fc2ブログ

ほめろぐ

ウィペット「レイチェル」「ブリジット」「フィリッパ」「ハリエット」との暮らしを中心とした徒然日記

2024春旅④・とらきびと巡る御手洗の歴史的町並み 

 

当日の模様、とらきびチャンネルにのっけてもらいました。


ということで、午後は大崎下島に向かいます。

目的地は御手洗の町並み。
DSC_4003.jpg

1994年に重要伝統的建造物群保存地区として選定された大崎下島の港町であります。
mtri.jpg

こちらは旧金子家住宅。
DSC_4006.jpg
薩長連合軍と広島藩が討幕に合意(御手洗条約という)した場所。

江戸時代に広島藩から免許をもらって営業していた茶屋である、若胡子屋の跡。
DSC_4008.jpg
最盛期には100人の遊女たちがいたと伝えられている。

江戸時代より風待ち、潮待ち港として北前船など廻船が寄港するようになった御手洗は、人や情報が集まる港として18世紀に入ってから急激に発展した。
DSC_4009.jpg
若胡子屋のような四軒のお茶屋が置かれて、花街として栄華を極めたそうだ。

DSC_4004.jpg
DSC_4005.jpg
マンホールの蓋も可愛らしい。

折角だし、古い町並みをバックに撮っておこう。
IMG_2938_20240331230935150.jpg
IMG_2936.jpg

DSC_4010.jpg
午前中は曇っていたのだが、午後になってようやく青空が見えてきた。

中に入れる町家があったので入ってみた。
DSC_4017.jpg

古いオルガンや時計が。
IMG_2940_20240331230033b4e.jpg

中庭も渋い。
IMG_2941.jpg

伊能忠敬もここ御手洗に来て測量したとのこと。
DSC_4020_20240331230029e2d.jpg

その測量したときの絵図があるらしい。
DSC_4021.jpg

こちらは御手洗昭和館。レトロな看板とかおいてあるのだが、この日はお休み。
DSC_4026.jpg

乙女座。演劇場として利用され戦後は映画館としても利用されていたらしい。
DSC_4027.jpg
2002年に復元され、資料館の「江戸みなとまち展示館」となっている。

残念ながらこの日はお休み。
DSC_4028_2024033123093228f.jpg
なのだがドアが開いていたので、隙間から中をのぞいてパシャリ。

こちらは越智病院。西洋風の色合いで目立つこの病院、
DSC_4029_20240331230934167.jpg
オランジーナのCMでは交番として撮影されていました。

そして高燈籠の前に到着。
DSC_4031_20240331231752229.jpg
江戸時代に石で造られたもの。御手洗港のシンボル的存在。

IMG_2943_2024033123175458b.jpg
IMG_2945_202403312317559ab.jpg
記念撮影ざます。

祝日後の平日だったもんで、観光客が全く居なかったので歩きやすかった。のだが、お店が全部閉まっていてね…。良い感じのカフェがあったのでお茶したかったのだが。

開いているカフェに移動してお茶しよう!ということで、豊島へ移動。
DSC_4039.jpg
「しまcafe きたたに」へ。犬は車でお留守番。

DSC_4040.jpg
こちらがメニュー。

DSC_4043.jpg
ミカンワインケーキと、

DSC_4044.jpg
スイートシトラスピザ、
(最初スイートシラスピザ??に見えた(笑)海辺なんでシラスを容易に想像してしまう)

そして、とびしまで育った新鮮な柑橘を搾った「生搾り果汁」。濃厚!
DSC_4041.jpg
写真は出川のバイク旅。香取慎吾ちゃんなのだが、最初ぐっさんに見えてしまったわ(笑)

一時間半ぐらいお茶したかな。ここでとらきび家とはお別れであります。
DSC_4051.jpg
すごく楽しかったです。またお会いしましょう!
今度はお酒でも飲みながら!!カラオケでもいいよ~

この後は、愛媛県側の岡村島に行って、フェリーで大三島に渡り本土へ行くプランも考えていたのだが、ちょっと行きたいとこがありまして呉市内の方へ。結局、とびしま海道の中では愛媛県である岡村島だけ行けなかったな。今度は行ってみよう。

つづく~
関連記事
スポンサーサイト



category: 2024春・瀬戸内など

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://rachel429.blog116.fc2.com/tb.php/2941-603d37eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top