ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」・「ブリジット」との暮らしを中心とした徒然日記

チェルブリわさおに会う、2015秋北海道旅行備忘録2。 

 

11/2。既報の通り、道の駅おおがたで目を覚ます。

前日、コーシングをやっていた会場で、チェルブリを放牧。
IMG_8579.jpg

今日は大会はありませんよ。

IMG_8571_201511220843059ee.jpg
IMG_8584_20151122084307ba8.jpg
IMG_8596.jpg

直線を並走してみっか。

IMG_8619_20151122084310e42.jpg
反転して、脱走…
IMG_8633_201511220853377ee.jpg
いつもタープを立ててる辺りをぐるぐる走り…
IMG_8637.jpg
IMG_8638_20151122085339233.jpg
IMG_8644_201511220853403de.jpg
戻ってきたw。 お疲れしゃん。

道の駅おおがたを後に。また来年~

能代から日本海沿岸を国道101号に沿って北上。ここは飼い主も初めて通るルート。
IMG_20151102_100532.jpg
左手に日本海、右は白神山地。

青森県深浦町にはいると、大岩海岸という散歩できそうなところが。
PB020099.jpg

小さな神社の奥に、細い道が続いている。

PB020102.jpg

これが「大岩」。

PB020103.jpg

大岩の入り口は、こんなほら穴。

PB020108.jpg
PB020110.jpg
PB020109.jpg

2階ってかんじ。屋上まで行くぞ!

PB020113.jpg

ここからは手すり付きの急な階段。(指が…)

PB020124.jpg

そして屋上に到着!

IMG_20151102_104839.jpg
IMG_20151102_104842.jpg
PB020116.jpg
PB020112.jpg
PB020111.jpg

日本海をぐるっと見渡せ、いやぁ~絶景!!

IMG_20151102_104851.jpg
IMG_20151102_104936.jpg
IMG_20151102_105057.jpg

なんだか空中に居るかのようで、気持ちの良い場所であった♪


さて、さらに北上すると鰺ヶ沢町へ。そういえば、この辺りに…
IMG_20151102_115743.jpg

わさおがいた!!

IMG_20151102_114530.jpg

何気なく国道を走ってたら発見!国道沿いにお店があるとは知らなんだ。

PB020133.jpg

御挨拶に行くレイチェル。わさおも2007年生まれとのことだって。

PB020136.jpg

ブリは恐る恐る…(笑)

IMG_20151102_115626.jpg

奥様のつばきちゃんにも。ダイコンで見えないが…(笑)
ちなみに、わさおの犬舎の周りには猫もたくさんいて、チェルブリが反応して大変だった。

PB020134.jpg

そして「志村動物園」の撮影クルーが!
こちらのディレクターさんもウィペットを飼っているとのことで、色々とお話しが出来た。
9月のTLCC、「ペットの王国 ワンだランド」の取材の人もウィペット飼ってたしな。流行ってるのか(笑)
ちなみに、28日放送の「志村動物園」で、わさおのコーナーがあるようなのだが、チェルブリが映ってる可能性は果たしてあるのか!?(たぶん、映ってないでしょ)

さて、お昼は五所川原市のショッピング複合施設”ELM”にある、

IMG_20151102_123559.jpg

「津軽ラーメン街道」へ。

IMG_20151102_123832.jpg

各地のラーメンが5店程軒を揃えていたが、

IMG_20151102_123837.jpg

「金澤濃厚味噌ラーメン 神仙」へ。

IMG_20151102_125856.jpg

その名の通り濃厚な味噌ラーメンと、サバ寿司セットで頂いた。

IMG_20151102_125408.jpg

さて、この時点で13時。元々、14時35分の青森発青函フェリーを予約していたのだが、朝に18時発に変更していた。チェルブリ未踏の津軽半島に行くため。
ここまできたら、突端まで行こう。国道339号竜泊ラインを北上すること2時間弱。

竜飛岬到着。やはり風が強かった。飼い主たちは昔訪れたことがあったが、チェルブリは初めてだな。
PB020140.jpg
この日もあの唄が流れていた。

そして、お約束の階段国道。
PB020141.jpg
階段大好きチェルブリ、途中からだが駆けあがってもらった。

本当は、青函トンネル記念館に行きたい。だが、フェリーまでの時間が無い。う~ん…。
予定は、翌日の晩にニセコに宿を取っているだけなので、まだ余裕はある。青函フェリーに電話してみっか。
ん?次の便は満席。。。その次、23時半発ならOK。。。函館に付くのが朝の3時20分かい!?
まぁ、ここまで来たらしょうがない。それで行こう!

IMG_20151102_151541.jpg

ということで、青函トンネル記念館である。道の駅三厩の傍にある。
お目当ては、トンネル体験坑道までのケーブルカー乗車。その時間まで、博物館の廻りを散歩させる。

IMG_20151102_152717.jpg

こんな感じで、トンネル掘削に使われた機械が展示(というか放置気味だが)されている。

PB020142.jpg

で、時間になったので、チェルブリを車内でお留守番させ記念館に入る。

IMG_20151102_153318.jpg

これがケーブルカーである。

IMG_20151102_153728.jpg
日本一短い私鉄「青函トンネル竜飛斜坑線 もぐら号」。
青函トンネル工事における作業員の移動や 物資の輸送などを目的として建設された。 青函トンネルにある2つの定点のうち、本州側の 竜飛定点(旧・竜飛海底駅)に通じている。 (HPより)。

そして、地下へのゲートが開くと出発。カッコイイぞ。

IMG_20151102_162257.jpg

斜度14度の斜坑を、わずか9分で海面下140mへ。

IMG_20151102_154412.jpg

しかし、運転士さん曰く。「誠に申し訳ありません。本日は、システムの調子が悪く、途中で止まることがあります。(津軽訛りあり)」

なにぃ~!!

IMG_20151102_155052.jpg

下に付くまで2回止まった。その都度、運転士さんは無線で上(もしくは下か?)と連絡を取る。上で何かしらシステムの不具合を修正するのだろうか。1分程したら、また動き出す…というゆる~い感じであった(笑)。

IMG_20151102_155124.jpg

体験坑道駅に到着。

IMG_20151102_155140.jpg

北海道側の吉岡まで23.1km。

IMG_20151102_155607.jpg

坑道を歩くと展示エリアに。人形が不気味(笑)

IMG_20151102_160009.jpg

ここは実際に作業坑として使われた一角。実際に掘削に使われた機械や器機や、当時の現場の雰囲気を再現展示している。

IMG_20151102_160402.jpg

そしてここから先は立ち入り禁止。恐らく、トンネル本坑につながっているのであろう。

IMG_20151102_161116.jpg

昔は、トンネル内に竜飛海底駅があり、ツアー列車で駅から坑道・ケーブルカーと巡るツアーがあったとのことだが、北海道新幹線工事の為駅は廃止、ツアーも無くなってしまった。残念やのう。

ということで、坑道ツアーを堪能した後は青森市内へ移動。
IMG_20151102_192214.jpg
フェリーまで時間があるので、極楽湯でひとっ風呂浴びて、ついでに夕飯もここで食べる。
十和田バラ焼き定食ね。B級グルメ、御飯がすすむねぇ。

食後、青森港フェリーターミナルへ。
IMG_20151102_213708.jpg

23時30分発、青函フェリー16便。シーズンオフ、そして時間が時間だけに、客は少ない。


そして翌日未明、函館到着。
IMG_20151103_032347.jpg
IMG_20151103_032408.jpg

これからが、旅行本番である。

つづく~
関連記事
スポンサーサイト

category: 2015秋・北海道など

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

いよいよブログ!始まりましたねー
2015年北海道編。楽しみです!!

ベロゼ家 #a9mh.CUk | URL | 2015/11/24 06:51 | edit

Re: タイトルなし

>ベロゼ家
ありがとうございます~!
写真を整理しながら、あの頃は良かった…
と、既に懐かしんでおります…w

ほめ #- | URL | 2015/11/24 23:44 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://rachel429.blog116.fc2.com/tb.php/1316-6b2d4a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top