ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」・「ブリジット」との暮らしを中心とした徒然日記

ほめ、男泣きす? 

 

土曜日は、アシュポル家が沼津に。
DSC_0316.jpg
用事を済ませている間、二時間弱ほど預かっていたのですが、助手席の嫁の上に仲良く座るアシュポルです。

この後、山正でランチを。自分はいつもの刺身定食DX、嫁は寿司ランチ。「たまには違うものを食べよう」と思うのですが…。
ya_201407222206488c1.jpg

そして、御近所のOさん宅に集合後、先週に引き続き狩野川を下ります。
207581023_org.jpg
お揃いのライフジャケット。アシュポル、キマッてます。

皆で協力して、チェルブリ号(仮名)を膨らまします。(アシュポル母さん、写真どもです。リクエスト通り、この写真載っけました。)
207580811_org.jpg
なんとなく、空が光ったり遠くでごろごろ鳴ったりし始めましたが、大丈夫だろうと踏んで出発です。

この日は、アシュポル家はチェルブリ号に乗ってもらい、
DSC_1060.jpg
我々は、それぞれリバーカヤックとシットオンで下ります。
DSC_0322.jpg
当初は、嫁がリバーカヤック、俺がシットオンだったのが、チェルブリがわめくは飛び込むはでうるさいので途中で乗り替わって、嫁とシットオンに落ち着くように仕向けてみました。
この時の舟の組み合わせと同じなのだが…、果たして。。。
207583500_org_20140722222039f64.jpg
Oさんは、今回もSUPで下ります。
207581533_org.jpg
で、開始早々から、飛び込んで泳ぐチェルブリ。別々に乗っていると、こうなるんだった…メンドクサイ
207586511_org.jpg
そんなに必死な顔して、何故泳ぐレイチェル。じっとしておれば良いものをw
DSC_1063.jpg
あら?ブリしゃん、いつの間にアシュポル艇に?w
DSC_0321.jpg

と思ったら、ポルが嫁のシットオンに乗ってきて、ブリも乗ってきて…、
207583815_org.jpg
せまっ!ww

ってな感じで、思い思いに泳ぐチェルブリ(特にブリ)でありましたが、
DSC_0328.jpg
見ての通りの天気でして、時折、バリバリと雷鳴が。ニンゲンも若干寒く、チェルブリもガタブル。

それでも、柿田川との合流地点では、
DSC_0336.jpg
お互い艇を変えて漕ぎ、犬たちもそれに着いてきて…、楽しく遊んでおりました。自分は寒かったですが…w
DSC_1074.jpg

この後、いよいよ瀬に向かいます。
先に行った嫁は、瀬に入ってすぐに敢え無く沈!!その時チェルブリは…想定外の行動を。。
レイチェルは水路を、ブリジットは陸路を選択したのでありました。
必死の形相で瀬を泳ぐレイチェル。前回ブリが泳いだ時「レイチェルにはあの瀬は絶対に無理」と記したのでありますが、そんなことはなく、勇ましく瀬を泳いでいたのでした。
少し瀬の流れが緩くなったところで、レイチェルは「ゆうこ、大丈夫か~!」と流れに逆らって嫁の船の方へ泳いでいましたが、途中で流れに逆らわない方が良いと思ったのか、そのまま下流方面に泳いで行き、ゆうこと共に岸までたどり着きました。
先に瀬を渡りきった自分は、浅瀬に船を置き状況を見ていましたが、ブリが来ません。沈した後、左岸に登って行ったのですが何処へ? OさんがSUPで溯上していき、左岸より様子を見に行ってくれました。
自分はアシュポル母と、右岸よりブリが居なくなった場所まで行こうとしますが、岸はブッシュで覆われています。岸近くの浅いところをジャバジャバと登って行くものの、ブリが何処にいるのかさっぱり、焦る自分です…
(Oさんは、対岸よりブリらしき姿が見えていたようですが、瀬の音でOさんの声がよく聞こえませんでした)
これ以上、先には登れそうになく「ブリ~!」と叫んでいるだけの自分なのでした。が、瀬の音にかき消されそうな「キュ~ン」という声が、アシュポル母も聞こえているようで、ブッシュの中?
「ブリ~!」と草をかき分けながら、わしゃわしゃ進んでいくと…

ブリがいた!!!(泣)
(ここで別に男泣きはしてないのだが、アシュポル母が「今回のタイトルはこれです」、と言うから…(笑))

抱っこして運ぼうとすると、あらら蔓に首が絡まっている…、ブリしゃん、だから動けなかったのね…w
京都ではネットにも絡まってた事あるしな、よく絡まるやつ…w

何とか無事に捕獲し、残りちょっとの距離を下ります。ただ、嫁はもう一回沈…、よっぽどシットオンとは相性が悪いようです。
ということで、終わってOさんとも話していたのですが、前回みたいにチェルブリ号(仮名)の大きさなら犬二頭のせても問題はないのですが、小型艇二艇で犬二頭というのは瀬を下るにはやっぱり厳しいようです。もしこの組み合わせになる場合は、犬はお留守番ですな。

終わって、グッタリのウィペッツ。良く運動したからね。
DSC_0338.jpg
チェルブリ、良く頑張りました。
DSC_0339.jpg

夜は、犬たちはお留守番させて「小梅」へ(店先の写真は前回訪問時のもの)。
ko_20140722223918116.jpg
そういえば、ここのマスターはボーダーコリーを飼っていて、M'sのオーナーさんやオメガパパと知り合いってことで、帰り際にそんな話で盛り上がりました。「小梅」はボーダーコリーの名前だそうですよ。

帰って飲み直し。翌日のシーカヤックに備え、ロン家も10時頃到着(夜のロンの写真無いや)。
DSC_0347_20140722223917269.jpg
アシュポル仲良く寝るの図。奥にはしーちゃんもzzz…
関連記事
スポンサーサイト

category: カヤック

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

ブイ太遭難からの救出劇、ホント感動的でした。
奇跡の現場に居合わせることができて光栄です。
ほめさんの男泣きっぷりも素晴らしかった!
(アレ、泣く場面でしょ!?)

それにしても、徒歩圏でカヤックって
素晴らしい環境ですね。
ほめ家&Oさんのおかげで楽しい川下り体験でした。
図々しくも新品のカヤック貸切りすみませんでした~

アシュ&ポル母 #FBS4NHfE | URL | 2014/07/27 21:08 | edit

Re: タイトルなし

>あしゅ&ぽる母 さん
ホント、お騒がせしました…汗
泣いてないって(笑)

ブリの「キュー」って声は、ちゃんと聞こえてなかったんで、
一緒に探してくれてホント助かりました。

家のすぐ近くというのは良いのですが、
結局、片付けるのが一番疲れるんですね…(笑)

ほめ #- | URL | 2014/07/28 18:50 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://rachel429.blog116.fc2.com/tb.php/1078-1b4b14f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top