FC2ブログ

ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」・「ブリジット」との暮らしを中心とした徒然日記

ちぇるぶりメンテナンス 

 

土曜日、4月7日。

IMG_20180407_095051.jpg
「ずぼっ。」

屈辱のレイチェル。

肛門嚢切除後、未だにいまいち本調子に戻らずオムツが取れない尻の状態を診てもらう。
直腸診で腫瘍等は無さそうで、指を抜いた時にすぐさま肛門が閉じた様子から肛門括約筋の弛みもないのでは、とのこと。

検眼は特に問題ナシ。

そして、エコー検査。腎嚢胞の液を抜いてもらった後の状態を確認。
IMG_6295_20180410222346840.jpg
診察台で寝そべるちぇたこちゃん。励ましているように見える?ブリ。

約3か月前に診た時は、3×4cmほどの嚢胞内の液を抜いたのだが、
IMG_6293_2018041022234525a.jpg
現在は1.5×2.4cm大。大きさ自体は、前よりは全然小さい。
これから、再び溜まって大きくなるかどうかは経過観察である。

肝臓の数値も元から高いレイチェル。ついでに肝臓周辺もエコーで確認してもらった。
IMG_6296_20180410222347d23.jpg
ちょっとだけ色が違う部分が見られた。先生は「ヌケがありますね」と言っていた。
レイチェルの肝臓の数値と考え合わせても、慢性の肝疾患であればもっと広域に出るはずなので、これについては年齢的なものも考えられるし、今の時点で肝生検等をする程では無いかなとのことだったが、これも経過観察ですね。

右の腎臓、膀胱、胆嚢等は問題ナシ。

他に、尻尾のハゲについても相談。
ラットテイルという症状で、考えられるのは甲状腺ホルモン減少症(人間で言うところの橋本病)だが、ホルモン検査は高額になるので他に気になる症状が無いこともあり経過観察。

シニアになると経過観察事項が増えるもんだなぁ。


色々と用事を済ませ、夕方、予約していた秦野の動物病院へ。
IMG_6299_201804102223489d0.jpg
二度目のハリ治療である。

今回もあちこちにハリをさされ軽く電気をながされるブリ。おりこうしゃんでした。
IMG_6301_2018041022235111d.jpg

ん? レイチェル?
IMG_6300.jpg

次は自分が刺されないように、遠~くに避難していたレイチェルでありました…w>
関連記事
スポンサーサイト

category: チェルブリ

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://rachel429.blog116.fc2.com/tb.php/1828-75f277b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top