fc2ブログ

ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」「ブリジット」「フィリッパ」「ハリエット」との暮らしを中心とした徒然日記

青島食堂・生姜醤油系ラーメン。 

 

つづき。
3連休最終日。ライガ家に連れられて、見晴らしの良い丘の上の公園へ。
DSC_0315.jpg
ぜーんぜん雪がないのは異例。

IMG_0850_20200301174134327.jpg
ライガ、走り回るから素っ裸でも寒くないのだ!

IMG_0860_20200301174136b0d.jpg
そして、やっぱりリヤに御執心であります(笑)

IMG_0877_2020030117413740c.jpg
レイチェルが寒そうなんで、レディーゴー!
IMG_0885_202003011741393a2.jpg
リヤとだったら並走するのだ!

IMG_0893_20200301174140ddf.jpg
ピパとダービー。
IMG_0933_202003011741423f0.jpg
前日雨だったんで、結構な水しぶきが飛ぶ!
IMG_0871_2020030117414348f.jpg

ひとしきり1時間弱程度歩いて、
IMG_0936_20200301175007dd2.jpg
帰り際にまたちょっかいを出す、おぴー。いつものやつです。
IMG_0947_202003011752258c3.jpg
歯をむき出して応戦する、ペペーペ。
IMG_0948_20200301175009f5b.jpg
おぴーのボディーアタック!
MOV_0318_Moment(2).jpg
加齢に、もとい、華麗に飛んでかわすペペーペ!

さて、飼い主たちはランチじゃ。長岡といえば生姜醤油ラーメン。
DSC_0323_2020030117553694a.jpg
「青島食堂 曲新町店」

行列ができていたが回転が速く、待ったのは15分ぐらいかな。
DSC_0320_202003011755314dd.jpg
メニューはラーメンとチャーシューメンのみ。

で、私はチャーシューメンであります♪
DSC_0321_20200301175533fcb.jpg
スープはコクがあって旨し♪ そんなに生姜は強くなかった印象で、生姜がちょいと苦手な私にはうれしい。

DSC_0322_20200301175535c00.jpg
麺はつるっとした中太麺ストレート。スープによく合ってました♪美味しゅうございました♪

ということで、ライガ家の皆様ありがとうございました!
スポンサーサイト



関連記事

category: 2020冬・宮城山形新潟

tb: 0   cm: 0

△top

Cowaca・イタリアンバルと後夜祭。 

 

まだつづきがありまして、

帰りがてらにベルジャス家へお邪魔し、予約していたお店へ。犬たちはお家でお留守番。
DSC_0340_20200302120251223.jpg
”cowaca"

カウンター5席だけのシンプルなお店。たぶん3度目の訪問。
20200224.jpg
メニューはこんな感じっす。

DSC_0324_202003021212372d7.jpg
飲めない私は辛口ジンジャーエールっす。。

DSC_0328_20200302121442707.jpg
ホタルイカとからし菜のサラダ仕立て。
DSC_0329.jpg
鴨餃子。
DSC_0330_20200302121445b66.jpg
ふきのとうとベーコンのスパゲティ。
DSC_0331_202003021214461b8.jpg
ペンネアラビアータ。
DSC_0332_20200302121448e9b.jpg
キャベツのカンキツのクミン風サラダ。
DSC_0333_202003021214491c1.jpg
豚肉とフォアグラとクルミのテリーヌ。 どれも旨めぇ~♪

甘いものは別腹っすよ♪
DSC_0335.jpg
DSC_0337_20200302121454d7a.jpg
嫁とブラック氏はカタラーナ。
DSC_0336_20200302121452dec.jpg
ベルジャス家奥様は桜のチーズケーキ。
DSC_0338_202003021214558a7.jpg
俺は当然、ガトーショコラ♪ 濃厚で美味しゅうございました♪

家に戻って、
DSC_0343_20200302123048f4e.jpg
ベルちゃん、お邪魔します。
DSC_0344_202003021230507b6.jpg
レイチェルもリヤものんびりさせてもらう。
DSC_0345_202003021230514bc.jpg
あら、ジャスミン先輩とピパはベッドで仲良く。
DSC_0341_2020030212305382b.jpg

飲める方々は飲んで頂き、ニンゲン達はツマミながら後夜祭。
DSC_0347_202003021233240bc.jpg
テーブルの下で「くだしゃい」なのはリヤとジャスミン先輩。当然ピパもウロウロしておった。

DSC_0348_20200302123326ccd.jpg
お姉さま方は、ソファでまったり寛がせていただいた。私もね(^^ゞ

ん?なにやら向こうで、ピパが親友のリヤ先輩を誘っておる。
IMG_4659_Moment.jpg
「遊んで~」ってリヤの後ろ足をガブガブするピパ。

「しょーがないなぁ」的に、
IMG_4659_Moment(3).jpg
ピパに付き合ってあげるリヤ先輩でありましたとさ。
関連記事

category: 2020冬・宮城山形新潟

tb: 0   cm: 2

△top

沼津めし3発~いりいち、住吉、Baker's Dozen~ 

 

この週末はアシュポル家が御来訪。
沼津グルメを堪能していただいた。

ということで、土曜日のお昼は沼津港の、
DSC_0359_20200302141443582.jpg
「いりいち」


ここんところ振られっぱなしでねぇ。ようやく店が開いてて感激!
「魚の目利きがすごい」と評判の御主人は仲買をやっておられるので、本職が忙しい12月、1月はお店を閉めていたそうで。

こだわりの海鮮丼が旨いんですが、本日は3種類。
DSC_0360_20200302141445db2.jpg
海鮮丼(上)が11種類、
海鮮丼(特上)は(上)のネタにプラス4種類で15種類、
海鮮丼(極)は(特上)のネタにさらにプラス4種類で19種類!!

(極)を頼むしかない!
DSC_0361_202003021414467b7.jpg
ところ狭しと並ぶ19種のネタ。
DSC_0362_202003021414488b2.jpg
養殖物や冷凍物は一切使わず(南鮪を除く)、天然物に拘っている。
DSC_0363_20200302141449dd4.jpg
個人的には熟成ブリと金目鯛(滅多に口に入らない地キンメですよ!ちゅど~ん!)が旨くて♪
DSC_0364_20200302141451b5d.jpg
あら汁も酢飯もすべて美味しゅうございました♪


で、しーちゃんが肉を食べたいと。
牛、カタマリ肉、でもいきなりステーキはイヤよって(笑)。
そして霜降り肉よりは赤身がいい。

ということで、夜は、沼津のソウルフード的食堂の、
IMG_20170219_130734.jpg
「住吉」


DSC_0369_2020030214373351f.jpg
あ、この日は29の日だったのね。しかもうるう年。

いつもは車で来るのだが、本日は「ほめ氏を外飲みさせる会会長(自称)」アシュポル家奥様の運転につき、
DSC_0370_20200302143734c9f.jpg
かんぱ~い♪ 感謝感謝!

何と言っても、ここの推しは元祖ガーリックステーキ。ちょっと大きめ定食(200g)。
DSC_0371_20200302143736f95.jpg
ニンニクがガッツリ乗ったミディアムレアのハラミステーキ♪。

脂身好き!?のアシュポル母は、ツインステーキ定食を(サーロイン150g+ハラミ150g)。
この量を全部食べたわけではなくシェアしながらですが。
DSC_0372_20200302143737e38.jpg
ニンニク醤油系ソースが御飯に滅茶苦茶合うのだ♪ 

DSC_0373_202003021437393b7.jpg
せっかくだし、沼津の地酒「白隠正宗」と静岡の「磯自慢」も呑んでおこう♪


さて、日曜日は静岡市方面へ遊びに行ったのだが、夕方沼津に戻ってきてイタリアンを食べようとなり、
DSC_0444_20200302144818dbe.jpg
”Baker's Dozen”

20200301.jpg
しーちゃんが掲げるのはメニュー。

ここはウチから歩けるので、
DSC_0446_20200302145635965.jpg
カンパイ!!

希少ブラータチーズとチェリートマトのマリネサラダ。ブラータチーズ?
DSC_0449_20200302145636fea.jpg
ブラータ(ブッラータ)チーズはイタリア原産のフレッシュチーズである。水牛または牛の乳を原料とし、モッツァレッラのようにパスタフィラータと言う製法で作られるんだって(うぃきぺでぃあより)。
チェリートマトと、イチゴも入っておりました。これが合うんよ。

白を飲もうと、店員さんにコクがある白ワインを伺ったところ、
DSC_0450_20200302145638fb3.jpg
「リスペット(Rispetto)」という銘柄を。オレンジワインと言ってたな。
オレンジワインとは、簡単に言うと「白ブドウを使って赤ワインの製法で作られたワイン」のことらしい。
白ブドウの皮や種を果汁と一緒に漬け込み、充分に渋味や色味成分を抽出して発酵・醸造を行って作られたワインとな。
見た目がオレンジ色(というかシェリー酒っぽい色合いかなぁ)をしたワインであることから、「オレンジワイン」と言われてるんだって。
個人的な感想は、クリーミーでコクがあって、注いだ後よりはちょっと置いたほうが旨味が増したような気がした。俺好みの味でしたわ♪

白トリュフ香るフライドポテト。
DSC_0451_202003021456396c9.jpg
マックみたく細長いやつを想像していたが、これはこれで旨し♪

兵庫県産生ガキフレッシュトマトソース。
DSC_0452.jpg
産地を聞くと、瀬戸内の室津産とな。今度食べに行かねば!!

メヒカリのフリット赤玉ねぎのアグロドルチェ。
DSC_0453.jpg
メヒカリはアオメエソ(青目鱛)。目が青色に光っていることからメヒカリ(目光)と呼ばれるみたい。深海魚なんだけど駿河湾の沼津産は有名なんだって。

アグロドルチェ??
アグロドルチェとは、イタリア語で「甘酸っぱい」という意味。 バルサミコ酢を使うのが特徴で、日本の甘酢煮に似ているんだって!

ここの名物、いろいろな貝類のボンゴレ”KAIZUKA”
DSC_0454_202003021456446d0.jpg
ポルチーニ茸とチーズのラビオリ小カブのロースト・ゴルゴンゾーラクリーム。
IMG_4681_2020030218122421b.jpg
長い(笑)。

最後は、
DSC_0455.jpg
タルトタタン・バニラジェラート添え、で〆。

満足して夜風にあたりながら帰路へ。満足じゃ~
関連記事

category: 沼津グルメ

tb: 0   cm: 2

△top

ニヤリ。 

 

で、先に飼い主の沼津めし話を書いたけど、

土曜日は、沼津港の「いりいち」でランチ。食後、家でまったりした後、夕方アシュポル達とチェルッパを遊ばせに公園へ。

IMG_0949_202003032328383c9.jpg
そこでは、相変わらずつるんでおったポルとピパ。

IMG_0996_202003042042327c2.jpg
IMG_0980.jpg
IMG_0970.jpg
IMG_0974.jpg

そしてレディーゴーで走らせるのだが、
IMG_1009_20200304204434fc3.jpg

「ニヤリ」
IMG_0986_20200304204437f93.jpg
ん、なんだ!?その表情は。なにか企んでいるのか?

IMG_1046_20200304213528fc6.jpg
「せ~のっ!」

「うりゃぁっ!」
IMG_1055_20200304213529bd4.jpg
ポルっパが結託?して、アシュチェルにアタック!
IMG_1061_202003042135308ce.jpg
さっきの「ニヤリ」はこういうことだったのか?(笑)

この後、「住吉」で夕飯後、うちに帰って呑み直し。
DSC_0374_202003042154599fc.jpg

最初はテーブルの周りでくだしゃい攻撃をしていたのだが、

夜も更け、
IMG_4667_2020030421465149f.jpg
同居犬どうし、
IMG_4668_202003042146505a0.jpg
仲良く寝ておりました。

これは翌朝の写真ですが、
DSC_0376_2020030421455082a.jpg
ポルックスに遊んでもらうピパ。
DSC_0380_20200304214551f68.jpg

あんた、年上のお兄さんが好きやねぇ。


ってか、ポルちゃんは10歳だから、人間でいうと歳的におじさんか(笑)。
関連記事

category: お友達

tb: 0   cm: 2

△top

とろろの唄はマリーゴールドだった!? 

 

日曜日は、とろろ好きなアシュポル母の御希望で、静岡市の丸子宿(鞠子宿)の「丁子屋」へ。

鞠子宿は、東海道五十三次の20番目の宿場で、そして最も規模が小さかったらしい。

ここの名物が「とろろ汁」。そのとろろ汁で有名なお店「丁子屋」なのであります。
DSC_0390_202003052132428e2.jpg
歌川広重の「東海道五十三次」にも描かれており、1596年創業、以来400年間場所を変えずに営業しているのである。

犬たちは車の中でお留守番させ、店の中へ。
DSC_0398_202003052132435e9.jpg
さすが有名店だけあって、秘密のケンミンショー、マーティンの朝ごはんや、霜降り明星も!?
DSC_0399_20200305213244dae.jpg
出川さんのバイク旅も来たのねぇ。

で、人気店ゆえに結構な人の行列だったのだが、席数が多いのと、とてもシステマティックに客を捌いていたので、回転が速かった印象。

メニューはこちら。(クリックで拡大)
DSC_0391_202003052218508a5.jpg
一番安いキホンの定食「松」」を頼んで、一品物をいろいろ追加しよう。
DSC_0392_20200305222115869.jpg

DSC_0393.jpg
切りとろ(自然薯のお刺身)と自家製味噌ローストビーフ(これはちょっと残念だった)。
DSC_0396_20200305222157a4c.jpg
むかごの揚げ団子(むかごと山芋の揚げ物)と揚げとろ(自然薯の素朴な揚げ物、海苔、椎茸、たたみいわし)。
DSC_0394_20200305222154ddd.jpg
そして麦飯ととろろ汁!?麦飯はお替り自由!
DSC_0395_20200305222156b65.jpg
丁子屋のとろろ汁は白味噌仕立て。そして仕上げに卵を加えている。卵を加えることで、ふわりとした食感と共にコクとまろやかさが加わり、ザァザァと流し込んだ後には、お口に広がる余韻を楽しむことができます。(HPより)

ところで、メニューの後ろに、とろろ汁の美味しい食べ方ととろろの唄が!?(クリックで拡大)
DSC_0397_20200305223351b3b.jpg
「とろろ汁の食べ方を皆さんに知っていただきたいとの思いで、丁子屋の社員が作詞したものと言われています。作曲はされててません(!)皆さんでしたらどんな曲をつけますか?」とな。

麦めしを~ 茶碗には~んぶん盛った めし~つ~ぶ泳ぐ~よう♪
マリーゴールドのメロディーでどうぞ♪
(麦わらの~ 帽子のき~みが揺れた マリ~ゴ~ルドに似~てる・・・)

あいみょんさん、作曲してみては?


・・・つづく
関連記事

category: グルメ

tb: 0   cm: 2

△top

丸子宿周辺探訪の巻。 

 

つづき。

とろろで精もつけたことだし、丸子宿近辺を散策してみよう。どうやら、丸子城跡というのがあるらしい。
DSC_0401_202003052251141e8.jpg
山城なんで、えっちらおっちら登るぞ。
DSC_0402_20200305225115d42.jpg
犬達は楽勝なんだが、ニンゲン達は急な階段にゼェゼェハァハァ。。。
DSC_0404_2020030522511695b.jpg
すぐ休憩(笑)。結構景色よろし。

10分程ひとしきり登って到着。といっても東の端、小さな神社らしき建物が。
DSC_0408.jpg
休憩。嫁の座ってる雰囲気から疲れっぷりがわかるだろう。

この先は結構平坦。
DSC_0411_20200305230022469.jpg
だけど、心なしか足取りが重いような。
DSC_0412_202003052300236a5.jpg
ピパ:「遅いよ」
DSC_0413_2020030523002486a.jpg
10分弱で本丸跡に到着。
DSC_0414_2020030523002687a.jpg
急な階段で疲れたけど、標高は136m。沼津アルプスより低いじゃないか!?

アシュポル母が「滝を見に行きたい!」というので、
DSC_0420_20200305230437797.jpg
元来た道ではなく、反対側の道を下る。
DSC_0422_20200305230438458.jpg
最後はこんな感じの急階段。
DSC_0424_20200305230439fc2.jpg
気分的にこっちからは登りたくないなぁ。(どっちから上っても一緒なんだが。。。)

ということで、お寺さん(ここはモリアオガエルの生息産卵地で有名らしいが犬連れNGなので素通り)の前に降りてきた。
DSC_0426.jpg

ここから北へ道沿いに歩いていくと滝があるらしいのだが、道すがら地元の人に聞いてみると、

「滝?2km以上あるよ」

「え~っ!」

DSC_0428_20200306224558b2d.jpg
アシュポル母の思惑とは異なり、滝までは意外と距離があるようだ。山に向かって歩くしかない。

気分はサンドウィッチマンがやってる「帰れマンデー 秘境路線バスに乗って飲食店を見つける旅」。
飲食店が見つからず延々と歩いている、って感じ。

ん?
DSC_0429_202003062251460d1.jpg
世界一のたい焼き?? やった!飲食店だ!!

違う!!飲食店を探す旅ではない!! さっきとろろ汁をたらふく食って、腹の中には何も入らん!!
DSC_0430_202003062251476a4.jpg
こんな山の中に、60cmのビックサイズなたい焼きを売っているお店だって!

ん? この辺りから、なんだかちらほらお店が。
DSC_0441_202003062254344b1.jpg
こちらは器を売っているお店。

ここはカフェ!?
DSC_0439.jpg
しかも平日しか開いてないって?

ぎょっ!!何ですかこの廃墟は!
DSC_0431_2020030622543620b.jpg
「いらっしゃいませ お気軽にどうぞ」って書いてある!? 元はお店なんだろうけど。

駐車場が見えてきた。そして併設のトイレはものすごくキレイ。
DSC_0433_20200306230140459.jpg
出来たばっかりだな。

ここは大鈩不動尊(おおだたらふどうそん)。
DSC_0435.jpg
丸子城で武田信玄の守り本尊となっていた愛宕山大権のお堂と不動明王堂があります。
DSC_0434_20200306230340adf.jpg
木々と岩壁に囲まれて、2mほどの小さな滝が。
DSC_0438.jpg
毎月28日は縁日が開催され参拝客が集まるそうだ。だからお店がちらほらあったんだな。
IMG_4678_20200306230343428.jpg
せっかくだし滝の前にて。

帰りは駐車場まで、丸子城を迂回して歩く。
DSC_0443_20200306231058b62.jpg

よく歩いたぞ。この日の歩数、15885歩。お疲れさんでした~
関連記事

category: ハイキング

tb: 0   cm: 0

△top

レイチェルの角膜血種の話。 

 

レイチェルのおめめの話を、備忘録的に。

以前、レイチェルの水晶体亜脱臼、ブドウ膜炎、上強膜炎の話を書いたが、それ以来毎日朝晩の点眼「ジクロフェナクNa」を続けているのだが、

DSC_0080_20200308195257470.jpg
1月半ば、左目の黒目部分に出血らしきものが見られた。

DSC_0080 (2)
黒目の下部分に。

近所のかかりつけの獣医は、
「特にぶつけたりしてないならば、老化による角膜血種だと思うが、確定診断はできないので、専門医の検査を受けてみては」と、アドバイスされた。


ということで、2月26日に、眼科専門の先生がいる病院で検査をしてもらった。
レイチェルの目の検査結果20200226

左目の診断は、やはり角膜血種だろう。角膜血種であれば自然に治るのでまずは経過観察。

ブドウ膜炎に関しては所見なし。
水晶体亜脱臼は、水晶体を支えているチン小帯という繊維が部分的に離断することで起こっているのだが、右目においては半分ほどが消失、左目は3分の1程度消失しており、亜脱臼が見られる。
全脱臼のリスクは高いが、脱臼した水晶体の落ちるのが眼球後方であれば特に手術等は必要ないそうだ。
前方に落ちてしまった場合、痛みを伴うので水晶体を抜く手術も考えなければいけないということだった。
このチン小体の消失については、確定はできないものの先天的な可能性は低いのではないかという所見であった。
一般的に、先天的なものであった場合には、眼球と水晶体の大きさのバランスが悪いことが多いようだが、レイチェルの場合にはそれが見られないからということだった。

また左目(12mmHg)に比べ右目の眼圧(22mmHg)が高かったので、月1程度で眼圧を測っておいたほうが良いとのこと。
水晶体亜脱臼により、本来水晶体の奥にあるべき硝子体液が水晶体の前に漏れ出ていることもあり、奥のほうに隙間ができて眼内の圧力が変わってしまうことで網膜剥離のリスクは高いということだった。


次に両目の虹彩委縮。
虹彩の動きが衰えて緩んだままになり、縮んで瞳孔を小さくすることができなくなる症状である。
レイチェルは、ブドウ膜炎以降8歳ころからか瞳孔が開きっぱなしで、診てもらったところ瞳孔を収縮させる筋肉がペラペラだということだ。
IMG_4996 (2)
一般的には老化現象の一つであるらしいが、レイチェルの場合、年齢的に症状が出るのが早いのでブドウ膜炎等の眼内の炎症で筋肉が損傷を受けた可能性があるかもしれないということだった。昼間は光がたくさん網膜に入るので、瞼を閉じ気味にして眼を細めるようになる。あまり眩しいところはなるべく避けるようにねとのこと。


あと、目が若干白くなってきてるのが白内障が進んできたのかどうかを診てもらった。
かかりつけの医者は、年齢なりに進んできているのかなぁと言っていたので。

IMG_3935_202003092209131cf.jpg

今回の検査では、左目のごく一部に白内障が見られるもののそれは年齢なりのものだろうということで、白く見えるのは殆ど核硬化症とのこと。レイチェルの場合、瞳孔が開きっぱなしのため、常に眼球の奥まで見えている状況となり、より白く見えてしまうということがあるらしい。

(核硬化症とは、水晶体核が加齢とともに密度が高くなり固くなる症状。その為、屈折率が変わり見た目は白く見える。見えなくなるわけではなく、遠視のような状態になるとのこと。)

ということで、
DSC_0083_20200309220912ee0.jpg

今のところ、白内障に関しては心配するレベルではないとのこと。よかったよかった。

これからも、こまめに検査して経過観察ですな。
関連記事

category: レイチェル

tb: 0   cm: 0

△top

閑散とした梅の里とあっち向いてホイ。 

 

もう今週には桜も開花しようかという陽気ですが、

DSC_0467.jpg
土曜日は裾野の梅の里もいい感じに咲いておりました。

IMG_4683_20200312201516e40.jpg
コロナウイルス騒動で、熱海や湯河原の梅園の人出も少ないかと思いますが、

DSC_0477_20200312201518f07.jpg
こちらは、数人しかおりませんでした。

高台から梅をバックにチェルッパの写真を撮ろうとするが、こっちを向いてくれん。
DSC_0468.jpg
あっち向いてホイ!

DSC_0470.jpg
ホイ!

DSC_0471_20200312201522543.jpg
ホイ!

DSC_0472_20200312201524514.jpg

やっとこっち向いてくれたぞ(笑)
関連記事

category: お出かけ

tb: 0   cm: 2

△top

あれから七か月経ちました。 

 

つづき。梅の里からの富士山遊歩道へ向かう。

ジョジョ、久しぶり~!!
IMG_1104_202003122100199f9.jpg
レイチェル、めっちゃ喜んでおります。

IMG_1106_202003122100197b0.jpg
振り返ってみると、去年の夏以来なんよね。

IMG_1113_2020031222115404c.jpg
さて遊歩道を歩きませう。

IMG_1115_202003122211544ca.jpg
楽しそうに駆けるSoちゃん。

IMG_1120.jpg
ジョジョスー家は富士山遊歩道初めてなんよね。

IMG_1122.jpg
いつものやつで、

IMG_1154_20200312222300e22.jpg
チェタコを走らせんと。

IMG_1132_202003122222559c3.jpg
ピパも追う!

IMG_1139_202003122222572e9.jpg
ジョジョを追って、ランラン走り(死語)のkazooさん♪

IMG_1142_2020031222225848a.jpg
ジョジョも走りました♪

これもいつものやつ。
IMG_1175.jpg
興奮したピパがチェタコにちょっかいを出すので、レイチェルが反撃するの図。

これを見て、
IMG_1178_20200312231451873.jpg
ジョジョが仲裁?(笑)

そんな仲裁は受けん!
IMG_1183_20200312231453d74.jpg
「貞子!!」ピンぼけなのが痛いw

っつーことで、うちへ。ジョジョとレイチェル、仲良くカメラ目線(笑)。
DSC_0481_2020031223303356e.jpg
ほめろぐ調べだと一年半ブリだよ。

で、宴。
DSC_0484_20200312233245354.jpg
Soちゃん、Keiくん、早くカンパイしたくてたまらない。
DSC_0486.jpg
カンパイ~♪

DSC_0491_2020031223325099f.jpg
チェルッパはおこぼれを待機中。

DSC_0492_202003122332516a6.jpg
山正の刺身。goさんに喜んでもらえて良かったっす。

DSC_0497_20200312233252751.jpg
ジョジョも待機中。

あら?料理の写真がないわ。鍋までたどり着かんかった(笑)

翌朝。オヤツに集まるウィペッツ・・・
DSC_0501_20200312233558e8e.jpg
レイチェル、眠いか?(笑)

帰りたくないKeiくん。このポーズ!?
DSC_0498_20200312233600eb4.jpg
反省しているわけではない(笑)

この日は大雨でね。とても遊ばせられる天気ではなかったのが残念。。。

DSC_0502_20200312233601a06.jpg
沼津ぐるめ街道沿いの「東王」でランチして解散であります。
お疲れさまでした~



にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
関連記事

category: お友達

tb: 0   cm: 0

△top

まさかもう一回雪遊びができるなんてね。 

 

題名の通り、土曜日は真冬の寒さになり、富士山麓では結構雪が降っていた。

この寒い中、ルークレイル家&永遠ソナス家がウチに遊びに来てくれた。
IMG_4699_20200316235849850.jpg
玄関で待ち構えるレイチェル&フィリッパ。

まず先に永遠&ソナスが、
IMG_4701_Moment.jpg
「来た!」

レイルのひょっこりはんに、
IMG_4703_Moment.jpg
レイチェルの尻尾がギュイーン

沼津周辺は冷たい雨。この日はウィペッツを遊ばせることなく、
DSC_0518_2020031720312348a.jpg
家飲み開始。
DSC_0519_2020031720312420b.jpg
カンパイ~!

DSC_0516_20200317203236428.jpg
DSC_0517_20200317203238ccf.jpg
シニアたちはまったり。
DSC_0515_202003172032403df.jpg
DSC_0514_20200317203241963.jpg
若いソナスもピパも、夜が更けるにつれまったりんこ。
DSC_0513_202003172032431f2.jpg
結局寝たのは2時だったな。

翌日は、以前食べに行った近所の”Creperie cafe Ferme(クレープリー カフェ フェルム)”で、ブランチにガレットでも食べようと、開店時間の10時に行ったら、もう既に予約で6人は入れないって!?

しょうがないので、駅近くの葉山珈琲でブランチ。
日曜は昨日とは打って変わっていい天気。みなさんまだスタッドレスを履いているので、水が塚へ行ってみよう!
DSC_0523_202003172056149d9.jpg
うお~!!雪だ!!
DSC_0524_202003172056169c0.jpg
超暖冬だった今年の冬、もう雪遊びはできないと思っていたのだが、
IMG_1196_20200317205617163.jpg
遊歩道に行ってみるべ。

この日も水が塚は気温が低く、なかなか雪質が良い。
IMG_1205_2020031721035541b.jpg
自由人の永遠ちゃん。あちこちで道をそれて冒険しようとしておった。
IMG_1209_202003172103564d9.jpg
あほうになって勝手に走り回っておったピパ。相変わらずはんにゃ顔だ(笑)
IMG_1219_202003172103591da.jpg
そしてレイチェルに挑む。
IMG_1217_2020031721035745a.jpg

弾けて駆けるソナス兄を、
IMG_1268_20200317211106b8d.jpg
追いかけて並走して、
IMG_1272_20200317211107295.jpg
遊んでもらう、おぴ~。

そして永遠&ソナスに鍛えてもらう、おぴ~。
IMG_1275_2020031721110834b.jpg
「がぶぅ~!」
IMG_1276_202003172111106e8.jpg
「がぶがぶぅ~!」

先輩方にいい感じで稽古をつけてもらっているピパを見て、
IMG_4711_Moment(2).jpg
久々にレイチェル調教師も立ち上がる!

IMG_4711_Moment(3).jpg
おっ!ルーク師匠も!

IMG_4711_Moment(4).jpg
嬉しそうな、どMのおぴ~(笑)

IMG_4711_Moment(6).jpg
「がぶぅ~!!」

IMG_4711_Moment(7).jpg
「ぱくぅ~!!」

レイチェル調教師、まだまだ現役です!


さて、駐車場に戻ると、
DSC_0530_20200317233531e41.jpg
DSC_0531_2020031723353249a.jpg
お久しぶりのJJ家が!?
IMG_4722_20200317233534c7f.jpg
折角だしジョン&ジャックを交えて、みんなで集合写真!


小腹がすいたので、御殿場市街地に降り、久々にとらや工房へ行きませう。
DSC_0534_202003172338410e1.jpg
DSC_0536.jpg
これがすごい人出で!!30分くらい並んだんだよねぇ。

DSC_0537_20200317233843cfc.jpg
俺はお汁粉、嫁はあんみつのセットをば。

食後、犬は中に入るのNGなので、
DSC_0538.jpg
竹林の前で撮っておこう。

東名がものすごい渋滞なんで、夕食まで食べようってことに。
「神田きくがわ御殿場店」でうなぎを食べる!!となったのだが、行ってみたら既に一杯。
しかも大口の予約が入っていて、「週末は席を予約してから来てください」と、店員さんに冷たい対応。。。

でも、頭とお腹はうなぎモード!!
「鰻百撰 ひろ田」に電話してみるも入れず。。。
ならばと、御殿場駅近くの「鰻のひろ田」へ。
DSC_0545_20200317234314dc8.jpg
昭和なテナントビルの2階にあるこのお店。2階に上がる外階段の痛みっぷりからしてカオスな感じ。

DSC_0542.jpg
店内も不思議な感じのお店であったが、野村監督やマッチなどの有名人も訪れているようだ。

長生きするには恋が一番、元気には鰻が一番、元気の秘訣、毎日の散歩と月に一度の鰻。とある。
DSC_0544.jpg
毎月鰻を食べられるほど鰻が安ければ(笑)

DSC_0543.jpg
ふんわりした食感あっさり目のたれは俺好み! ちょいとつゆだくなのが残念。
でも、美味しゅうございました♪




にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
関連記事

category: お友達

tb: 0   cm: 0

△top

ピパとせんとくん。 

 

なかなかトイレしないので、レイチェル置いてピパだけで散歩してると、せんとくん発見!

20200319122629388.jpg


そういえば、ピパは奈良県初上陸だなっ。
関連記事

category: 2020春・小豆島岡山

tb: 0   cm: 0

△top

気持ちいい瀬戸内の海。 

 

天気いいですな。
20200320113405d79.jpg
牛窓のオリーブ園。

前島へのプチプチ船旅。
202003201134075eb.jpg
興味深げに覗き込むぺぺーぺ。

20200320113408769.jpg
日生諸島の多島美。

20200320113410463.jpg
頭島の海岸にて。

あたまじま、ではなく、
かしらじま、だそうです。


にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へにほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
関連記事

category: 2020春・小豆島岡山

tb: 0   cm: 0

△top

爆睡😪💤。 

 

今日もポカポカ陽気の中…

2020032117082399f.jpg

Zzz…
関連記事

category: 2020春・小豆島岡山

tb: 0   cm: 0

△top

山の上の城跡。 

 

小豆島で一番高い星ヶ城山。

20200322151456e23.jpg

今日は曇りですが、晴れてたらもっと気持ちよかったことだろう。
2020032215145708f.jpg

20200322151459266.jpg

突き出した大きな岩の上にて。柵も何もないのが面白かったな。
関連記事

category: 2020春・小豆島岡山

tb: 0   cm: 0

△top

日本のエーゲ海・牛窓へ行く。 

 

先週は岡山・小豆島方面へ。メインは小豆島ふるさと村でのキャンプであります。

3/18の晩に「松福」のラーメンで腹ごしらえしてから出発。その日は西名阪の香芝SAまで走り、3/19のお昼に岡山・牛窓に到着。

DSC_0559_20200323224835b60.jpg
ランチはテラス犬OKの、”Forza cafe(フォルツァカフェ)”へ。

DSC_0566_20200323232555c0a.jpg
瀬戸内海に面したテラス。快晴でとても気持ち良かった!

IMG_4730_202003232325513a3.jpg
嫁は十六雑穀米ランチ、メインはチキンのタルタルソース。他、豆腐の白みそグラタン、ロールキャベツ、切り干し大根の煮物、カブの酢漬けなんぞが並んでいたが、タルタルソースはご飯のおかずではない嫁にとって、副菜もどれもおいしいのだが薄味ヘルシーだったため、おかず認定に厳しい嫁にとってはご飯のおかずにならなかったらしい。

DSC_0562_202003232325522f2.jpg
俺はパスタランチ、アスパラとベーコンの和風ソース。美味しゅうございました♪

DSC_0563_202003232325532b5.jpg
そしていつものようにおねだりするフィリッパでありました。

食後は、牛窓オリーブ園へ。
DSC_0568_2020032323343591e.jpg

オリーブ畑をバックに。瀬戸内海を一望。
IMG_4740_20200323233436201.jpg
DSC_0575_202003232334414dc.jpg
日本のエーゲ海と呼ばれる所以。

IMG_4738_202003232334384eb.jpg
地中海っぽいモニュメントの前で。

「幸福の鐘」はゆっくりと心を込めて3回鳴らしましょう。
IMG_4743_20200323233439580.jpg
ピパはビビってたけど(笑)

DSC_0577.jpg
人気のない園内の散策路をお散歩(普段はだれも居なさそうな突き当りの広場には、この時期だけに子供連れがいた)して、

DSC_0578_20200323234433cc4.jpg
お隣の牛窓ジェラート工房コピオへ。

DSC_0000_BURST20200319141016991.jpg
俺はオリーブとしぼりたてミルクを。嫁はミカンとキウイだったが、基本全部ミルクアジのジェラートに具が入っているという感じのものだったので、なんだか全部白い。
DSC_0579_20200323234436d93.jpg
そして、結構なボリュームなんよ、これが。

さて、前島へ渡ってみよう。
DSC_0580_20200323235014c11.jpg
車は牛窓港に置いて、徒歩で船に乗ります。
DSC_0582_202003232350179af.jpg
ピパは、甲板に乗ったのは初めてだな。

DSC_0584_20200323235019532.jpg
気持ちいい船旅は、

DSC_0587_20200323235020969.jpg
片道5分で到着。往復で240円也。

DSC_0589_202003232353142dd.jpg
DSC_0588_20200323235315c5a.jpg
乗り場にはなんとドッグランが!

島のお散歩コースがあったのだが、
DSC_0590_20200323235317897.jpg
全部回るのは帰りの船を考えると時間がかかりそうなので、
DSC_0596_202003232353182d2.jpg
30分弱のショートコースで。
DSC_0594_2020032323531946d.jpg
島内巡り中は農作業中のご婦人二人しか見なかったが、なんだかいろんな種類の鳥を見られた鳥の多い島だった。

それにしても、どこ歩いても気持ちの良い日でありました。つづく。
関連記事

category: 2020春・小豆島岡山

tb: 0   cm: 0

△top

前島で踊るチェルッパ。 

 

つづき。
まだ少しフェリーの出発までに時間があったので、前島港のドッグランに戻って、レディーゴー!

IMG_4762 (2)
IMG_4756 (2)

ランにはすぐ飽きたので、ちっちゃな浜に降りて、
IMG_4771 (2)
IMG_4769 (2)
ちょっと石ころが多かったが走ってみる。

で、なぜかジャングルジムがあったので、童心に帰って嫁が登ってみると。。。
DSC_0604.jpg
登った嫁を見てチェルッパ大興奮。
MOV_0602_Moment_2.jpg
一緒に登りたいってか?
MOV_0602_Moment_3.jpg
最後には立ち上がって踊りだす(笑)




俺が登っても同じことやってくれるか不安になったので登ってみた。
IMG_4772_Moment_1.jpg
お~!お~!俺と一緒に登りたいか!
IMG_4772_Moment_2.jpg
レイチェル!ジャンプ!!


で、船の時間になった。

DSC_0608.jpg
「さ!帰ろ帰ろ!」と、ものすごい勢いで船に乗り込むレイチェルでありました。

お次は牛窓神社へ行き、
DSC_0615_2020032522451527c.jpg
DSC_0613.jpg
ダイナミックな御朱印をいただいた後、
DSC_0616_202003252245173e8.jpg
歩いてすぐの蕪崎園地展望台へ。帰りはこの階段を上ったわけですよ。
DSC_0618_20200325224518a82.jpg
牛窓の素晴らしい海が一望できるビュースポットであります。
DSC_0620_20200325224520794.jpg


さて、岡山市内へ。レイチェルも岡山の中心地はお初。
DSC_0624_20200325230121ebf.jpg
街歩きが大好きなレイチェル、ぐいぐい行ってます。
DSC_0625_20200325230122fe7.jpg
桃太郎のマンホールがかわいい。

この日の夜はこちら。
DSC_0636_202003252302462fe.jpg
「麺酒 一照庵 (めんさけ いっしょうあん)」

中華そばと日本酒のお店!
日本酒が出るんでもちろん居酒屋メニューも有り!

DSC_0628_20200325231220b14.jpg
ラーメンのメニュー(クリックで拡大)。

DSC_0627_20200325233157df4.jpg
こちらの厳選素材を使っております。

折角だから一品メニューを頼む。酒が飲めないのがつらい!!
DSC_0629_20200325233322a1d.jpg
麺屋のポテサラだっけ。ぱりぱり麺が特徴的。いぶりがっこもゴロゴロ入ってました。
DSC_0631_20200325233325f64.jpg
旨辛極太メンマだっけ。かなりがつんと辛かった記憶が。
DSC_0630_20200325233323ed6.jpg
揚げ鶏皮のおろしポン酢♪
DSC_0635.jpg
親鶏のぼんじり。たまらんです♪親鳥のぼんじりは初めてだったのだけど、コリコリして、普段ぼんじりが苦手な人でもいけちゃうかも。

嫁はハーフの中華そば生醤油。中太麺で。
DSC_0634_2020032523432543f.jpg
親鶏と生醤油の融合したスープは昔ながらの味で美味い!

私は鶏中華そばクラム。
DSC_0632_20200325234322920.jpg
自慢の鶏スープにハマグリ、あさり、シジミ、昆布などの旨味が加わり深い味わい。美味!
DSC_0633_202003252343236e8.jpg
この中太麺がまたスープと合って旨かった。また来たい!

「後楽温泉ほのかの湯」でひとっ風呂浴びた後、
道の駅「黒井山グリーンパーク」まで走ってこの日は終了であります。

つづく。
関連記事

category: 2020春・小豆島岡山

tb: 0   cm: 0

△top

日生、カキオコ、リンゴちゃん。 

 

3月20日、春分の日。

備前市日生(ひなせ)にやってきた。
DSC_0638_202003262212175f7.jpg
昼のフェリー便で小豆島へ渡るのだ。

まずは頭島(かしらじま)へ行くことにしよう。
まず、数年前にできた「備前♡日生大橋」を渡り、鹿久居島(かくいじま)へ。
DSC_0680.jpg
備前市役所まち整備課によると、絵文字の♡(ハートマーク)については特に読み方を決めておらず、自由に読んで結構とのこと。(うぃきぺでぃあより)

そこからさらに頭島大橋を渡り、頭島に到着。
一日100円!の市営駐車場に車を止め、島を歩いてみよう。

漁港沿いの道を歩き、狭い路地へ折れ、
IMG_4776_2020032622333333b.jpg
”kashirajima restaurant(頭島レストラン)”を発見!
DSC_0643_20200326223334232.jpg
一日一組限定のイタリアンレストラン。予約出来たら行きたかったんだけど、残念。
IMG_4779_20200326223336adf.jpg
折角だし店の前でチェルッパと撮っておこう(笑)。

さらに狭い路地を歩き・・・
IMG_4780_202003262245599b8.jpg
たぬき山展望台に到着。
DSC_0644_20200326224601ac7.jpg
狭いらせん階段を上がって・・・(写真は下りてるけど。。。)
DSC_0651_20200326224602b2c.jpg
瀬戸内海と周囲の島々が!!
DSC_0646_20200326225019a1a.jpg
朝から気持ちよろし!!
DSC_0650_202003262250209a6.jpg
「ん?」「あれ?」
DSC_0647_2020032622502384d.jpg
いぶかしげに除くチェルッパ・・・
DSC_0649_2020032622502138c.jpg
なぜボーリングのピンがあんなところに??

気を取り直して?浜へ行き、
DSC_0652_202003262254208de.jpg
IMG_4785_202003262254214c0.jpg
朝からひとっ走りし、駐車場に戻る。
朝の散歩終了。一時間ぐらいかな。

さて、日生港へ戻って「港の見える丘公園」へ。
DSC_0672_20200326225956cfb.jpg
DSC_0656_20200326225957e3a.jpg
これまた景色がいいところだ!

この場所でミンエマさんとツレさんと待ち合わせなのである。
ウィペットのミントとエマと会ったのは、2010年の10月11日。なんと9年半前!
そのときの様子はこちらの記事(2010/10/17)。
記事の頃のみんな、若いんだよねえ。走り回ってるし、顔の色も違うし。

ミンエマさんは(私はウィペット界で最も面白いと思っている)ブログを書かれていて、私はずっと愛読していたのだが、
昨年ミントとエマが亡くなって、ついぞ再会することができなかったのが悔やまれる。

9年半前に遊んだときの写真を発見。ほめろぐに載せてなかったんよね。
イメージ 4
左から、エマ、スポック、ブリジット、ララ、ミント。

ブリがスポックに挨拶しとるわ♪

ミントはブリの叔母様(御母堂マックスの同胎、この時はヒートかなんかで来てなかったようだ)なんですよね。懐かしい。
そして、エマはララの全妹じゃなかったけか…(あやふや)、ピパは多分、エマやララと親戚になるはず。この時にはまだ影も形もないけどね。


さて、ツレさんのジャーマンシェパードのりんごちゃんと初対面であります。
DSC_0660_202003262259583da.jpg
DSC_0662_20200326225959af9.jpg
レイチェルは「なんだお前」、ピッパは「あそぶのだ!」
DSC_0666.jpg
DSC_0667.jpg
結局のところ、若い二頭で何となく遊んでおりましたわ。

小一時間遊んだ後、もう店が開いてるんで向かったのは、
DSC_0673_20200326233729275.jpg
「ほり お好み焼」

日生といえば「カキオコ」。ここはカキオコ発祥のお店らしい。

10時過ぎに行ったのだが、3連休初日ということで並んでてねぇ。。。
DSC_0675_20200326233730efb.jpg
待ってる間にヒマつぶしで撮ったマンホール。日生諸島の島々が書いてあるわ。

結局店に入ったのが11時50分ぐらいだっけ。結局1時間半以上並んどった。。。

カキ鉄板焼き!!
DSC_0676.jpg
旨い!

そしてカキオコは、カキたっぷり!!
DSC_0678_2020032623373375f.jpg
フェリーが12時35分!急いで食べる!!
DSC_0679_20200326233735eb9.jpg
プリプリのカキが、あつあつっ(笑)。もっとゆっくり食いたかったわ。美味しゅうございました♪

最後はバタバタと、食べ終わった我々が先に店を後に。
ミンエマさん、ツレさん、ありがとうございました!
関連記事

category: 2020春・小豆島岡山

tb: 0   cm: 0

△top

小豆島ふるさと村キャンプ場にて。 

 

つづき。日生港でリリィ家と合流し小豆島へ。

向かったのは小豆島ふるさと村キャンプ場。ルチア家のキャンプに乱入した2017年秋以来であります。
(今回はルチア家とご一緒できなくて残念でした)

ここでなつはや家とダービー家と合流し、
DSC_0686.jpg
カンパイ~ 
時刻は16時26分。

20200320.jpg
まだまだ明るいので外でつまみながらのみ~の、

DSC_0690.jpg
DSC_0691_20200327214811606.jpg
タープに入って泡でかんぱい~の、

DSC_0692_20200327214812614.jpg
チェルッパダービーのくだしゃい~の、

DSC_0693_20200327214814d3b.jpg
なつはや家ご主人の差し入れオーパスワン!!が炸裂、
DSC_0698_20200327214815139.jpg
響の21年ものまで出てきて、

DSC_0696.jpg
いや、あんたたちには飲まされんわ。

気づいたら、ワタクシ芝生で寝てましたわ。。


翌朝は、
20200321m.jpg
昨晩の残り物なんかもどんどん挟んだホットサンドで腹を満たし、
DSC_0701_20200327215656d3d.jpg
チェルッパはまったり。
DSC_0703.jpg
全然写真撮ってなかった。リリィちゃん。(レイチェルが大叔母さんになります)
DSC_0704.jpg
はや。
DSC_0711.jpg
なつめ(レイチェルが叔母)、こっち向いてくれ~


ということで、釈迦ヶ鼻園地へ。
IMG_1309_20200327223058d2e.jpg
浜で遊ぼう。

IMG_1301_2020032722305225d.jpg
IMG_1304_20200327223054154.jpg
IMG_1306_202003272230559a9.jpg
IMG_1308_20200327223057481.jpg
IMG_1341_2020032722310185b.jpg
いやにマッタリしていたピパ。
IMG_1343_20200327223103a40.jpg
IMG_1331_2020032722310049e.jpg
IMG_1346_20200327223104d16.jpg
IMG_1357_20200327223106bf3.jpg
最後はみんなで記念写真をば。

浜から芝生に上がって、
IMG_1359_2020032722333034f.jpg
もじょるレイチェル、寝転ぶピパ。
IMG_1368_20200327223332dbe.jpg

ぽかぽか陽気の中、皆で「ここで昼寝してぇな~」と言っておりました。

ここで、なつはや家は四国経由で帰路へ。ありがとうございました~

ひとまずつづく。
関連記事

category: 2020春・小豆島岡山

tb: 0   cm: 0

△top

小豆島そうめん、ラーメン、星ヶ城、西川峰子。 

 

小豆島の続き。

そういえば小豆島と言えば手延べそうめん。
DSC_0717.jpg
「なかぶ庵」へ。

通されたのが、そうめん箸分け体験が良く見える場所で、
DSC_0721_20200328081220a14.jpg
体験せずとも、現場を楽しむことができましたわ。

DSC_0726_20200328081223a65.jpg
もちもちプリプリの生そうめん。なかなか無い食感であります。

DSC_0724_202003280812216b0.jpg
こちらはオリーブ生そうめん。自社農園産のオリーブ果汁とエキストラバージンオイルを贅沢に使っているそうだ。

ここでダービー家は帰路へ。また飲みましょう~


さて、リリィ家と今晩のすき焼きの肉を求めに向かったのは、
DSC_0727.jpg
「岡上精肉店」。こんな狭い路地にあるとは!
DSC_0729_2020032809463993b.jpg
小豆島のブレンド牛、オリーブ牛だ! 「脂肪の質」賞を頂いたらしい!
DSC_0737.jpg

キャンプ場に戻って。
DSC_0746_20200328095149b5c.jpg
リリィちゃんと絡むおぴ~。

DSC_0736.jpg
カンパイ!
IMG_4794_20200328104550796.jpg
スーパーで仕入れてきた海鮮で。刺身が旨かったのよ♪
DSC_0738.jpg
メインはオリーブ牛のすき焼き、前にルチア家のキャンプに乱入したときに御馳走になって美味しかったので、今回もきっと、と思っていたのだった。
DSC_0733.jpg
DSC_0740_202003280951550dc.jpg
意外と腹いっぱいになって、〆のうどんまでたどり着かんやったな。
ちなみに、うちのすき焼きは嫁の意向で白菜は入れません。


翌朝。
IMG_4792_Moment.jpg
再び絡むリリィ&おぴ~。
IMG_4792_Moment2.jpg
距離を置いて見守っていたペペーペも興奮して叫ぶ!

DSC_0751.jpg
朝は、昨日の残りでうどんを食べ、
IMG_4797_20200328095534f6d.jpg
海をバックに・・・微妙だ。
IMG_4804_2020032809553643a.jpg
じゃぁ、満開のすももの花をバックに記念写真だ。

こちらのキャンプ場、我々が予約したAサイト、景色もよく、リーズナブルなのに各サイトに、流し、BBQコンロ、水洗トイレ、シャワーが付いており、清潔。さらに芝サイトで、隣のサイトとの間には生垣があるのでプライベート感も確保、ごみも各サイトまで毎朝収集に来てくれるという素晴らしいホスピタリティなのだ。
これで近ければ…いや、フェリー料金がもう少し安ければ…

さて、ここでリリィ家とはお別れ。ありがとうございました!


この後、オリーブ温泉でひとっ風呂浴びて、早めのランチを。
DSC_0752_20200328104904ae8.jpg
小豆島ラーメンhishio(醤)。
DSC_0753.jpg
メニューはこちら。クリックで拡大。

小豆島の醤油とカタクチイワシを使ったスープ。
DSC_0754_20200328104906dd9.jpg
左が醤そば、右があっさり系の島そば。
DSC_0756.jpg
餃子は特製たれと島ラー油で。
今回の旅で食べたラーメンはどれもアタリだったな~。

食後は既報の通り星ヶ城園地へ。

駐車場からテクテク歩いて簡単に山頂まで登れるというので行ってみた。
IMG_4812_20200328105552449.jpg
人っ子一人いないをテクテク300m歩くと、

星ヶ城東峰と西峰の分かれ道が。東峰西峰を周っても1時間半程度で歩けるお手軽なコースなのである。
DSC_0762.jpg
(クリックで拡大)

どーでもいい話だが、
DSC_0761_20200328105551dd9.jpg
西峰という字を見たもんで、この後ずーっと西川峰子の顔が浮かんできた。今は仁支川峰子って改名してたっけ。。

まずは東峰へ。
DSC_0764.jpg
石組みの塔らしきものが建っている。
DSC_0765_20200328111306b2b.jpg
小豆島最高峰816m。
DSC_0768_20200328111307378.jpg
景色いいね。

お次は西川峰子。
DSC_0774.jpg

崖に突き出した大岩に乗って、
IMG_4818_20200328111312f18.jpg

眼下には小豆島町の街並みと瀬戸内の海が。
DSC_0775_20200328111311933.jpg

ゆっくり座って珈琲でも飲んでいたい空間でした。

もう一丁つづく。
関連記事

category: 2020春・小豆島岡山

tb: 0   cm: 0

△top

赤穂に寄り道して候。 

 

さて、大部港より帰路へ。

フェリーで日生に渡り、ミンエマさんがお勧めしていたもなかのお店が、お隣の赤穂にあるということで帰りがてら寄り道してみた。
DSC_0782_2020032919471493d.jpg
赤穂城跡の目の前、
DSC_0780.jpg
「かん川本舗」

DSC_0781.jpg
そうそう、大石内蔵助の像があるって言ってたわ。

IMG_4821_20200329194631188.jpg
「義士もなか」
餅で包んだこしあんを最中で挟んだ一風変わったもなかであります。

あとここの人気ナンバー1「塩味饅頭 志ほ万」も購入し帰りながら食べました。

さて、せっかく初めて来たのでちょいと海辺をお散歩しよう。
DSC_0783_202003291957592ed.jpg
ん?兵庫県の最低峰「唐船山」?

19mって、すぐ登れそうだね。
DSC_0784.jpg
1分ほどで到着。

IMG_4823_2020032919580318c.jpg
標高19mの唐船山山頂。
DSC_0788_20200329195801ff0.jpg
なかなかの景色。

地面が芝だったこともあってか、
IMG_4826_20200329195804e48.jpg
20200322.gif
もじょもじょしまくっていたレイチェルでありました(笑)

赤穂も牡蠣が名産らしくいろんなお店があるみたい。
「かん川本舗」にあったパンフレットを見て訪れたお店が、
DSC_0793_202003292006457ca.jpg
「あこう蕎麦 衣笠」

お店の入り口に・・・
DSC_0794.jpg
「そば吉」??

そば吉は動くのだ!

延々と蕎麦を食べ続けておった(笑)

かん川本舗の大石内蔵助と言い、赤穂の人は店先に人形を飾るのが好きなのか?

こちらがメニュー。
DSC_0796.jpg
ここにはないが、鱧やアナゴも名物のようだった。

DSC_0797_20200329200649afb.jpg
嫁は牡蠣てんぷら蕎麦、

DSC_0798.jpg
俺は牡蠣蕎麦。牡蠣の出汁が旨い♪

DSC_0799_20200329200652a75.jpg
そして牡蠣の陶板焼き、プリプリの牡蠣美味しゅうございました♪

ということで帰路へ。
レイチェルは沖縄以外行ってるので変更ないが、フィリッパ王国の版図がちょいと拡大。
20200322p_20200404075654055.jpg
訪れた県(通過しただけは除く)、奈良と香川が埋まり35都府県。
この時に福島磐梯山SAで遊ばせたのを忘れていた。福島追加して36都府県。2020/4/4追記。)

本当はしまなみ海道やら色々巡りたかったのだが、瀬戸内はまたの機会に。
関連記事

category: 2020春・小豆島岡山

tb: 0   cm: 0

△top