けてしゅっぱ~つ!

最初は急な階段を、
DSC_3107_202203190057492b7.jpg
えっちらおっちら、世界のつばめ。

展望台との分岐を右に行き、登り切ったら平坦な場所が。
DSC_3113.jpg
一足先に行っていた、ローリィとピパが遊んでいたようだ。

ここからはやや平坦な砂利道。
IMG_4915 (2)
ハリ江&ローリィ、同胎姉妹で。

こちらは世代違いの姉妹。父母は全く同じの、レイチェル&世界のつばめ。
IMG_4918 (2)
つばめ、もう12歳なのね。

DSC_3117.jpg
建設中の新東名のバックに富士山、雄大じゃ!


AM10:30
DSC_3119.jpg
公園から1.3kmの分岐点。ここまでは昨年末訪れた。

不老山は、ここからヘアピンで上に向かう道。
DSC_3120.jpg
DSC_3127.jpg
レイル&レイチェルよ、野生動物のニオイがするのか?

ちょいと歩いて小腹がすいた。休憩すっか。
DSC_3129.jpg
道の駅おやまで買った、桜餅をば。西の出身としては、桜餅はやっぱり道明寺ですねえ。

犬たちもおやつに群がる群がる…
DSC_3131.jpg
あら、レイチェルが一番前におる(笑)

さらに歩いていくと…
DSC_3134.jpg
ハリ江がのぞいておるのは…

コンクリで固めてあるが、結構な崖じゃねぇか。こわっ(写真ではわかりづらいが)
DSC_3135.jpg
野生動物は簡単にスタスタ降りていくのだろうか。

この辺は、一部舗装してある場所もある。
DSC_3137.jpg
のんびり歩く、もうすぐ14歳ラッキー&もうすぐ15歳のレイチェル。

AM11:43
DSC_3139.jpg
金時公園から3キロ。不老山まで残り1.7キロ。

DSC_3141.jpg
ここから分岐を左へ。山道っぽくなってきた。

DSC_3148.jpg
登りが急になってきた!

DSC_3154.jpg
崩落して足場が悪いところも頑張って歩こう!

PM0:54
DSC_3158.jpg
頂上まであと200m!

PM0:58
DSC_3160.jpg
ゴール! シニアペースだったんで3時間かかったな。
基本的には、緩やかに緩やかに登っていくので、シニアでも十分登れる山です。

さっそく。
DSC_3161.jpg
「めしでごじゃる!!」

ニンゲン達はテーブルに座り、ルークレイル家が海老名SAで調達してきてくれたおにぎりやらから揚げやら甘いものを。

DSC_3165.jpg
犬たちはオヤツタイム!

DSC_3168.jpg
並んで並んで…

PM1:23
DSC_3170.jpg
さて、リュックも軽くなったし、帰ろ帰ろ…

帰りもはしゃぎ回る若者たち(ピパ、ローリィ、ハリ江)。
IMG_4924 (2)
頂上で休憩したから?、いや、若者たちは動き回っていたので大した休憩にはなってない。
(レイチェルはテーブルの下で寝て、しっかり体を休めていた)
IMG_4928 (2)
さすが若いので元気があるな。

DSC_3174.jpg
帰りはサクサク下って行き、

PM3:00に下山。帰りは1時間半で降りてきた。
DSC_3178.jpg
疲れましたかハリ江さん。

DSC_3179.jpg
達成感たっぷりのレイチェル。頑張りました。

つづく~

category: ハイキング

tb: 0   cm: 0

△top

ヤビツ峠だ! 

 

23日。ヤビツ峠周辺を歩こうということで、朝から(と言っても10時半)ニコリヤ家とベティ家と菩提峠の駐車場に集合。

DSC_2508.jpg
ヤビツ峠の駐車場は朝から登山者で満杯になるとのことで、こちらの駐車場にしたのだ。

DSC_2509.jpg
菩提峠駐車場にあった丹沢周辺の地図。我々が居るのが現在地。

よく見えないから拡大。
DSC_2509 (2)
現在地からヤビツ峠まで往復だ!ひろ~い丹沢山地のごくごく一部を歩くのだ!(笑)

DSC_2510.jpg
IMG_3985 (2)
まずはちょいと登っていくと…

IMG_3986 (2)
パラグライダーの発射台が!?

DSC_2513.jpg
これ以上前に行けん…💦

IMG_3998 (2)
すごーく景色は良いんだけどね。

「こっちだぜ!早く行こう!」という感じの楽しそうなベティ。
DSC_2518.jpg
オンナの中にオトコがひとり~、であります。

ちょっと登った後、
DSC_2519.jpg
一気に下って、

そこからぐぐ~っと登りが続く…
DSC_2520_20220204002356c95.jpg
嫁曰く、アップダウンが少ないみたいなことを書いてあったそうだが、そんなことは無かった。山だしね(笑)

歩いて30分程かな。
DSC_2522.jpg
塔ノ台の休憩所に到着。

展望台に上ってお仕事(記念撮影ね)。
IMG_3990 (2)
ちなみにニコ氏とニコリヤ家御主人は車に戻り、ヤビツ峠の駐車場に先回り。

IMG_3999_202202040028188c9.jpg
そしてオヤツ休憩であります。

再び歩く。
DSC_2531_20220204003108f39.jpg
ここからはそんなにアップダウンは無かった記憶が。

DSC_2533.jpg
途中もう一カ所休憩所があって、軽く休憩し、

DSC_2534.jpg
ヤビツ峠に到着したのは11:45ぐらいか。歩いたのは実質1時間強かな。

峠には国民宿舎直営の売店が。犬が入ってもOKよと言われ助かった。寒かったんよね。
DSC_2536.jpg
丹沢ホームの焼菓子工房で作った焼き菓子を購入。おいしゅうございました♪

ここから菩提峠に帰るには元来た道を戻るか、車道を歩いて戻るかの二択。
元来た道を戻るのかったるいし(笑)、車道を犬連れて歩くのもかったるいし(笑)。

ということで、ハイキング終了~

ヤビツ峠で待機していたニコリヤ御主人の車に、男二人が乗り込み菩提峠に戻り~の、
車をヤビツ峠に持ってきて一件落着(笑)

その間、女性陣と犬達は、売店のおっちゃんにおかきやコーヒーを御馳走になりながら熊の動画とか見せてもらっていたそうだ…

元々、ヤビツ峠に新しくできたレストハウスでカレーを食べようということも考えていたのだが、
秦野のタイ料理に行こうということになり、時間を考えると菩提峠に歩いて戻ってる時間は無かったのね。
まぁ、食い気ですよ、最後に勝つのは(笑)

「バーンタイ台所」という名のタイ料理屋へ。
0123.jpg
「アレ」がありましたよ!「アレ」が!(写真右下の白いスイーツ)
おいしゅうございました♪ちなみに、料理の盛りは少なめです。

どこかでお茶しようということで、平塚の「Cafe Remy」へ。
0123-.jpg
ウッドチップのちょっとしたランもあります。

インスタに乗せるとかで、お仕事(記念撮影)をば。
IMG_3996 (2)

ベティ、レイチェル、フィリッパ、ハリエット、ニコ、リヤ、

そして、隠れる俺(笑)

category: ハイキング

tb: 0   cm: 0

△top

世界のビール! 

 

22日。ソロフォル家が遊びに来てくれたので、ちょいとハイキングしましょうとお山の遊歩道へ。

IMG_6629_202202022017568e1.jpg
後ろがソロ、前がハリ江。

IMG_6624_20220202202113e3a.jpg
フォルトゥーナ。

IMG_6627_20220202201758e86.jpg
後ろがサリナス、前がピパ。

IMG_6616_202202022022529f7.jpg
木橋を渡り~

山道をえっちら~
IMG_6617_20220202202253e7b.jpg
みんなシッポが上がって楽しそうだ。

IMG_6633_202202022022541ba.jpg
そして難関の細~い金属橋~

躊躇なく突っ込んでいくハリ江、
IMG_6634_20220202202256907.jpg
フラフラしてっから、落ちやしないかとドキドキである(笑)

IMG_6641_20220202202836678.jpg
25分程で、途中の展望台に到着。

IMG_6644_20220202202838c45.jpg
もじょ~

もじょ~
IMG_6645_202202022028384b7.jpg
芝生の上でもじょもじょを繰り返すペペーペ。気持ちいいもんな。

ん?
IMG_6650_20220202202840d4f.jpg
サリナスも、もじょもじょやるんかい!?

ここから、「振り向くと」景色の良い登り道が続く。
DSC_2490_20220202203433b74.jpg
「振り向くと」ね。行きはみんな前向いて振り向かなかったからな…(笑)

のんびり上るペペーペ。弟君が一緒のペースで付いてくれているの図。
IMG_6671_202202022034337d6.jpg
ほのぼのじゃ。歳の差が近いからな(笑)

で、目的地に到着。
IMG_6673_202202022037442ab.jpg
スタートから40分程度かな。

軽く昼ご飯をば。この後ダラダラと飲むからね(笑)。
IMG_6677_20220202203745934.jpg
テーブルの上が気になる気になる…

下界が展望できる場所で、
IMG_3980_202202022037477eb.jpg
1643726662308.jpg
フォルトゥーナ、サリナス、ソロ、ハリ江、ピパ、ペペーペ。


さて、ウチへ。
0122.jpg
早い時間から、ダラダラ飲みましょう。メインはいつもの鴨鍋であ~る♪

そして、世界地図??
DSC_2505_202202022109017ee.jpg
ソロフォル家が世界各地のビールセット(20本程)を持って来てくれて、原産国を地図で見ながら飲もうと言ってたのだが、

おぉ~!!俺の大好きなシメイブルー!!!
DSC_2495.jpg
ベルギー産だね。

ん?八海山!?
DSC_2506.jpg
に、新潟だね。。

あれっ?ビールの写真を全然撮ってない(汗)
というか、地図も表には出ることなく、飲んで食ってましたわ…(爆)

はい、犬達もオヤツタイム。
DSC_2498.jpg
あ、レイチェルが写ってないや。

ということで10時ごろまでダラダラと飲んで食って、
ソロフォル家の皆様お付き合いいただきありがとうございました!

category: ハイキング

tb: 0   cm: 0

△top