ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」・「ブリジット」との暮らしを中心とした徒然日記

狩野川カヤック、チェルブリ抜きで行ってきました。 

 

土曜日、カヤックに精通している近所のOさんと、久々に狩野川をカヤックで下ってきた。

前回は昨年夏。リバーカヤックとシットオンにそれぞれチェルブリを乗せて。開始早々から、飛び込んで泳ぐチェルブリ、瀬では嫁が沈してプリが行方不明になったりして、大変な思いをして下ってきたんで、今回はチェルブリはお家でお留守番。
この時のように、安定性のあるチェルブリ号では、チェルブリを乗せてても瀬を渡るのには問題ないのですが、たまにはチェルブリに気を使うこと無く、のんびり乗りたいんですわ(笑)。

そして、8時過ぎにOさんがウチに迎えに来て、「お留守番しててね~」そそくさと出ていく我々。それを物凄い顔で見送られ、「なんで連れて行かんのか~!!!」とギャンギャン吠えられながら、一路狩野川へ向かうのであった。

出発地点は、前回より5,6キロ上流、ゴールまで十数キロの地点、大門橋近く。
P9120057.jpg

河原は途中から草ボウボウ。道なき道(というか道らしきものはあったが)を、ボートを引きずって抜ける。
P9120060.jpg
P9120061.jpg
先週は、大雨だったんで途中からしたがぐちゃぐちゃ(笑)

で、川岸について、さっそくチェルブリ号に乗り込む。
P9120066.jpg
すぐに、「瀬」らしき場所が現れる。
P9120069.jpg
じゃぼんじゃぼんと水が入って来るのだが、予想以上に冷たい!!

Oさんは今回もSUPで下って来る。
P9120073.jpg

ちょっと下ると、水門が。
P9120077.jpg
狩野川放水路である。

狩野川流域の水害を防止する治水事業の一環として造られた放水路ということ。一部報道によると、先週の大雨ではこの放水路がなければ浸水被害もあり得たほどの雨量に達していたらしい。

さらに進むと。
P9120082.jpg
鵜の大群が!
P9120085.jpg
ヒッチコックの「鳥」、程ではないが、
P9120087.jpg
結構な数の鵜達が。我々が近づくと逃げていく。

なんだか単調な川の写真ばかりだが、Oさん撮影・我々の写真も乗せておく(笑)。
11988634_579289505545194_7115341496931772312_n.jpg
先週の大雨で水位がかなり上昇していたせいか、川岸の植物のかなり上の方まで泥を被っていた。
しかし途中は、竹ばっかだったなぁ。地盤が悪くなるぞ。

大雨の影響で日頃より水量が多いせいか、休めるところが無かったのだが、ようやく浅瀬が。休憩しますか。
IMG_20150912_105944.jpg
腹ごなしに軽くパンを食べる。
12009807_579289542211857_4737547276259273088_n.jpg
ホントは昼食タイムを取って、ゆるりと下る予定だったのだが、色々と用事もできたので軽い休憩のみでどんどん進む。

雲が無ければ、足鷹山の奥に富士山がきれいに見えるのだが。
P9120095.jpg
このあたりから、流れがかなり緩くなり、しかも向かい風が強くなる。
P9120100.jpg
辛いポイントだが、アグレッシブに漕ぐ!

そして、黄瀬川との合流地点、大滝の瀬。
P9120111.jpg
水は冷たかったが、楽しく下ることが出来た。
この船なら、チェルブリが大人しく乗っててくれれば問題ないのだがね。

そしてゴール。
P9120122.jpg
カヤックを持って、えっちらおっちら護岸を登る。ふぅ~
P9120123.jpg
予定より1時間以上早く到着。

しっかし、この日は好天だったんで、予想以上に日焼けが…。
嫁はチークがいらない感じになり、俺は、ヘルメットのアゴ紐のとこが焼けてない…(笑)


今回それなりに楽ちんだったから…
次回はチェルブリでも誘ってみっか…w

関連記事
スポンサーサイト

category: カヤック

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://rachel429.blog116.fc2.com/tb.php/1275-ab96794f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top