fc2ブログ

ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」「ブリジット」「フィリッパ」「ハリエット」との暮らしを中心とした徒然日記

本日はアニマルパープルデー、ハリエットてんかん発作近況(犬のてんかん発作) 。 

 

本日3月26日はパープルデー。
世界中でてんかんに対する啓発を目的としたイベントが行われています。
それにあやかって、
本日3月26日は動物のてんかんの啓蒙を行う日、アニマルパープルデーとしています。

久しぶりに、ハリエットのてんかん状況を記します。
発作の頻度をいつものグラフに。
20240325-1.jpg
(グラフ1:2021年6月からのてんかん発作の回数推移。軽微発作は除く。)


昨年は7月、10月に多発しているが、これまで通り手術前よりは軽く平行線といった感じ。
で、12月9日から1日3回のレベチラセタムの投与タイミングを変更した。
6時・14時・22時、8時間毎の投与を
6時・13時・20時、7時間、7時間、10時間に変更した。

レベチラセタムの効果が切れそうなタイミング(一般的にレベチラセタムの効果持続時間は8時間と言われている)、14時近辺で発作を起こすことが多いこと、また12月に入ってからは21時ころの発作が増えてきたことで、それをカバーすべく日中は間を詰めて投与。ハリの場合(通常は夜中に発作を起こすパターンの方が多いそうですが)は、夜中は大きな発作を起こす確率が低いので10時間開けた。
これが功を奏して、発作回数は減少。

今年に入り、2月は調子が良くて、強直発作がなんと一回のみ。
10〜20分続く徘徊しながらの間欠発作はなく、あとは軽微(と言っても、呼びかけに応じられる程度の本当に軽微なレベルの発作に関してはカウントしていない)な発作が数回のみと、これまでの最小回数であった。
ほんと2月はおだやかだったのよ。

20240325-3.jpg
(グラフ2:手術後2022年7月からの「軽微な発作」も含めたグラフ、参考で掲載)

しかし、3月に入ると一変。頻度が激増。今日26日までの間に強直発作だけで12回。
そして発作の別パターンが出てきた。昨年夏以降、右側の痙攣が主だったのだが、3月は左痙攣がメインで出てきて、そこから強直発作に発展、強直発作が終わった後の徘徊や間欠発作が相対的に重くなった。
発作が終わらないうちに強直発作が始まる重積発作が出たり、24時間内に再び発作を起こす群発発作が続くことも。

20240325-2.jpg
(グラフ3:グラフ1の「手術後2022年7月以降」を拡大

ということで、長谷川先生に相談して14日からレベチラセタムの投与を一時的に6時間おき4回に増やした。
増薬以降、治まってきていたのだが…
先週土曜は2回の強直発作の群発(17時と21時。21時にミダゾラム投与)からの、真夜中に首の左側の筋肉の収縮痙攣からの全身の震えが、ミダゾラムを使っても1時間程度止まらなかったのには焦った。夜間救急に電話して車で向かったのだが、着く頃に発作が治まり首を下げて寝るという、「あるある」状態であった。
この時は夜間救急の先生と話した上で受診はキャンセル。
その後、この3日はカウントするレベルの発作はなく、昨日もよく寝ていた。爆睡。

DSC_4298.jpg

下の動画は、発作が治まりかけた時点であるが、一時的にハリの右目が見えなくなっている状態観察。
オヤツを持った手を右からと左から見せるのだが、右からだと気づかず反応しない。左からだと見えるのでオヤツに食いつく。



普段はそんなことはないので一時的なものだが、脳の状態が視野に影響しているようだ。
発作中や発作後に脳の混乱のために一時的に見えなくなるのはよくある事のよう。術前は、発作中に両目とも見えてないんだろうなと思う状況も多かったのが、術後はそんなことは無くなりましたね。

IMG_4248_

頻発は3月に入ってからの気温差や気圧変化等々、気候のせいなのか?
発作が頻発しているとか、ニンゲンも体調が悪いとかいう話を聞く。
今日も、雨。春の長雨は嫌ですね。早く天気が良くなってくれ~
関連記事
スポンサーサイト



category: ハリ江・構造的てんかん

tag: #犬のてんかん  犬のてんかん  #てんかん  てんかん 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://rachel429.blog116.fc2.com/tb.php/2937-74a26a0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top